Sun Java System Application Server Enterprise Edition 8.1 2005Q2 Update 2 リリースノート

ProcedureOracle を設定するには

  1. 9.2.0.3 以降の JDBC ドライバを使用します。

  2. Oracle データベースのパラメータファイル (init.ora) に compatible=9.0.0.0.0 またはそれ以上の値を加えます。

  3. ojdbc14.jar ファイルを使用します。

  4. Application Server の設定を変更して JVM のプロパティーを次のように定義します。


    -Doracle.jdbc.J2EE13Compliant=true

    さらに、Type-2 のドライバについては、Application Server が起動される環境で ORACLE_HOME 変数と LD_LIBRARY_PATH 変数 (ここには $ORACLE_HOME/lib が含まれている必要がある) の両方を定義する必要があります。たとえば、これらを asenv.conf ファイルに追加し、必ずエクスポートされるようにします。