ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
11gリリース2 (11.2)
B56311-07
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

V$BUFFER_POOL

V$BUFFER_POOLは、インスタンスに使用できるすべてのバッファ・プールに関する情報を示します。

データ型 説明
ID NUMBER バッファ・プール識別子番号
NAME VARCHAR2(20) バッファ・プールの名前:
  • DEFAULT

  • KEEP

  • RECYCLE

    注意: 現在、KEEPおよびRECYCLEプールは、標準ブロック・サイズでのみ存在する。非標準ブロック・サイズのプールはすべてDEFAULT

BLOCK_SIZE NUMBER このプールのバッファに対するブロック・サイズ(バイト数)。表示される値は、標準ブロック・サイズ、非標準ブロック・サイズ(2の累乗)、2048409681921638432768
RESIZE_STATE VARCHAR2(10) サイズ変更操作の現在の状態:

STATIC - サイズ変更されていない

ALLOCATING - メモリーが割り当てられていない(ユーザーによるキャンセル可能)

ACTIVATING - 新しいバッファが作成されている(ユーザーによるキャンセル不可能)

SHRINKING - バッファが削除されている(ユーザーによるキャンセル可能)

CURRENT_SIZE NUMBER サブ・キャッシュのサイズ(MB)
BUFFERS NUMBER 瞬間的なカレント・バッファの数
TARGET_SIZE NUMBER サイズ変更が処理過程にある(STATIC状態ではない)場合、新しいターゲット・サイズ(MB)を記録する。プールがSTATICの場合、列の値は、プールのカレント・サイズと同じ。
TARGET_BUFFERS NUMBER サイズ変更が処理中である場合、新しいターゲット・サイズをバッファで記録する。そうでない場合、この列の値はカレント・バッファ件数と同じ。
PREV_SIZE NUMBER 前のバッファ・プール・サイズ。バッファ・プールがサイズ変更されていない場合、前のサイズは0。
PREV_BUFFERS NUMBER バッファ・プール内の前のバッファ件数。バッファ・プールがサイズ変更されていない場合、値は0。
LO_BNUM NUMBER 廃止された列
HI_BNUM NUMBER 廃止された列
LO_SETID NUMBER 廃止された列
HI_SETID NUMBER 廃止された列
SET_COUNT NUMBER 廃止された列


関連項目:

「DB_BLOCK_SIZE」