Sun Java System Web Proxy Server リリースノート (HP-UX 版)

Sun Java™ System Web Proxy Server リリースノート (HP-UX 版)

バージョン 4.0.1

Part No. 819-6005

このリリースノートには、Sun JavaTM System Web Proxy Server 4.0.1 製品 (以後 Proxy Server 4.0.1) がリリースされた時点で利用できる重要な情報が含まれています。ここでは、プラットフォームの概要と既知の問題について説明します。Sun 製品を使い始める前に、このドキュメントおよび関連ドキュメントをお読みください。

これらのリリースノートの最新バージョンは、次の Sun Java System ドキュメント Web サイトにあります。

このドキュメントには、次の項目があります。


リリースノートの変更履歴

表 1 変更履歴  

日付

説明

2006 年 2 月

初回リリース。

2005 年 11 月

ベータリリース


Web Proxy Server 4.0.1 について

Sun Java System Web Proxy Server は、インターネット環境およびイントラネット環境で高パフォーマンスを達成するために、HTTP キャッシュなどのプラットフォームの機能向上をサポートします。Sun Java System Web Proxy Server の主な機能は、プロキシ、キャッシュ、認証、フィルタ、アクセス制御、ロギングおよびレポートです。

この節では、次の項目について説明します。

Sun Java System Web Proxy Server 4.0.1 での拡張

Proxy Server 4.0.1 には、次の拡張機能が加えられています。

NSS 3.10.1 および NSPR 4.5.2 のサポート

Proxy Server 4.0.1 は、NSS (Network Security Services) 3.10.1 および NSPR (Netscape Portable Runtime) 4.5.2 をサポートしています。

ハードウェアおよびソフトウェアの要件

使用しているシステムの「プラットフォームの要件」に示されている HP-UX オペレーティングシステムのメモリーおよびディスク容量の要件には、適切なスワップ空間も必要です。HP-UX 11i v1 は、少なくともシステムの RAM と同じ大きさスワップ空間を必要とします (RAM の 2 倍を推奨)。

プラットフォームの概要

ここでは、Proxy Server 4.0.1 に対してサポートされるプラットフォームコンポーネントに関する情報を説明します。この節では、次の項目について説明します。

プラットフォームの要件

次の表は、Web Proxy Server 4.0.1 プラットフォームの要件についてまとめたものです。

表 2 Web Proxy Server 4.0.1 のプラットフォーム要件

オペレーティングシステム

最小限のメモリー

推奨するメモリー

推奨するディスク容量*

HP-UX 11i v1

256M バイト

512M バイト以上

512M バイト以上

*キャッシュ容量の設定によって決まります。デフォルトのキャッシュ容量設定は 2G バイトです

サポートされているブラウザ

次の表は、Web Proxy Server 4.0.1 でサポートされているブラウザを一覧したものです。

表 3 Web Proxy Server 4.0.1 でサポートされているブラウザ

ブラウザ

バージョン

Microsoft Internet Explorer

6.0

NetscapeTM

7.1, 7.2

MozillaTM

1.4.1, 1.7.2


このリリースで修正されたバグ

次の表は、Web Proxy Server 4.0.1 2005Q4 で修正されたバグの説明です。

表 4 Web Proxy Server 4.0.1 2005Q4 で修正されたバグ

バグ

説明

6332835

HP-UX で新しい Web Proxy インスタンスを作成できない

6345367

HP Unix で socks サーバーを起動できない

6367878

システム再起動オプションが「今すぐ設定」で動作しないとき、Web Proxy Server が自動的に起動される


重要な情報

ここでは、Web Proxy Server 4.0.1 2005Q4 をインストールする前に知っておく必要のある重要な情報について説明します。

障害を持つ方のためのアクセシビリティー機能

このメディアの出版以降にリリースされたアクセシビリティー機能を入手するには、Sun に米国リハビリテーション法 508 条に関する製品評価資料を請求し、その内容を確認して、どのバージョンが、アクセシビリティーに対応したソリューションを配備するためにもっとも適しているかを特定してください。更新バージョンのアプリケーションは、 http://sun.com/software/javaenterprisesystem/get.html にあります。

アクセシビリティーに対する Sun のコミットメントについては、http://sun.com/access を参照してください。


既知の問題および制限

この節では、Sun Java System Web Proxy Server 4.0.1 がリリースされた時点での重要な既知の問題および制限を一覧表示します。

なし。


問題の報告およびフィードバックの提供方法

Sun Java System Web Proxy Server 4.0.1 の使用にあたって問題が発生した場合は、以下のいずれかの方法で Sun のカスタマサポートにお問い合わせください。

次の情報をお知らせください。

Sun ではマニュアルの改善に努めており、皆様のご意見、ご提案を歓迎いたします。ご意見は http://docs.sun.com/app/docs/form/comments でお寄せいただくことができます。

コメントの送付先

Sun ではマニュアルの改善に努めており、皆様のご意見、ご提案を歓迎いたします。

コメントをお送りになる場合は、http://docs.sun.com/app/docs?l=ja にアクセスして「コメントの送信」をクリックしてください。オンラインフォームで、マニュアルのタイトルと Part No. を入力します。Part No. はガイドのタイトルページまたは最上部に記載されている 7 桁または 9 桁の番号です。


その他の情報

次の Web サイトには、役立つ Sun Java System 情報があります。


Copyright © 2006 Sun Microsystems, Inc. All rights reserved.

Sun Microsystems, Inc. は、本ドキュメント内で説明されている製品に組み込まれた技術に関連する知的所有権を有します。特に、制限を受けることなく、この知的所有権には、http://www.sun.com/patents の一覧に示される米国特許、および米国をはじめとする他の国々で取得された、または申請中の特許などが含まれています。

SUN PROPRIETARY/CONFIDENTIAL.

U.S. Government Rights - Commercial software. Government users are subject to the Sun Microsystems, Inc. standard license agreement and applicable provisions of the FAR and its supplements.

ご使用はライセンス条項に従ってください。

本製品には、サードパーティーが開発した技術が含まれている場合があります。

本製品の一部は、カリフォルニア大学からライセンスされている Berkeley BSD システムに基づいていることがあります。

Sun、Sun Microsystems、サンのロゴマーク、Java、および Solaris は、米国およびその他の国における米国 Sun Microsystems, Inc. の商標もしくは登録商標です。SPARC の商標はすべて、米国 SPARC International, Inc. のライセンスを受けて使用されている、米国およびその他の国における同社の商標または登録商標です。