ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseバックアップおよびリカバリ・リファレンス
11gリリース2(11.2)
B56270-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

RC_BACKUP_ARCHIVELOG_DETAILS

RC_BACKUP_ARCHIVELOG_DETAILSビューは、アーカイブREDOログ・ファイルのバックアップの詳細情報を表示します。

このビューは、主にEnterprise Managerで内部的に使用します。

データ型 説明
BTYPE CHAR(9) バックアップ・タイプ・コンテナ(BACKUPSETIMAGECOPYまたはPROXYCOPY)。
BTYPE_KEY NUMBER バックアップ・タイプに対する一意の識別子。バックアップ・セットの場合はVS_KEY、イメージ・コピーの場合はCOPY_KEY、プロキシ・コピーの場合はXAL_KEYです。
SESSION_KEY NUMBER このセッションに対する一意の識別子。RC_RMAN_BACKUP_JOB_DETAILSとの結合に使用します。
SESSION_RECID NUMBER このRMANセッションに対応するターゲット・データベースの制御ファイルのRECID
SESSION_STAMP NUMBER このRMANセッションに対応するターゲット・データベースの制御ファイルのSTAMP
DB_KEY NUMBER リカバリ・カタログ内のこのデータベースに対する主キー。この列を使用して、他のほとんどのカタログ・ビューと結合します。
DB_NAME VARCHAR2(8) このレコードが属しているデータベース・インカネーションのDB_NAME
ID1 NUMBER バックアップ・セット内のアーカイブ・ログでは、この列にSET_STAMPが含まれます。プロキシ・コピーまたはイメージ・コピーのバックアップでは、この列には制御ファイルのRECIDが含まれます。
ID2 NUMBER バックアップ・セット内のアーカイブ・ログでは、この列にSET_COUNTが含まれます。イメージ・コピーまたはプロキシ・コピーのバックアップでは、この列にはSTAMPが含まれます。
THREAD# NUMBER このアーカイブREDOログ・ファイルのスレッド番号。
SEQUENCE# NUMBER このアーカイブREDOログ・ファイルの順序番号。
RESETLOGS_CHANGE# NUMBER このアーカイブ・ログのOPEN RESETLOGSブランチのSCN。
RESETLOGS_TIME DATE このアーカイブ・ログのOPEN RESETLOGSブランチの時刻。
FIRST_CHANGE# NUMBER このアーカイブ・ログ・ファイルの開始SCN。
FIRST_TIME DATE このアーカイブREDOログ・ファイルの開始SCNに対応する時刻。
NEXT_CHANGE# NUMBER このアーカイブREDOログ・ファイルの終了SCN。
NEXT_TIME DATE このアーカイブREDOログ・ファイルの終了SCNに対応する時刻。
FILESIZE NUMBER バックアップされたREDOログ・ファイルのサイズ(バイト)。
COMPRESSION_RATIO NUMBER このバックアップの圧縮率。
FILESIZE_DISPLAY VARCHAR2(4000) FILESIZEと値は同じですが、ユーザーが表示可能な書式(798.01Mまたは5.25Gなど)に変換されます。