7.1. プールの作成

Oracle VDI Manager で、左側のナビゲーションツリーから「プール」を選択したあと、作成した会社を選択します。プールは必ず会社にリンクされているため、さまざまな会社のユーザーはアクセスを許可されているデスクトップにのみアクセスできます。図 7.1 に示すように、「会社のプール」ページが表示されます。

図7.1 「会社のプール」ページ

このイメージはテーブルにプールが 1 つも表示されていない「会社のプール」ページを示しています。

プール」テーブルで、「新規」ボタンをクリックします。新規プールウィザードが新しいウィンドウに表示されます。「次へ」ボタンをクリックして、ウィザードの各種手順に進みます。「プールの種類の選択」手順で、図 7.2 に示すように、第5章で作成したデスクトッププロバイダを「デスクトッププロバイダ」ドロップダウンリストから選択し、「プールの種類」として「動的プール」を選択します。

図7.2 「プールの種類の選択」手順

このイメージは「プールの種類の選択」手順を示しています。以前に作成したデスクトッププロバイダが選択されています。

デスクトッププロバイダ」設定は、デスクトップの実行に使用する仮想化リソースにプールをリンクさせます。「プールの種類」設定は、希望する種類のプールを作成しやすくする定義済み構成設定のグループです。これらの構成設定は、どれもあとで変更できます。プールに関する主要な決定事項は次のとおりです。

管理およびテストのためのもっとも簡単なオプションは、「動的プール」オプションです。このオプションを使用すれば、テンプレートがクローニングされてプールにデスクトップが格納され、それらのデスクトップがユーザーに自動的に割り当てられます。

「テンプレートの選択」手順で、図 7.3 に示すように、「テンプレート」ドロップダウンリストから「(なし)」が選択され、「システムの準備」ドロップダウンリストから「なし」が選択されていることを確認します。すでに別のプールでテンプレートを使用していた場合は、ウィザードのこの手順でそのテンプレートを選択できます。テンプレート設定とシステムの準備設定の構成はあとで、プール用にクローニングを構成するときに行います。

図7.3 「テンプレートの選択」手順

このイメージは「テンプレートの選択」手順を示しています。テンプレートまたはシステムの準備は選択されていません。

「プールサイズの選択」手順で、図 7.4 に示すように、「優先サイズ」設定をデフォルトのままにし、「自動クローニングを有効にする」オプションが選択されていないことを確認します。これらの設定の構成はあとで、プール用にクローニングを構成するときに行います。

図7.4 「プールサイズの選択」手順

このイメージは、デフォルトのプールサイズ設定が指定されている「プールサイズの選択」手順を示しています。

「プールの定義」手順で、プールの名前を「名前」フィールドに入力します。この名前は任意の名前にでき、たとえば、オペレーティングシステムの名前を含めたり、デスクトップを使用する部署の名前を含めたりできます。

図7.5 「プールの定義」手順

このイメージは「プールの定義」手順を示しています。プールの名前が入力されています。

「レビュー」手順で、「完了」をクリックしてプールを作成します。ウィザードが閉じて、図 7.6 に示すように、プールが作成されたことを確認するためのメッセージが「会社のプール」ページに表示され、「プール」テーブルに新しいプールが表示されるようになりました。

図7.6 追加されたプール

このイメージは「会社のプール」ページを示しています。新しいプールが「プール」テーブルに表示されています。

「会社のプール」ページには、各プールの概要、それに含まれるデスクトップの数、およびデスクトップをユーザーに割り当てる方法が表示されます。