ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
11gリリース2 (11.2)
B56311-08
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

V$ASM_TEMPLATE

Oracle ASMインスタンスの場合、V$ASM_TEMPLATEの各行は、Oracle ASMインスタンスによってマウントされたすべてのディスク・グループに存在する各テンプレートを示します。データベース・インスタンスの場合、V$ASM_TEMPLATEの各行は、データベース・インスタンスが通信を行うOracle ASMインスタンスによってマウントされたすべてのディスク・グループに存在する各テンプレートを示します。

データ型 説明
GROUP_NUMBER NUMBER 所有ディスク・グループ番号(V$ASM_DISKGROUPビューに対する外部キー)
ENTRY_NUMBER NUMBER テンプレート番号(主キー)
REDUNDANCY VARCHAR2(6) テンプレートの冗長性:
  • UNPROT

  • MIRROR

  • HIGH

STRIPE VARCHAR2(6) テンプレート・ストライプ化の方法:
  • FINE

  • COARSE

SYSTEM VARCHAR2(1) テンプレートがシステム・テンプレートかどうか(Y | N)
NAME VARCHAR2(30) テンプレートの名前
PRIMARY_REGION VARCHAR2(4) プライマリ・エクステントの割当てに使用されているリージョン:
  • HOT

  • COLD

MIRROR_REGION VARCHAR2(4) ミラー・エクステントの割当てに使用されているリージョン:
  • HOT

  • COLD