Sun Ray Software 管理ガイド

バージョン 5.2

Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

このソフトウェアおよび関連ドキュメントの使用と開示は、ライセンス契約の制約条件に従うものとし、知的財産に関する法律により保護されています。ライセンス契約で明示的に許諾されている場合もしくは法律によって認められている場合を除き、形式、手段に関係なく、いかなる部分も使用、複写、複製、翻訳、放送、修正、ライセンス供与、送信、配布、発表、実行、公開または表示することはできません。このソフトウェアのリバース・エンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイルは互換性のために法律によって規定されている場合を除き、禁止されています。

ここに記載された情報は予告なしに変更される場合があります。また、誤りが無いことの保証はいたしかねます。誤りを見つけた場合は、オラクル社までご連絡ください。

このソフトウェアまたは関連ドキュメントを、米国政府機関もしくは米国政府機関に代わってこのソフトウェアまたは関連ドキュメントをライセンスされた者に提供する場合は、次の通知が適用されます。

U.S. GOVERNMENT RIGHTS Programs, software, databases, and related documentation and technical data delivered to U.S. Government customers are "commercial computer software" or "commercial technical data" pursuant to the applicable Federal Acquisition Regulation and agency-specific supplemental regulations. As such, the use, duplication, disclosure, modification, and adaptation shall be subject to the restrictions and license terms set forth in the applicable Government contract, and, to the extent applicable by the terms of the Government contract, the additional rights set forth in FAR 52.227-19, Commercial Computer Software License (December 2007). Oracle America, Inc., 500 Oracle Parkway, Redwood City, CA 94065.

このソフトウェアもしくはハードウェアは様々な情報管理アプリケーションでの一般的な使用のために開発されたものです。このソフトウェアもしくはハードウェアは、危険が伴うアプリケーション (人的傷害を発生させる可能性があるアプリケーションを含む) への用途を目的として開発されていません。このソフトウェアもしくはハードウェアを危険が伴うアプリケーションで使用する際、安全に使用するために、適切な安全装置、バックアップ、冗長性 (redundancy)、その他の対策を講じることは使用者の責任となります。このソフトウェアもしくはハードウェアを危険が伴うアプリケーションで使用したことに起因して損害が発生しても、オラクル社およびその関連会社は一切の責任を負いかねます。

Oracle と Java は Oracle Corporation およびその関連企業の登録商標です。その他の名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。Intel、Intel Xeon は、Intel Corporation の商標または登録商標です。すべての SPARC 商標は、米国 SPARC International Inc. の商標または登録商標です。AMD、Opteron、AMD のロゴ、および AMD Opteron のロゴは Advanced Micro Devices の商標または登録商標です。UNIX は X/Open Company, Ltd. からライセンスされている登録商標です。

このソフトウェアまたはハードウェア、そしてドキュメントは、第三者のコンテンツ、製品、サービスへのアクセス、あるいはそれらに関する情報を提供することがあります。オラクル社およびその関連会社は、第三者のコンテンツ、製品、サービスに関して一切の責任を負わず、いかなる保証もいたしません。オラクル社およびその関連会社は、第三者のコンテンツ、製品、サービスへのアクセスまたは使用によって損失、費用、あるいは損害が発生しても一切の責任を負いかねます。

2011 年 3 月

概要

パート番号: E24906-01

本書では、Sun Ray Software の管理方法について説明します。


目次

はじめに
1. 対象読者
2. ドキュメントのアクセシビリティについて
3. 関連ドキュメント
4. 表記規則
1. Sun Ray Software の概要
2. 管理 GUI およびコマンド
2.1. Sun Ray Software のコマンド
2.1.1. Sun Ray Software のマニュアル ページを表示する方法
2.2. 管理ツール (管理 GUI)
2.2.1. 管理者用ユーザー名およびパスワード
2.2.2. 管理 GUI のタブの説明
2.3. 管理ツール (管理 GUI) にログインする方法
2.4. 管理 GUI のロケールを変更する方法
2.5. 管理 GUI を英語ロケールに変更する方法
2.6. 管理 GUI のタイムアウトを変更する方法
2.7. 複数の管理アカウントを有効または無効にする方法 (Linux)
2.7.1. UNIX ユーザーに対して管理 GUI 特権を構成する方法
2.7.2. 管理ユーザーに対して管理 GUI 特権を制限する方法
2.8. 複数の管理アカウントを有効または無効にする方法(Solaris)
2.8.1. UNIX ユーザーに対して管理 GUI 特権を構成する方法
2.8.2. 管理ユーザーに対して管理 GUI 特権を制限する方法
2.9. 管理 GUI のセッションを監査する方法
3. Sun Ray サーバー
3.1. ログファイル
3.2. Sun Ray サービスを開始または停止する方法
3.2.1. Sun Ray サービスを停止する方法
3.2.2. Sun Ray サービスを開始する方法 (ウォームリスタート)
3.2.3. Sun Ray サービスを開始する方法 (コールドリスタート)
3.3. Sun Ray サーバーの再起動方法
3.4. 破損した構成ファイルのチェックおよび修復方法 (Solaris 版)
3.5. Sun Ray サーバーを構成解除する方法
3.6. Sun Ray サーバーをインターコネクトから切断する方法
3.7. Sun Ray データストアのユーザーフィールド
4. フェイルオーバーグループ
4.1. 概要
4.2. フェイルオーバー処理
4.3. 負荷分散
4.4. 別のバージョンの Sun Ray Software の使用
4.5. 認証要件
4.6. データストア専用の主サーバー
4.7. フェイルオーバーグループの設定
4.7.1. 主サーバーの構成方法
4.7.2. 副サーバーを追加する方法
4.7.3. Sun Ray の主サーバーと副サーバーを同期させる方法
4.7.4. グループマネージャーのシグニチャーを変更する方法
4.8. フェイルオーバーグループのその他のタスク
4.8.1. サーバーをオフラインおよびオンラインにする方法
4.8.2. 負荷分散を無効にする方法
4.8.3. 現在の Sun Ray データストアの複製構成を表示する方法
4.8.4. 複製構成を削除する方法
4.8.5. フェイルオーバーグループの状態を表示する方法
4.9. 回復する上での問題点と回復手順
4.9.1. 主サーバーの管理データストアを再構築する方法
4.9.2. 主サーバーと副サーバーを置換する方法
4.9.3. 副サーバーの回復
4.10. グループマネージャの詳細
4.10.1. グループマネージャーの設定
5. セッションとトークン
5.1. セッション
5.1.1. 認証マネージャー
5.1.2. セッションマネージャー
5.2. 表示する
5.2.1. トークンの登録
5.2.2. トークンを登録する方法
5.2.3. 擬似トークンを登録する方法
5.2.4. トークンを有効化、無効化、または削除する方法
5.3. トークンリーダー
5.3.1. トークンリーダーを構成する方法
5.3.2. トークンリーダーの場所を指定する方法
5.3.3. トークンリーダーからトークン ID を取得する方法
5.4. スマートカードサービス
5.4.1. CCID IFD ハンドラ v1.3.10
6. ホットデスク
6.1. 概要
6.2. リージョナルホットデスク
6.2.1. リージョナルホットデスクの処理
6.2.2. リージョナルホットデスクのサイト要件
6.2.3. サイト統合ロジックの提供
6.2.4. サイト固有のマッピングライブラリを構成する方法
6.2.5. リージョナルホットデスクでトークンリーダーを使用する方法
6.2.6. サンプルデータストアを構成する方法
6.3. リモートホットデスク認証 (RHA)
6.3.1. リモートホットデスク認証を無効にする方法
6.3.2. リモートホットデスク認証を再有効化する方法
6.4. スマートカードを使用しないホットデスク (Solaris)
6.4.1. 「ログイン」ダイアログボックス
6.4.2. NSCM およびフェイルオーバーグループ
6.4.3. NSCM セッションを有効にする方法
6.4.4. NSCM セッションにログインする方法
7. キオスクモード
7.1. 概要
7.2. キオスクモードのセキュリティーおよびフェイルオーバーの注意事項
7.3. キオスクユーザーアカウント
7.3.1. 特性
7.3.2. 制限事項および予防対策
7.3.3. キオスクユーザープールの管理
7.4. セッションタイプのコンポーネント
7.4.1. セッション記述子
7.4.2. セッションスクリプト
7.5. キオスクモードを設定する方法
7.6. キオスクモードのセッションタイプを構成する方法
7.6.1. 管理 GUI の手順
7.6.2. コマンド行での手順
7.7. キオスクモードを有効または無効にする方法
7.7.1. 管理 GUI の手順
7.7.2. コマンド行での手順
7.7.3. スマートカードの使用、不使用にかかわらずすべてのユーザーに対しキオスクモードを有効にする方法
7.7.4. キオスクモードでスマートカードセッションのみを許可する方法
7.7.5. スマートカードユーザーに対してのみキオスクモードを有効にする方法
7.7.6. 非スマートカードユーザーに対してのみキオスクモードを有効にする方法
7.7.7. スマートカードユーザーに対し通常のセッションを有効にし、非スマートカードユーザーに対しキオスクセッションを有効にする方法
7.7.8. 登録済みのスマートカードに対し通常のセッションを有効にし、非スマートカードユーザーに対しキオスクセッションを有効にする方法
7.7.9. 登録済みスマートカードに対してキオスクセッションを有効にし、登録済みクライアントで通常セッションを有効にする方法
7.7.10. キオスクモードのカードセッションのみを許可する方法
7.8. デフォルトのキオスクモードポリシーを優先する方法
7.8.1. 管理 GUI の手順
7.8.2. コマンド行での手順
7.8.3. 登録されているスマートカードのキオスクモードポリシーに関係なく、キオスクセッションを有効にする方法
7.8.4. 登録されているスマートカードのキオスクモードポリシーに関係なく、キオスクセッションを無効にする方法
7.8.5. 論理トークンのキオスクモードポリシーに関係なく、キオスクセッションを無効にする方法
7.8.6. デフォルト以外のキオスクセッションを割り当てて、有効にする方法
7.9. キオスクユーザーアカウントを追加する方法
7.10. キオスクセッションタイプの Windows Connector を構成する
7.10.1. Windows Connector のキオスクモードセッションタイプを構成する方法
7.11. VMware View Connector キオスクセッションタイプを構成する
7.11.1. VMware View Connector のキオスクモードセッションタイプを構成する方法
8. セキュリティー
8.1. 概要
8.2. 暗号と認証
8.3. セキュリティーモード
8.4. クライアント鍵の管理
8.5. キーフィンガープリント
8.6. セキュリティ状態の表示
8.6.1. Sun Ray クライアントのセキュリティ状態を表示する方法
8.6.2. すべてのセッションのセキュリティー状態を表示する方法
8.7. クライアント鍵の管理
8.7.1. 特定のクライアント鍵を確認する方法
8.7.2. すべての未確認クライアント鍵を確認する方法
8.7.3. Sun Ray クライアントのクライアント鍵フィンガープリントを表示する方法
8.7.4. すべてのクライアント鍵を表示する方法
8.7.5. 特定のクライアントのすべての鍵を表示する方法
8.7.6. 特定のクライアント鍵を削除する方法
8.7.7. 特定のクライアントのすべてのクライアント鍵を削除する方法
8.8. クライアント認証の管理
8.8.1. クライアント認証を無効にする方法
8.8.2. すべてのクライアントから強制的にクライアント認証を行うようにする方法
8.8.3. 未確認鍵によるクライアントへのアクセスを拒否する方法
9. 複数モニターの構成
9.1. マルチモニター
9.1.1. ホットデスク
9.1.2. xrandr コマンドの例
9.2. マルチヘッド
9.2.1. マルチヘッドグループの作成
9.2.2. マルチヘッド画面ディスプレイ
9.2.3. 複数のモニターにまたがって表示される単一画面の作成 (Xinerama)
9.2.4. 新規マルチヘッドグループを作成する方法
9.2.5. マルチヘッドポリシーを有効にする方法
9.2.6. マルチヘッドディスプレイの画面サイズを手動で設定する方法
9.2.7. マルチヘッドディスプレイジオメトリを手動で設定する方法
9.2.8. セッションのマルチヘッドディスプレイを無効にする方法
9.2.9. Xinerama を有効または無効にする方法
9.2.10. 副クライアントを切り離す方法
10. Sun Ray クライアント
10.1. Sun Ray クライアントのホットキー
10.2. Sun Ray クライアントの使用
10.2.1. Sun Ray クライアントの設定を変更する方法 (Sun Ray 設定 GUI)
10.2.2. Sun Ray クライアントセッションをリダイレクトする方法
10.2.3. 異なる Sun Ray サーバーに手動でリダイレクトする方法 (utswitch)
10.2.4. 使用可能なホストを一覧表示する方法
10.3. Sun Ray クライアントセッションを切断する方法
10.4. Sun Ray クライアントセッションを終了する方法
10.5. Sun Ray クライアントの電源を再投入する方法
10.6. XRender を有効または無効にする方法
10.7. Sun Ray クライアントの画面ブランキングを無効にする方法
10.8. 画面解像度を変更する方法
10.9. Sun Ray クライアントのブートプロセス
10.10. Sun Ray クライアント構成ファイル (.parms Config) の準備
10.10.1. .parms ファイルを更新する方法
10.10.2. .parms ファイルのキーと値のペア
10.11. Sun Ray 3 シリーズのクライアントのネットワークパフォーマンスの改善
10.12. Sun Ray クライアントの情報を表示する方法
10.12.1. コマンド行での手順
10.12.2. 管理 GUI の手順
10.13. ハングセッションを識別する方法
10.14. ハングセッションを停止する方法
10.15. Java Desktop System を調整する方法
10.16. ユーティリティホットキーの構成
10.16.1. すべてのユーザーのユーティリティホットキー設定を変更する方法
10.16.2. 単一ユーザーのユーティリティのホットキー設定を変更する方法
10.17. すべてのクライアントで XRender を無効にする方法
10.18. root 以外のユーザーの管理特権を制限する方法 (Linux)
10.19. キーボードの国番号
11. Sun Ray クライアントのファームウェア
11.1. 概要
11.2. Sun Ray クライアントでファームウェアバージョンを更新する方法
11.2.1. 代替ネットワーク構成の例
11.3. すべての Sun Ray クライアントで構成 GUI を有効または無効にする方法
11.3.1. 代替ネットワーク構成の例
11.4. Sun Ray クライアントのローカル構成を変更する方法 (構成 GUI)
11.4.1. 構成 GUI メニューの説明
11.4.2. リモートの構成ファイルを読み込む方法
11.5. VPN サポート
11.5.1. Cisco ハイブリッド認証を使用して VPN を構成する方法
11.6. 現在接続されているすべての Sun Ray クライアントのファームウェアバージョンを表示する方法
11.7. Sun Ray クライアントのファームウェアバージョンを表示する方法
11.8. Sun Ray クライアントのファームウェアの同期方法
11.9. すべてのファームウェア更新を無効にする方法
12. Sun Ray クライアントの周辺機器
12.1. 概要
12.2. USB ヘッドホン
12.2.1. サポートされている USB ヘッドホン
12.2.2. テスト済みのアプリケーション
12.2.3. 重要
12.3. デバイスノードと USB 周辺機器
12.4. デバイスノードのパス
12.5. デバイスリンク
12.6. デバイスノードの所有権
12.7. ホットデスク処理とデバイスノードの所有権
12.8. デバイスサービスの有効化および無効化
12.9. 大容量記憶装置ログ
12.9.1. デバイスノードとリンク (Solaris)
12.9.2. デバイスノードとリンク (Linux)
12.9.3. マウントポイント
12.9.4. デバイスの所有権とホットデスク処理
12.9.5. 外部ストレージデバイスとアイドルセッション
12.9.6. 一般的なディスク操作用コマンド (Solaris)
12.9.7. 一般的なディスク操作用コマンド (Linux)
12.10. デバイスサービスの現在の状態を決定する方法
12.11. USB サービスを有効または無効にする方法
12.12. 外部ストレージデバイスをクライアントからマウント解除する方法
12.13. プリンタの設定
12.13.1. 接続されている PostScript プリンタを設定する方法 (Solaris の場合)
12.13.2. 接続している PostScript プリンタを設定する方法 (Linux)
12.13.3. 接続されている非 PostScript プリンタの設定方法
12.14. シリアル接続デバイスを設定する方法
12.15. アプリケーションが USB デバイスにアクセスできるようにする方法
13. Sun Ray クライアントのトラブルシューティングアイコン
13.1. 概要
13.2. トラブルシューティングアイコンの種類
13.3. トラブルシューティングアイコンのクリックリファレンス
13.4. DHCP の状態コード
13.5. 電源 LED
13.6. (1) Sun Ray クライアントの起動アイコン
13.7. (2)「ファームウェアのダウンロード中」アイコン
13.8. (3)「PROM ソフトウェアの保存中」アイコン
13.9. (4)「ファームウェアダウンロード」の診断アイコン
13.9.1. ファームウェアダウンロードのエラーコードとメッセージ
13.10. (15)「セッション拒否」アイコン
13.11. (16)「バスがビジー状態」アイコン
13.12. (21)「ネットワーク接続の確認」アイコン
13.13. (22)「認証マネージャーとの接続を待機中」アイコン
13.14. (23)「Ethernet 信号なし」アイコン
13.15. (25)「リダイレクション」アイコン
13.16. (26)「セッション待機中」アイコン
13.17. (27)「DHCP ブロードキャストの失敗」アイコン
13.18. (28)「VPN 接続の確立」アイコン
13.19. (29)「VPN 接続完了」アイコン
13.20. (30)「VPN Connection」エラー
13.21. (31-34)「Ethernet アドレス」アイコン
13.22. (46)「サーバーへのアクセス権なし」アイコン
13.23. (47)「No Access for Oracle Virtual Desktop Clients」アイコン
13.24. (48)「アクセス権がありません: 登録が必要です」アイコン
13.25. (49)「アクセス権がありません: 鍵が拒否されました」アイコン
13.26. (50)「アクセス権がありません: セキュリティーポリシー違反です」アイコン
13.27. (60)「カードを挿入してください」アイコン
13.28. (61)「Waiting for Primary Sun Ray Client」アイコン
13.29. (62)「トークンリーダー」アイコン
13.30. (63)「カードエラー」アイコン
13.31. (64)「アクセス待機中」アイコン
14. Oracle Virtual Desktop Client
14.1. 概要
15. Windows 用コネクタ
15.1. 概要
15.2. 機能
15.3. Windows Connector の使用
15.3.1. Windows セッションを開始する方法
15.3.2. Java Desktop System (JDS) 内で Windows セッションを開始する方法
15.3.3. Windows セッションをロックする方法
15.3.4. uttsc コマンドへのアクセスを設定する方法
15.3.5. Windows セッションを開始するデスクトップショートカットの作成方法
15.4. オーディオ入力
15.4.1. Windows 7 Enterprise でオーディオ入力の有効化
15.5. ビデオの高速化
15.5.1. Adobe Flash の高速化 (Windows 7 および 2008 R2)
15.5.2. マルチメディアリダイレクション (Windows XP および 2003)
15.5.3. Adobe Flash の高速化 (Windows XP および 2003)
15.6. USB デバイスリダイレクション
15.6.1. デバイスのアクセス
15.6.2. サポートされる構成
15.6.3. サポートされる USB デバイス
15.6.4. 重要
15.6.5. USB ドライバを仮想マシンに追加する方法
15.6.6. USB リダイレクションがアクティブであることを確認する方法
15.7. ホットデスク
15.8. セッションディレクトリ
15.9. ネットワークのセキュリティ
15.9.1. 組み込みの RDP ネットワークセキュリティー
15.9.2. 強化されたネットワークセキュリティー
15.10. 自動再接続
15.11. 圧縮
15.11.1. 圧縮を無効にする方法
15.12. ライセンス
15.12.1. ユーザー単位モードとデバイス単位モードとの比較
15.13. スマートカード
15.13.1. スマートカードリダイレクションを接続単位で有効にする方法
15.13.2. Windows のスマートカードログインをセットアップする方法
15.14. マルチモニターのサポート
15.15. 印刷
15.15.1. 印刷待ち行列を設定する方法 (Solaris)
15.15.2. 印刷待ち行列を設定する方法 (Linux)
15.15.3. Sun Ray プリンタを Windows セッションで使用可能にする方法
15.15.4. プリンタキャッシュファイルの保守方法
15.15.5. フォローミー印刷の設定方法
16. VMware View Connector
16.1. 概要
16.2. システム要件
16.3. VMware View Connector セッションタイプの設定
16.4. 接続トンネリングの無効化
16.5. 非 SSL 接続を受け入れるように、VMware View Manager を設定します。
16.6. SSL の有効化
17. 代替ネットワークの構成
17.1. 概要
17.2. Sun Ray ネットワーク (Linux) を構成する前にデフォルトの /etc/inet/hosts ファイルを更新する
17.3. 外部 DHCP サービスを使用しない共有ネットワーク構成の使用方法
17.3.1. 共有ネットワーク構成のワークシート
17.3.2. DHCP サービスが提供されるように、共有ネットワーク上で Sun Ray サーバーを構成する方法
17.3.3. 現在のネットワーク構成を一覧表示する方法
17.3.4. LAN サブネットの削除方法
17.3.5. 共有ネットワーク設定の例
17.4. プライベートネットワーク構成の使用方法
17.4.1. プライベートネットワーク構成のワークシート
17.4.2. プライベートネットワークでの Sun Ray サーバーの構成方法
17.4.3. 現在のネットワーク構成を一覧表示する方法
17.4.4. プライベートネットワーク構成の出力方法
17.4.5. インタフェースの削除方法
17.4.6. プライベートネットワーク設定の例
17.5. DHCP を使用した Sun Ray クライアントの初期化要件
17.5.1. DHCP の基本
17.5.2. DHCP パラメータの検出
17.5.3. DHCP リレーエージェント
17.5.4. リモート Sun Ray クライアントの DHCP 構成の簡易化
17.5.5. 汎用 DHCP パラメータ
17.5.6. ベンダー固有の DHCP オプション
17.5.7. カプセル化されたオプション
17.6. フェイルオーバーグループ
17.6.1. ネットワークトポロジ
17.6.2. IP アドレスの設定
17.6.3. Sun Ray サーバーのフェイルオーバーグループ構成ワークシート
18. トラブルシューティングとチューニング
18.1. ログファイル
18.2. Windows Connector のトラブルシューティング
18.2.1. uttsc のエラーメッセージ
18.2.2. 一般的な問題の対処方法
18.2.3. ビデオの高速化に対するトラブルシューティング
18.2.4. USB リダイレクションのトラブルシューティング
18.2.5. プリンタのトラブルシューティング
18.3. VMware View Connector のトラブルシューティング
18.3.1. エラーメッセージ
18.4. Sun Ray クライアントのトラブルシューティングアイコン
18.5. オーディオ出力のトラブルシューティング
18.5.1. オーディオセッションの追跡
18.5.2. オーディオデバイスのエミュレーション
18.5.3. 問題点: オーディオが動作しない。
18.5.4. 問題点: オーディオが Firefox で動作しない。
18.5.5. 問題: アプリケーションが $AUDIODEV 環境変数を無視する。
18.6. USBストレージのトラブルシューティング
18.6.1. 問題点: デバイスノードが作成されない。
18.6.2. 問題点: デバイスが自動的にマウントされない。
18.6.3. 問題点: デバイスが自動的にマウント解除されない。
18.7. サーバーおよびクライアント認証のトラブルシューティング
18.7.1. エラーメッセージ
18.8. ログインのトラブルシューティング
18.8.1. 問題点: dtlogin デーモンが Xsun サーバーを正しく起動できない。
18.9. ネットワークのトラブルシューティング
18.9.1. パフォーマンス問題
18.9.2. utcapture ユーティリティー
18.9.3. 問題点: Sun Ray クライアントのトラフィックロスが 0.1% を超えている。
18.9.4. utcapture の例
18.9.5. utquery コマンド
18.10. パフォーマンス調整
18.10.1. Sun Ray 3 シリーズのクライアントのネットワークパフォーマンスの改善
18.10.2. 過度のディスクスワッピング
18.10.3. スクリーンセーバーのリソース消費
18.10.4. ネットワークスイッチ
18.10.5. ネットワーク負荷
18.10.6. アプリケーション
19. 用語集
19.1. A
19.2. B
19.3. C
19.4. D
19.5. E
19.6. F
19.7. G
19.8. H
19.9. I
19.10. K
19.11. L
19.12. M
19.13. N
19.14. O
19.15. P
19.16. R
19.17. S
19.18. T
19.19. U
19.20. V
19.21. W
19.22. X
19.23. Y

図目次

2.1. 管理 GUI のホーム画面
5.1. 認証マネージャーおよびセッションマネージャーの対話
5.2. トークンリーダーのセットアップ
6.1. NSCM の「ログイン」ダイアログボックス
6.2. NSCM の「ログイン」ダイアログボックスの「ユーザー」フィールド
6.3. NSCM の「ログイン」ダイアログボックスの「パスワード」フィールド
7.1. 「キオスクモードの編集」画面
7.2. 「トークンプロパティーの編集」画面
7.3. Windows Connector の「キオスクモードの編集」画面
9.1. マルチモニターの例
9.2. マルチヘッド画面ディスプレイ
9.3. utmhconfig のホーム画面
9.4. 「新規マルチヘッドグループの作成」ウィザード - 最初の手順
9.5. 「新規マルチヘッドグループの作成」ウィザード - 2 番目の手順
9.6. 「新規マルチヘッドグループの作成」ウィザード - 3 番目の手順
10.1. Sun Ray 設定の GUI
10.2. サーバーの選択 (utselect) GUI
15.1. Windows Connector の概要
15.2. Windows Connector (uttsc) の例
15.3. Adobe Flash の高速化 (Windows 7 および Windows 2008 R2)
15.4. マルチメディアリダイレクションがアクティブであることの確認
15.5. Adobe Flash の高速化 (Windows XP および Windows 2003)
15.6. USB リダイレクションの過電流アイコン
15.7. USB リダイレクションがアクティブであることの確認
15.8. 自動再接続アイコン
17.1. 代替共有ネットワークトポロジの例
17.2. プライベートネットワークの例
17.3. 代替プライベートネットワークトポロジの例
17.4. 単純なフェイルオーバーグループ
17.5. 冗長なフェイルオーバーグループ
18.1. セッションの再接続時に Windows Media Player エラーが発生する
18.2. Windows デバイスマネージャーでの USB リダイレクションの確認

表目次

1.1. Sun Ray Software の管理領域
2.1. Sun Ray Software のコマンド
2.2. 管理 GUI のタブの説明
3.1. Sun Ray サーバーのログファイル
3.2. Sun Ray サーバーのインストールと構成ログファイル
3.3. Sun Ray データストアのユーザーフィールド
7.1. キオスクセッション記述子
7.2. ulimit の設定
7.3. Windows Connector のキオスクセッションの引数
7.4. VMware View Connector のキオスクセッションの引数
8.1. セキュリティーモード
8.2. utsession の状態の説明
10.1. Sun Ray クライアントのホットキー
10.2. .parms ファイルのキーと値のペア
10.3. Sun Ray 設定の属性ファイル
10.4. 構成可能なホットキー値のデフォルト
11.1. 構成 GUI のメインメニュー項目
11.2. 構成 GUI の詳細メニュー項目
11.3. 構成 GUI メニューの構成値
12.1. 一般的なディスク操作用コマンド (Solaris)
12.2. 一般的なディスク操作用コマンド (Linux)
12.3. オープンソースの libusbアプリケーション
13.1. トラブルシューティングアイコンの種類
13.2. トラブルシューティングアイコンのクリックリファレンス
13.3. DHCP の状態コード
13.4. 電源 LED
13.5. ファームウェアダウンロードのエラーコードとメッセージ
13.6. VPN 接続の状態コード
15.1. Windows Connector の機能
15.2. マルチメディアリダイレクションでサポートされるビデオ
15.3. ネットワークセキュリティーの暗号化レベル
15.4. 強化されたネットワークセキュリティーのコマンド行の例
15.5. Windows ライセンスモード
17.1. 共有ネットワーク構成のワークシート
17.2. プライベートネットワーク構成のワークシート
17.3. 使用可能な DHCP サービスパラメータ
17.4. ベンダー固有の代替 DHCP オプション
17.5. 100 台のクライアントに対して 5 台のサーバーを構成する
17.6. utadm で使用できるオプション
17.7. Sun Ray サーバーのフェイルオーバーグループ構成ワークシート
17.8. フェイルオーバーグループの最初と最後の装置アドレス
18.1. uttsc のエラーメッセージ
18.2. Adobe Flash の高速化 (Windows 7 および 2008 R2) の状態メッセージ
18.3. マルチメディアリダイレクション (Windows XP および 2003) の状態メッセージ
18.4. Adobe Flash の高速化 (Windows XP および 2003) の状態メッセージ
18.5. サーバーおよびクライアント認証のエラーメッセージの例
18.6. utcapture の出力