ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseバックアップおよびリカバリ・リファレンス
11gリリース2(11.2)
B56270-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

RC_DATABASE_INCARNATION

このビューは、リカバリ・カタログに登録されているすべてのデータベース・インカネーションに関する情報をリストします。Oracleでは、管理者がデータベースをRESETLOGSオプションでオープンすると、必ず新しいインカネーションが作成されます。V$DATABASEビューには、現行と直前のインカネーションに関するレコードも含まれます。

データ型 説明
DB_KEY NUMBER データベースに対する主キー。この列を使用して、他のほとんどのカタログ・ビューと結合します。
DBID NUMBER データベースの一意の識別子。
DBINC_KEY NUMBER インカネーションに対する主キー。
NAME VARCHAR2(8) RESETLOGS時点でのデータベースのDB_NAME。RMANでは、RESETLOGSを実行するまではDB_NAMEを認識していないため、ターゲット・データベースをRMANに登録する前にRESETLOGSを1回以上実行している場合、値はUNKNOWNとなります。
RESETLOGS_CHANGE# NUMBER このインカネーションを作成したRESETLOGSのSCN。
RESETLOGS_TIME DATE このインカネーションを作成したRESETLOGSのタイムスタンプ。
CURRENT_INCARNATION VARCHAR2(3) 現行のインカネーションの場合はYES、それ以外の場合はNO
PARENT_DBINC_KEY NUMBER このデータベースに対する前のインカネーションのDBINC_KEY。データベースの最初に記録されたインカネーションの場合、値はNULLになります。
PRIOR_RESETLOGS_CHANGE# NUMBER このインカネーションの親を作成したRESETLOGS操作のSCN。
PRIOR_RESETLOGS_TIME DATE このインカネーションの親を作成したRESETLOGS操作のタイムスタンプ。
STATUS VARCHAR2(8) このインカネーションが現行のデータベース・インカネーションの場合はCURRENT。現行のインカネーションの直接の祖先であり、現行以外のインカネーションの場合はPARENT。現行のインカネーションの直接の祖先ではない、現行以外のインカネーションの場合はORPHAN