ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseバックアップおよびリカバリ・リファレンス
11gリリース2(11.2)
B56270-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

CONNECT

用途

CONNECTコマンドを使用すると、RMANとターゲット・データベース、補助データベースまたはリカバリ・カタログ・データベースとの接続を確立できます。

データベースへのSQL*Plus接続と同様に、データベースへのRMAN接続が指定され、認証されます。RMANによるターゲット・データベースまたは補助データベースへの接続にはSYSDBA権限が必要である点のみが異なります。AS SYSDBAキーワードは、暗黙的に指定され、明示的には指定できません。SQL*Plus使用時のデータベース接続オプションについては、『Oracle Database管理者ガイド』を参照してください。


注意:

適切なセキュリティ・プラクティスとして、コマンドラインにパスワードを入力するときは、プレーン・テキストで入力しないでください。RMANでは、RMANプロンプトで要求された場合にのみパスワードを入力してください。パスワード保護については、『Oracle Databaseセキュリティ・ガイド』を参照してください。


関連項目:

コマンドラインの接続オプションについては、RMANを参照してください。

前提条件

CONNECT TARGETCONNECT CATALOGおよびCONNECT AUXILIARYコマンドは、そのコマンドで指定するデータベースにRMANがまだ接続されていない場合にかぎり、RMANプロンプトからのみ実行できます。別のターゲット、カタログまたは補助データベースに接続するには、新規RMANセッションを開始する必要があります。

使用上の注意

次のすべての条件が満たされている場合、RMANセッションはNOCATALOGモードで実行されます。

  • RMANの起動時に、CATALOGまたはNOCATALOGを指定しなかったこと。

  • RMANセッションで、CONNECT CATALOGをまだ実行していないこと。

  • RMANリポジトリ接続が必要なBACKUPなどのコマンドを実行すること(例2-51を参照)。

セマンティクス

構文要素 説明
CONNECT AUXILIARY RMANと補助データベース・インスタンスとの接続を確立します。

補助インスタンスは、TRANSPORT TABLESPACEおよびDUPLICATEコマンドで使用されます。また、RMANのTSPITR中にも使用されます。

CONNECT CATALOG RMANとリカバリ・カタログ・データベースとの接続を確立します。

リカバリ・カタログが仮想プライベート・カタログ(CREATE CATALOGを参照)の場合、このカタログに接続するRMANクライアントのパッチ・レベルは、10.1.0.6または10.2.0.3である必要があります。Oracle9iのRMANクライアントは、仮想プライベート・カタログに接続できません。このバージョン制限は、Oracle Database 11gのベース・リカバリ・カタログへのRMANクライアント接続には影響しません。基本カタログに仮想プライベート・カタログのユーザーがいる場合も同様です。

RMANがデフォルトのNOCATALOGモードである場合に、RMANセッションでCONNECT CATALOGコマンドを使用しようとすると、RMAN-06445エラーが発行されます(「使用上の注意」を参照)。

注意: Data Guard環境でRMANを使用する場合は、リカバリ・カタログを使用する必要があります。

CONNECT TARGET RMANとターゲット・データベースとの接続を確立します。

注意: Data Guard環境では、RMANはフィジカル・スタンバイ・データベースにTARGETとして接続できます。リカバリ・カタログでDB_UNIQUE_NAMEが認識されていないものの、DBIDが登録済データベースと同じデータベースに対してCONNECT TARGETを実行すると、そのデータベースは、自動的かつ暗黙的にリカバリ・カタログに登録されます。

    connectStringSpec データベースの接続情報を指定します。

例2-50 リカバリ・カタログを使用しないターゲット・データベースへの接続

この例では、RMANをNOCATALOGモードで起動してから、Oracle Netサービス名がprod1のターゲット・データベースに接続します。RMANによって、SYSパスワードの入力を求めるプロンプトが表示されます。

% rman NOCATALOG
RMAN> CONNECT TARGET SYS@prod1;

target database Password: password
connected to target database: PROD1 (DBID=39525561)

例2-51 デフォルトのNOCATALOGモードでのターゲット・データベースへの接続

この例では、CATALOGまたはNOCATALOGのいずれも指定せずに、RMANを起動してから、オペレーティング・システム認証を使用してターゲット・データベースに接続します。CONNECT CATALOGコマンドが実行されていないため、BACKUPコマンドを実行すると、RMANはデフォルトのNOCATALOGモードになります。

% rman
RMAN> CONNECT TARGET /
RMAN> BACKUP DATABASE;

RMANセッションのこの時点では、セッションがデフォルトのNOCATALOGモードになっているため、CONNECT CATALOGを実行できません。このセッションでカタログに接続しようとすると、次のエラーが発生します。

RMAN> CONNECT CATALOG rman@catdb

RMAN-00571: ===========================================================
RMAN-00569: =============== ERROR MESSAGE STACK FOLLOWS ===============
RMAN-00571: ===========================================================
RMAN-06445: cannot connect to recovery catalog after NOCATALOG has been used

例2-52 ターゲット・データベース、リカバリ・カタログ・データベースおよび補助データベースへの接続

この例では、ターゲット・データベースにはオペレーティング・システム認証機能を使用して接続し、リカバリ・カタログおよび補助データベースにはパスワード・ファイルを使用して接続します。RMANによって、パスワードの入力を求めるプロンプトが表示されます。

% rman
RMAN> CONNECT TARGET;

connected to target database: PROD (DBID=39525561)

RMAN> CONNECT CATALOG rman@catdb;
 
recovery catalog database Password: password
connected to recovery catalog database

RMAN> CONNECT AUXILIARY SYS@dupdb;

auxiliary database Password: password
connected to auxiliary database: DUPDB (not mounted)