ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseバックアップおよびリカバリ・リファレンス
11gリリース2(11.2)
B56270-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

RC_BACKUP_PIECE

このビューは、バックアップ・ピースに関する情報をリストします。このビューは、V$BACKUP_PIECEビューに対応しています。各バックアップ・セットには1つ以上のバックアップ・ピースが含まれています。

同じバックアップ・ピースのコピーを複数持つことができますが、制御ファイルには各コピーのレコード、ビューには各コピーの行があります。

データ型 説明
DB_KEY NUMBER リカバリ・カタログ内のこのデータベースに対する主キー。この列を使用して、他のほとんどのカタログ・ビューと結合します。
DB_ID NUMBER データベース識別子。
BP_KEY NUMBER リカバリ・カタログ内のバックアップ・ピースに対する主キー。RMANがリカバリ・カタログに接続している間にLISTコマンドを発行すると、この値が出力のKEY列に表示されます。
RECID NUMBER V$BACKUP_PIECEのバックアップ・ピースのRECIDRECIDSTAMPは、ターゲット・データベース制御ファイル内でこのレコードを一意に識別する連結主キーを構成します。
STAMP NUMBER V$BACKUP_PIECEから伝播したバックアップ・ピースのSTAMP。RECIDSTAMPは、ターゲット・データベース制御ファイル内でこのレコードを一意に識別する連結主キーを構成します。
BS_KEY NUMBER リカバリ・カタログ内でこのレコードが属しているバックアップ・セットの主キー。この列を使用して、RC_BACKUP_SETRC_BACKUP_CONTROLFILERC_BACKUP_DATAFILEなどとの結合を構成します。
SET_STAMP NUMBER V$BACKUP_SETSET_STAMPの値。SET_STAMPSET_COUNTは、ターゲット・データベース制御ファイル内でこのレコードが属しているバックアップ・セットを一意に識別する連結主キーを構成します。
SET_COUNT NUMBER V$BACKUP_SETSET_COUNTの値。SET_STAMPSET_COUNTは、ターゲット・データベース制御ファイル内でこのレコードが属しているバックアップ・セットを一意に識別する連結主キーを構成します。
BACKUP_TYPE VARCHAR2(1) バックアップのタイプ。D(全体バックアップまたはレベル0増分)、I(増分レベル1)、L(アーカイブREDOログ)。
INCREMENTAL_LEVEL NUMBER 増分バックアップのレベル。NULL、0または1。
PIECE# NUMBER バックアップ・ピースの番号。最初のピースの値は1です。
COPY# NUMBER バックアップ・ピースのコピー番号。
DEVICE_TYPE VARCHAR2(255) DISKなど、バックアップ・デバイスのタイプ。
HANDLE VARCHAR2(1024) バックアップ・ピースのファイル名。
COMMENTS VARCHAR2(255) バックアップ・ピースについてのコメント。
MEDIA VARCHAR2(80) このバックアップを作成したメディア・マネージャについての詳細コメント。
MEDIA_POOL NUMBER バックアップを格納するメディア・プールの数。
CONCUR VARCHAR2(3) バックアップ・メディアが同時アクセスをサポートするかどうかを、YESまたはNOで指定します。
TAG VARCHAR2(32) バックアップ・ピースのタグ。タグ名のデフォルトの書式は、BACKUPの説明を参照してください。
START_TIME DATE RMANがバックアップ・ピースへの書込みを開始した時刻。
COMPLETION_TIME DATE バックアップ・ピースが完了した時刻。
ELAPSED_SECONDS NUMBER バックアップ・ピース作成の実行時間。
STATUS VARCHAR2(1) バックアップ・ピースの状態。A(使用可能)、U(使用不可能)、D(削除済)またはX(期限切れ)。状態Dが表示されるのは、古いリカバリ・カタログがアップグレードされた場合のみです。
BYTES NUMBER バックアップ・ピースのサイズ(バイト)。
IS_RECOVERY_DEST_FILE VARCHAR2(3) このバックアップ・ピースは高速リカバリ領域に格納されます。YESまたはNO
RSR_KEY NUMBER このバックアップ・ピースを作成したRC_RMAN_STATUSの行に対する一意のキー。
COMPRESSED VARCHAR2(3) バックアップ・ピースが圧縮されている(YES)か、圧縮されていない(NO)かを示します。
SITE_KEY NUMBER このファイルと関連付けられているData Guardデータベースの主キー。Data Guard環境にある各データベースのSITE_KEYの値は一意です。SITE_KEYを使用してRC_SITEビューと結合すると、データベースのDB_UNIQUE_NAMEを取得できます。
ENCRYPTED VARCHAR2(3) バックアップ・ピースが暗号化されている(YES)か、暗号化されていない(NO)かを示します。
BACKED_BY_OSB VARCHAR2(3) バックアップ・ピースがOracle Secure Backupにバックアップされている(YES)か、バックアップされていない(NO)かを示します。