4.8. フェイルオーバーグループのその他のタスク

4.8.1. サーバーをオフラインおよびオンラインにする方法
4.8.2. 負荷分散を無効にする方法
4.8.3. 現在の Sun Ray データストアの複製構成を表示する方法
4.8.4. 複製構成を削除する方法
4.8.5. フェイルオーバーグループの状態を表示する方法

4.8.1. サーバーをオフラインおよびオンラインにする方法

サーバーをオフラインにすると、保守が簡単になります。オフライン状態では、新規セッションは作成されません。ただし、Sun Ray Software に影響を与えなければ、旧セッションは存在し続け、再度アクティブにすることができます。

  • サーバーをオフラインにします。

    # /opt/SUNWut/sbin/utadm -f
    
  • サーバーをオンラインにします。

    # /opt/SUNWut/sbin/utadm -n
    

4.8.2. 負荷分散を無効にする方法

auth.props ファイルで、enableLoadBalancingfalse を設定します。

4.8.3. 現在の Sun Ray データストアの複製構成を表示する方法

# /opt/SUNWut/sbin/utreplica -l

この結果、サーバーがスタンドアロンであるか、(副ホスト名を持つ) 主サーバーであるか、(主ホスト名を持つ) 副サーバーであるかが表示されます。

4.8.4. 複製構成を削除する方法

# /opt/SUNWut/sbin/utreplica -u

4.8.5. フェイルオーバーグループの状態を表示する方法

注意

Sun Ray サーバーのブロードキャストは、ルーターを越えて、または Sun Ray サーバー以外は通過しません。

4.8.5.1. コマンド行での手順

  • 次のコマンドを使用して、ローカルのSun Ray サーバーのフェイルオーバーグループの状態を表示します。

    # /opt/SUNWut/sbin/utgstatus
    

4.8.5.2. 管理 GUI の手順

  1. 「サーバー」タブをクリックします。

  2. サーバー名を選択して、「サーバーの詳細」画面を表示します。

  3. 「View Network Status」をクリックします。

    「ネットワーク状態」画面が表示されます。

    「ネットワーク状態」画面には、グループのメンバーシップに関する情報や、信頼できるサーバー (同じフェイルオーバーグループに属するサーバー) に対する接続能力が表示されます。