ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
11gリリース2 (11.2)
B56311-08
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

V$PERSISTENT_QMN_CACHE

V$PERSISTENT_QMN_CACHEは、システムのすべてのキュー表についてバックグラウンド・アクティビティの詳細および統計情報を示します。キュー表ごとに1つの行が表示されます。行はデータベース(Oracle RAC環境の場合はインスタンス)の再起動時に削除されます。

データ型 説明
QUEUE_TABLE_ID NUMBER キュー表のオブジェクトID
TYPE VARCHAR2(32) キュー表のキュー・モニター・キャッシュのタイプ
STATUS NUMBER キュー表のキュー・モニター・キャッシュの状態
NEXT_SERVICE_TIME TIMESTAMP(3) WITH TIME ZONE キュー表がQMONサーバーによるサービスを受ける予定時刻
WINDOW_END_TIME TIMESTAMP(3) WITH TIME ZONE 所有者がいないキュー表操作に対するタイム・マネージャのアクティビティ期間
TOTAL_RUNS NUMBER キュー表が処理される合計回数
TOTAL_LATENCY NUMBER キュー表の処理での累積待機時間(1/100秒)
TOTAL_ELAPSED_TIME NUMBER キュー表の処理に費やされた合計時間(秒)
TOTAL_CPU_TIME NUMBER キュー表の処理の累積CPU時間(1/100秒)
TMGR_ROWS_PROCESSED NUMBER 処理されたタイム・マネージャ・エントリの数
TMGR_ELAPSED_TIME NUMBER 時間管理アクティビティの累積時間(1/100秒)
TMGR_CPU_TIME NUMBER 時間管理アクティビティの累積CPU時間(1/100秒)
LAST_TMGR_PROCESSING_TIME TIMESTAMP(3) WITH TIME ZONE 前回のタイム・マネージャ処理時刻
DEQLOG_ROWS_PROCESSED NUMBER 処理されたデキュー・ログ・エントリの数
DEQLOG_PROCESSING_ELAPSED_TIME NUMBER デキュー・ログ・エントリの合計処理時間(1/100秒)
DEQLOG_PROCESSING_CPU_TIME NUMBER デキュー・ログ・エントリの処理の合計CPU時間(1/100秒)
LAST_DEQLOG_PROCESSING_TIME TIMESTAMP(3) WITH TIME ZONE 前回のデキュー・ログ処理時刻
DEQUEUE_INDEX_BLOCKS_FREED NUMBER 解放されたデキュー索引ブロックの数
HISTORY_INDEX_BLOCKS_FREED NUMBER 解放された履歴索引ブロックの数
TIME_INDEX_BLOCKS_FREED NUMBER 解放されたタイム・マネージャ索引ブロックの数
INDEX_CLEANUP_COUNT NUMBER 索引ブロックのクリーンアップが試行された回数
INDEX_CLEANUP_ELAPSED_TIME NUMBER 索引ブロックのクリーンアップの合計時間(1/100秒)
INDEX_CLEANUP_CPU_TIME NUMBER 索引ブロックのクリーンアップの合計CPU時間(1/100秒)
LAST_INDEX_CLEANUP_TIME TIMESTAMP(3) WITH TIME ZONE 前回の索引ブロックのクリーンアップ時刻