ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
11gリリース2 (11.2)
B56311-08
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

V$STREAMS_TRANSACTION

V$STREAMS_TRANSACTIONは、取得プロセスまたは適用プロセスによって処理されているトランザクションに関する情報を示します。このビューは、長時間実行のトランザクションを識別し、各トランザクションで処理されている論理変更レコード(LCR)の数を判別するために使用できます。このビューに表示されるのは、取得されたLCRに関する情報のみです。ユーザーがエンキューしたLCRまたはユーザー・メッセージに関する情報は表示されません。

このビューには、処理中のLCRに関する情報のみが表示されますが、これはそれらのLCRが問合せの時点でStreamsプロセスのルール・セットを満たしていたからです。取得プロセスの場合、このビューには取得プロセスがLCRに変換したトランザクションでの変更に関する情報のみが表示されます。REDOログのアクティブ・トランザクションに関する情報は表示されません。適用プロセスの場合、このビューには適用プロセスがデキューしたLCRに関する情報のみが表示されます。適用プロセスのキューにあるLCRに関する情報は表示されません。

トランザクションに関する情報は、そのトランザクションがコミットするまで、またはトランザクション全体がロールバックされるまで、このビューに表示されます。

データ型 説明
STREAMS_NAME VARCHAR2(30) Streamsプロセス名
STREAMS_TYPE VARCHAR2(10) Streamsプロセスのタイプ:
  • CAPTURE

  • APPLY

  • PROPAGATION_SENDER

XIDUSN NUMBER トランザクションのトランザクションIDのUNDOセグメント番号
XIDSLT NUMBER トランザクションのトランザクションIDのスロット番号
XIDSQN NUMBER トランザクションのトランザクションIDの順序番号
CUMULATIVE_MESSAGE_COUNT NUMBER トランザクションで処理されたLCRの数。トランザクションの処理中にStreamsプロセスが再起動した場合、この列にはそのStreamsプロセスが起動してからトランザクションで処理されたLCRの数が表示される。
TOTAL_MESSAGE_COUNT NUMBER 適用プロセスがトランザクションで処理したLCRの合計数。この列は、取得プロセスでは表示されない。
FIRST_MESSAGE_TIME DATE トランザクションで最初に処理されたLCRのタイムスタンプ。トランザクションの処理中に取得プロセスが再起動した場合、この列にはその取得プロセスが起動してから最初に処理されたLCRのタイムスタンプが表示される。
FIRST_MESSAGE_NUMBER NUMBER トランザクション中の最初のメッセージのシステム変更番号(SCN)。トランザクションの処理中に取得プロセスが再起動した場合、この列にはその取得プロセスが起動してから最初に処理されたメッセージのSCNが表示される。
LAST_MESSAGE_TIME DATE トランザクションで最後に処理されたLCRのタイムスタンプ
LAST_MESSAGE_NUMBER NUMBER トランザクションで発生した最新のメッセージのSCN
FIRST_MESSAGE_POSITION RAW(64) 予約済
LAST_MESSAGE_POSITION RAW(64) 予約済
TRANSACTION_ID VARCHAR2(128) トランザクションID
PURPOSE脚注 1  VARCHAR2(10) トランザクションを処理しているコンポーネントの目的:
  • Streams: トランザクションは、Oracle Streams構成で処理されている

  • XStream: トランザクションは、XStream構成で処理されている


脚注 1 この列は、Oracle Database 11gリリース2(11.2.0.2)から使用可能です。