ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseバックアップおよびリカバリ・リファレンス
11gリリース2(11.2)
B56270-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

RC_BACKUP_DATAFILE_SUMMARY

RC_BACKUP_DATAFILE_SUMMARYは、使用可能なデータファイルのバックアップに関するサマリー情報を表示します。

このビューは、主にEnterprise Managerで内部的に使用します。

データ型 説明
DB_KEY NUMBER リカバリ・カタログ内のこのデータベースに対する主キー。この列を使用して、他のほとんどのカタログ・ビューと結合します。
DB_NAME VARCHAR2(8) このレコードが属しているデータベース・インカネーションのDB_NAME
NUM_FILES_BACKED NUMBER このDB_KEYおよびDB_NAMEの値に対するバックアップしたデータファイルの数。
NUM_DISTINCT_FILES_BACKED NUMBER このDB_KEYおよびDB_NAMEの値に対するバックアップした個々のデータファイルの数。
NUM_DISTINCT_TS_BACKED NUMBER このDB_KEYおよびDB_NAMEの値に対するバックアップした個々の表領域の数。
MIN_CHECKPOINT_CHANGE# NUMBER このDB_KEYおよびDB_NAMEの値に対するバックアップした任意のデータファイルの最小チェックポイント。
MAX_CHECKPOINT_CHANGE# NUMBER このDB_KEYおよびDB_NAMEの値に対するバックアップした任意のデータファイルの最大チェックポイント変更番号。
MIN_CHECKPOINT_TIME DATE このDB_KEYおよびDB_NAMEの値に対するバックアップした任意のデータファイルの最小チェックポイント時刻。
MAX_CHECKPOINT_TIME DATE このDB_KEYおよびDB_NAMEの値に対するバックアップした任意のデータファイルの最大チェックポイント時刻。
INPUT_BYTES NUMBER このDB_KEYおよびDB_NAMEの値に対するバックアップしたすべてのファイルで読み取られた合計入力バイト数。
OUTPUT_BYTES NUMBER このDB_KEYおよびDB_NAMEの値に対するバックアップで生成されたすべての出力ピースの合計サイズ。
COMPRESSION_RATIO NUMBER すべてのバックアップの圧縮率。
INPUT_BYTES_DISPLAY VARCHAR2(4000) INPUT_BYTESと値は同じですが、ユーザーが表示可能な書式(798.01Mまたは5.25Gなど)に変換されます。
OUTPUT_BYTES_DISPLAY VARCHAR2(4000) OUTPUT_BYTESと値は同じですが、ユーザーが表示可能な書式(798.01Mまたは5.25Gなど)に変換されます。