ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseバックアップおよびリカバリ・リファレンス
11gリリース2(11.2)
B56270-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

RC_BACKUP_SPFILE_DETAILS

RC_BACKUP_SPFILE_DETAILSビューは、リカバリ・カタログに登録されているデータベースの使用可能なデータファイルのバックアップに関する詳細情報を表示します。

このビューは、主にEnterprise Managerで内部的に使用します。

データ型 説明
SESSION_KEY NUMBER セッションの識別子。RC_RMAN_OUTPUTおよびRC_RMAN_BACKUP_JOB_DETAILSとの結合に使用します。
SESSION_RECID NUMBER SESSION_STAMPとともに使用して、このバックアップ・ジョブの出力をRC_RMAN_OUTPUTから一意に識別します。
SESSION_STAMP NUMBER SESSION_RECIDとともに使用して、このバックアップ・ジョブの出力をRC_RMAN_OUTPUTから一意に識別します。
DB_KEY NUMBER リカバリ・カタログ内のこのデータベースに対する主キー。この列を使用して、他のほとんどのカタログ・ビューと結合します。
DB_NAME VARCHAR2(8) このレコードが属しているデータベース・インカネーションのDB_NAME
BS_KEY NUMBER 一意のバックアップ・セットの識別子。この列を使用して、RC_BACKUP_SETまたはRC_BACKUP_PIECEと結合します。
SET_STAMP NUMBER セットSTAMP。
SET_COUNT NUMBER セット・カウント。
MODIFICATION_TIME DATE 変更時刻。
FILESIZE NUMBER バックアップされたSPFILEのサイズ(バイト)。
FILESIZE_DISPLAY VARCHAR2(4000) FILESIZEと値は同じですが、ユーザーが表示可能な書式(798.01Mまたは5.25Gなど)に変換されます。