ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
11gリリース2 (11.2)
B56311-09
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

データ・ディクショナリの作成

Database Configuration Assistantを使用してデータベースを作成すると、データ・ディクショナリが自動的に作成されます。その後、Oracleは、データベースが稼働しているときには常に、すべてのデータ定義言語文(DDL文)に応じてデータ・ディクショナリを更新します。

データ・ディクショナリの実表は、Oracle Database内に最初に作成されるオブジェクトです。これらの表は、SYSTEM表領域内に作成され、そのままこの領域にある必要があります。データ・ディクショナリの実表は、データベース内のユーザー定義オブジェクトすべてについての情報を格納します。

表B-1に、Database Configuration Assistantを使用してデータベースを作成するときに自動的に実行される必須のスクリプトを示します。データベースを手動で作成する場合に、これらのスクリプトの実行が必要になる場合があります。これらのスクリプトを実行するには、SYSDBA権限を持つユーザーとしてOracleに接続してください。

表B-1 データ・ディクショナリ・スクリプトの作成

スクリプト名 対象 説明

catalog.sql

すべてのデータベース

データ・ディクショナリおよびその多数のビューに対するパブリック・シノニムを作成する

そのシノニムにPUBLICのアクセス権限を付与する

catproc.sql

すべてのデータベース

PL/SQLに必須のスクリプトまたはPL/SQLで使用するスクリプトをすべて実行する

catclust.sql

Real Application Clusters

Real Application Clustersのデータ・ディクショナリ・ビューを作成する



関連項目:

  • ご使用のオペレーティング・システムでのこれらのスクリプトの正確な名前および場所については、オペレーティング・システム固有のOracleマニュアルを参照してください。

  • データベース作成の詳細は、『Oracle Database管理者ガイド』を参照してください。

  • これらのスクリプトの実行が必要な場合は、リリース・ノートおよび 『Oracle Databaseアップグレード・ガイド』を参照してください。