ヘッダーをスキップ
Oracle Enterprise Manager Cloud Control Oracle Fusion Middlewareマネージメント・ガイド
リリース12.1.0.6
B66835-08
  目次へ移動
目次

前
 
 

索引

A B C D E F G H I J K L M N O P R S T U V W

A

アクセス
ADP, 38.1.1
「JVM診断」ページ, 21.3
acsera.propertiesファイル, A.2
JVM診断のアクティブ・スレッド, 21.6.1
追加
Oracle GlassFish Serverのドメイン証明書, 8.1.2
サポート・ワークベンチ・パッケージへのファイル, 2.4.2.7
グループへのJVMプール, 21.4.6
グループへのJVM, 21.5.12
インシデントへの多くのファイル, 2.4.2.5
Oracle Traffic Director
ターゲット構成, 6.3.2
ターゲット, 6.5.1, 6.5.2
Exalogicターゲット, 6.2
ADFタスク・フロー, Oracle WebCenter, 38.2.3.1
管理サーバー
停止前にブラックアウトを作成, 2.5.1
起動後にブラックアウトを終了, 2.5.1
再起動メソッド, 2.5.1
再起動時間制限, 2.5.1
再起動, 2.5.1
停止エラー, 2.5.1, 2.5.1
停止方法, 2.5.1
停止時間制限, 2.5.1
停止, 2.5.1
起動, 2.5.1
ドメインが起動されている間の起動, 2.5.1
起動エラー, 2.5.1, 2.5.1
起動方法, 2.5.1
起動時間制限, 2.5.1
停止エラー, 2.5.1, 2.5.1
ドメインが停止中の停止, 2.5.1
ADP
アクセス, 38.1.1
アーキテクチャ, 37.2
よくある質問, 40
使用方法, 39
Javaエージェント, 37.2.1
ノード, 38.2.11
概要, 37.1
使用手順, 39
サポート・マトリクス, B
ユーザー・インタフェース, 37.2.3
ADPマネージャ, 37.2.2
高可用性, 37.2.2.1
エージェント
アンデプロイ, 40.2
エージェント・ステータス
JVM診断, 22.8.3
エージェント・トラストストア
更新, 7, 7.1
集計数
メトリック・タイプ, 38.1.9
集計診断サマリーページ, 2.4.2.2
集計
受信メトリック, A.2.5
パフォーマンス・データ, A.2.4
アラート通知, 2.2.5
分析
ヒート・スナップショット, 21.5.8
JVM診断スナップショット, 21.9.3
JVM診断でのアンチパターン・レポート, 21.5.8.4
アプリケーションの依存性とパフォーマンス 「ADP」を参照
アプリケーション開発フレームワーク 「ADF」を参照
アプリケーション・リプレイ
リプレイ結果の分析, 3.8.7
取得の作成, 3.6
相違のインポート, 3.9
概要, 3
取得プロセスの監視, 3.7
OpenScript, 3.9
前提条件, 3.4
取得のリプレイ, 3.8
実際のワークロードを使用したテスト, 3.2
トラブルシューティング, 3.10
アプリケーション・スキーマ・モデル
機能ビュー, 38.1.8
Application Server
拡張可能監視, 2.2.8
構成管理, 2.6.1
アプリケーション, 38.2.7
Web, 38.2.7.5
アーキテクチャ, ADP, 37.2
平均タイミング, メトリック・タイプ, 38.1.9

B

ベースライン・パフォーマンス, 39.1.3.1, 39.3
Bean
エンティティ, 38.2.7.8
メッセージ・ドリブン, 38.2.7.9
ステートフル, 38.2.7.7
ステートレス, 38.2.7.6
ブラックアウト
サービス・レベル目標値のための構成, 38.3.3.4
ターゲットを停止する前のブラックアウトの作成, 2.5.1
サービス・レベル目標値のための作成, 38.3.3.4
サービス・レベル目標値の削除, 38.3.3.4
ターゲットを起動した後のブラックアウトの終了, 2.5.1
監視, 2.2.7
サービス・レベル目標値のサマリー・リスト, 38.3.3.4
boot.propertiesファイル, 2.5.1
ボトルネック
パフォーマンスの識別, 39.1.3.2, 39.4
パフォーマンスの削除, 39.1.3.3
BPEL Process Manager
構成, 10.6
検出, 10.2, 10.3, 10.5
ソフトウェア・ライブラリ, 10.4
サポートされているバージョン, 10.1
トラブルシューティング, 10.7
ビジネス・アプリケーション, 14.1
作成, 18.4
ホームページ, 18.5
キー・コンポーネント, 18.1.1
KPI, 18.7
監視, 18.5
概要, 18
サンプル, 18.1.2
設定, 14.3.5
SLAアラート, 18.7
ターゲット・タイプ, 18.1.1
ビジネスSLAのガイドライン, 39.2
ビジネス・トランザクション管理
Enterprise Managerコンソールからのアクセス, 16.5
RUEIからのアクセス, 16.6
エージェントのデプロイメント, 14.3
アラート情報, 18.9.3
分析情報, 18.9.2
コンプライアンス・タブ, 18.9.6
条件, 16.2
データ収集, 16.1
トランザクションの定義, 16.2
ECID, 使用, 14.2
機能, 16.4
JVMD, アクセス, 16.6
Enterprise Managerからの起動, 18.9
メッセージ・ログ, 18.9.5
メッセージと操作, 16.1
Enterprise Managerによる監視, 18.8
トランザクションの監視, 16.3
概要, 16
プロパティ, 18.9.5, 18.9.10
Enterprise Managerへの登録, 18.3
Enterprise Managerで使用するための要件, 18.2.2
サービス・レベル合意, 16.2, 18.9.6
設定, 14.3.4
SLA準拠, 18.9.6
サマリー情報, 18.9.1
トランザクション・グラフ, 16.2
トランザクション・インスタンス, 表示, 18.9.4
ビジネス・トランザクション, 19.1

C

CA証明書, 7.1
インポート, 7.1.1
キャッシュ
ステートフルEJB, 38.2.7.7.1
CA (認証局), 7
インポート, 7
クラス・ヒストグラム, 表示, 21.8
クラスタ, Oracle GlassFish Server, 8.2, 8.4
コマンド
emctl extended oms jvmd help, 21.12
emctl extended oms jvmd list, 21.12
emctl extended oms jvmd start, 21.12, 21.12, 21.12
emctl extended oms jvmd status, 21.12, 21.12
emctl extended oms jvmd stop, 21.12, 21.12
比較
クラス・ヒストグラム, 21.5.6.4
ヒート・スナップショット, 21.5.8.1.3
コンプライアンス管理, 2.6.2
コンポジット・アプリケーション, 4
作成, 4.2
ダッシュボード, 4.1
編集, 4.3
ホームページの編集, 4.4
表示, 4.5
条件(BTM), 16.2
configディレクトリ, A.1.2
構成
Oracle Traffic Directorの追加, 6.3.2
データ存続期間, A.2.4
ディレクトリおよびファイル, A
管理, 2.6.1
マルチドメインの監視, A.2.2
Oracle Traffic Director, 6.3, 6.3.1
構成
ヒープ分析ホスト, 21.2.4
JVM, 21.5.10
JVM診断エンジン, 21.2.1
JVMプール, 21.2.2, 21.4.4
JVM, 21.2.2
監視から除外されるアプリケーションのリスト, A.2.6
監視されるアプリケーションのリスト, A.2.6
Oracle Identity Managementターゲット, 31
Oracle Traffic Director, 6.1, 6.3
SOA Suite, 12.5.2
CPU使用率, ミドルウェア・ターゲット, 2.2.1.1
create_jvm_diagnostic_db_user.shスクリプト, 22.8.5
作成
ブラックアウト, 2.2.7
コンポジット・アプリケーション, 4.2
Oracle Identity Managementの汎用サービス, 31.3.2
Identity and Access Systemターゲット, 31.3.1
JVM診断スナップショット, 21.9.1
メトリック・チャート, 32.3
Oracle GlassFish Serverの構成比較テンプレート, 8.6
Oracle Identity Managementの要素, 31.3
サービス・ダッシュボード・レポート, 31.3.3
サービス・レベル目標値, 38.3.3.1
サービス・レベル目標値のブラックアウト, 38.3.3.4
サービス・リクエスト, 2.4.2.9
サポート・ワークベンチ・パッケージ, 2.4.2.6
Oracle Identity ManagementのWebアプリケーション・ターゲット, 31.3.2
クロス層
JVM診断での分析, 21.5.4.1
JVM診断での相関, 20.1.4
JVM診断での機能エラー, 22.1
カスタム・メトリック, 38.2.10
監視環境, 38.1.7

D

darchiveディレクトリ, 消去, 40.1
ダッシュボード
状態インジケータ, 38.1.3
データ
パフォーマンス・グラフとデータ・アイテム, 38.1.6
表示されるデータ
表示間隔, 38.1.5
時間枠, 38.1.4
データ・アイテム
パフォーマンス・データ, 38.1.6
データ存続期間の構成, A.2.4
データベース
JVM診断での登録, 21.2.3
遅延分析, Oracle BPELプロセスでの表示, 38.2.4.1
削除
クラス・ヒストグラム, 21.5.6.5
Oracle Traffic Directorターゲット, 6.5.3, 6.5.4
依存性
ノード, 38.2.7.2
タイプ, 38.2.7.2, 38.2.7.2
deployディレクトリ, A.1.3
JVM診断のデプロイ, 35.8
デプロイメント・ノード, 38.2.7.3
診断
パフォーマンスの問題, 2.3
診断スナップショット
使用可能なタスク, 2.3.2
定義, 2.3.2
使用方法, 2.3.2
ディレクリ
config, A.1.2
構成, A.1
deploy, A.1.3
構造, A.1.1
検出された, Oracle Traffic Directorターゲット, 6.3.2.2
検出
Oracle Access Managerアクセス・サーバー, 31.1.3
Oracle Access Managerアイデンティティ・サーバー, 31.1.4
Oracle Directory Server, 31.1.2
Oracle Essbaseターゲット, 13.3
Oracle Identity Federationサーバー, 31.1.5
Oracle Identity Management Suite, 31.1.6
Oracle Identity Managementターゲットの要件, 30.3
Oracle Identity Managementターゲット, 30, 31
Oracle Identity Managerサーバー, 31.1.7
SOA Suite, 12.4, 12.5
表示間隔
コンテキスト, 38.1.5.2
表示されるデータ, 38.1.5
時間枠, 38.1.5.1
Do-It-Yourself手動プロセス, 回避, 37.1.3
ドメイン
Oracle GlassFish Serverの追加, 8.2.1
Oracle GlassFish Server, 8.2
ドメイン証明書
Oracle GlassFish Serverへの追加, 8.1.2
ドメイン・ホームページ
Oracle GlassFish Server, 8.2

E

ECID
JVMDの表示, 使用, 17
インスタンス診断リクエスト, 17.2
リクエストのトラッキング, 14.2
編集
コンポジット・アプリケーションのホームページ, 4.4
コンポジット・アプリケーション, 4.3
JVMプールのしきい値, 21.4.4.1
EJB
エンティティ・キャッシュ, 38.2.7.8.2
エンティティ・ロック, 38.2.7.8.4
エンティティ・トランザクション, 38.2.7.8.3
メッセージドリブン・アクティビティ, 38.2.7.9.1
メッセージドリブン・トランザクション, 38.2.7.9.2
サービス, 38.2.6.2
ステートフル・キャッシュ, 38.2.7.7.1
ステートフル・ロック, 38.2.7.7.3
ステートフル・トランザクション, 38.2.7.7.2
emctlコマンド
JVM診断エンジンの管理, 21.12
emctl extended oms jvmd helpコマンド, 21.12
emctl extended oms jvmd listコマンド, 21.12
emctl extended oms jvmd startコマンド, 21.12, 21.12, 21.12
emctl extended oms jvmd statusコマンド, 21.12, 21.12
emctl extended oms jvmd stopコマンド, 21.12, 21.12
Enterprise JavaBeans
「EJB」を参照
Enterprise Manager
エージェントのデプロイメント, 14.3
JVMD, コンソールからのアクセス, 17.1
BTMの起動, 18.9
ミドルウェアの管理, 1.1
トランザクションの監視, 18.8
BTMの登録, 18.3
RUEIの登録, 18.3
サービス, 18.1.1
設定, 14.3.1
システム, 18.1.1
ターゲット, 18.1.1
エンティティ
Bean, 38.2.7.8
EJBキャッシュ, 38.2.7.8.2
EJBロック, 38.2.7.8.4
EJBトランザクション, 38.2.7.8.3
環境
サービス指向ビュー, 37.1.2
darchiveディレクトリの消去, 40.1
エラー・ホスピタル
レポートのカスタマイズ, 12.17.2
レポートの生成, 12.17.1
エラー
JVM診断
多層間の機能, 22.1
デプロイメントの実行, 22.3
エンジンのデプロイメント, 22.7
ヒープ・ダンプ, 22.5
Loadheap, 22.4
トレース, 22.2
UI, 22.6
Exalyticsターゲット, 監視, 5
実行コンテキスト, 14.2
実行コンテキストID
「ECID」を参照
拡張可能監視, 2.2.8

F

機能
Oracle Fusion Middleware Management, 1.2
ファイアウォールの緩和, A.2.7
よくある質問
ADP, 40
JVM診断, 22.8
アプリケーション・スキーマ・モデルの機能ビュー, 38.1.8
Fusion Middleware
「Oracle Fusion Middlewareコンポーネント」も参照
Fusion Middlewareプラグイン, 13.2
Fusion Middlleware
Fusion Middleware Controlを使用した管理, 1.3

G

グラフ, ADPでのパフォーマンス・データ, 38.1.6
ガイドライン, ビジネスSLA, 39.2

H

状態インジケータ
ダッシュボード, 38.1.3
ヒープ分析ホスト
構成, 21.2.4
ヒープ・スナップショット
JVM診断, 21.5.8
取得, 21.5.7
表示, 21.8
オブジェクト別のヒープ使用量
表示, 21.5.8.2
ヒート・マップ
ミドルウェア・ターゲット, 2.2.1.1
高可用性
ADPマネージャ, 37.2.2.1
ヒストグラム, JVM診断における, 21.5.6
JVM診断を使用した履歴の診断, 20.1.7
HTTPサービス, 38.2.6.1

I

IBM WebSphereアプリケーション・サーバー, 34
管理, 34.1
サポートされているバージョン, 34.2
IBM WebSphere Application Serverセル, 34, 34.1
管理, 34.7.2
監視, 34.7.1
メンバーの表示, 34.7.3
IBM WebSphere Application Serverクラスタ, 34
管理, 34.6.2
監視, 34.6.1
表示, 34.6.3
メトリックの表示, 34.6.4
IBM WebSphere Application Server
管理, 34.5.2
検出, 34.4
前提条件, 34.3
監視, 34.5.1
アプリケーションの監視, 34.5.4
パフォーマンスの監視, 34.5.3
トラブルシューティング
検出, 34.8.1
監視, 34.8.2
メトリックの表示, 34.5.7
上位EJBの表示, 34.5.5
上位サーブレットおよび上位JSPの表示, 34.5.6
IBM WebSphere MQ, 33, 33.1
検出の前提条件
ローカル・エージェント, 33.3.1
リモート・エージェント, 33.3.2
監視, 33.4
前提条件, 33.2
キュー・マネージャ・クラスタの検出, 33.3.3
スタンドアロン・キュー・マネージャの検出, 33.3.4
検出について, 33.3
Identity and Access Systemターゲット
作成, 31.3.1
パフォーマンスの向上, 39.1.3
インストール
JVM診断, 21.1
Oracle Enterprise Manager
Oracle Identity Managementにおける, 30.2
インスタンス
Oracle Traffic Director, 6.4
間隔コンテキスト
表示間隔, 38.1.5.2

J

Javaエージェント, ADPにおける, 37.2.1
Java EE, 35
Java EEアプリケーションの応答性, 監視, 2.2.3
Javaキーストア, 7
Java Platform、Enterprise Edition, 35
Java仮想マシン診断
「JVM診断」を参照
Java仮想マシン 「JVM」を参照
JBoss Application Server, 35
管理, 35.6.2
問題の分析, 35.6.7
検出, 35.4
JMXベースの監視, 35.5
管理, 35.1, 35.1
監視, 35.6.1
アプリケーション, 35.6.3
パフォーマンス, 35.6.4
サーブレットおよびJSP, 35.6.5
検出の前提条件, 35.3
サポートされているバージョン, 35.2
トラブルシューティング, 35.9
メトリックの表示, 35.6.6
JBossパーティション, 35
管理, 35.7.2
検出, 35.4
管理, 35.1
監視, 35.7.1
検出の前提条件, 35.3
リフレッシュ, 35.7.3
サポートされているバージョン, 35.2
メンバーの表示, 35.7.4
JDBCサービス, 38.2.6.3
JFRスナップショット, 管理, 21.5.9
JKS (Javaキーストア), 7
ジョブ・システム, 監視, 2.8
JRockit Flight Recorder 「JFR」を参照
JSFページ, Oracle WebCenter, 38.2.3.2
JVM診断
アクセス, 17.1
ページへのアクセス, 21.3
エージェントのデプロイメント, 14.3
クラス・ヒストグラム, 21.5.6
エンジン, 21.12
機能
多層間の相互関係, 20.1.4
深層部の可視性, 20.1.2
JVMプーリング, 20.1.6
低負荷, 20.1.1
メモリー・リーク検出, 20.1.5
新機能, 20.2
リアルタイムおよび履歴の診断, 20.1.7
リアルタイム・トランザクションのトレース, 20.1.3
サポートされているプラットフォームおよびJVM, 20.3
ユーザー・ロール, 20.4
ヒープ・オブジェクト情報
ヒープ・オブジェクト, 21.5.8.1.2
ヒープ・スナップショット, 21.5.8
比較, 21.5.8.1.3
ルート別のヒープ使用量, 21.5.8.1
上位40のオブジェクト, 21.5.8.1.1
インストール, 21.1
ライブ・スレッド分析, 17.1
ログの場所, 22.8.1
JVMプールの管理, 21.2
JVMプールのホームページ, 21.4.1
ライブ・スレッド分析, 21.4.3
パフォーマンス診断, 21.4.2
JVMの管理
オフライン診断, 21.9.1
Oracle Real Application Clusterのドリルダウン, 21.5.4.2
概要, 17, 20.1
インスタンス診断リクエスト, 17.2
サンプル・アナライザ, 17.1
設定, 14.3.2, 21.2
スナップショット・ページ, 21.9.2
スレッド・スナップショット
トレース診断イメージの分析, 21.7
スレッドの状態遷移グラフ, 17.1
しきい値違反, 21.10
ビュー, 初期, 17.1
JVM診断のトラブルシューティング
エージェント・ステータス, 22.8.3
階層間の機能エラー, 22.1
カスタム・プロビジョニングによるエージェントのデプロイメント, 22.8.8
デプロイメント・スクリプト実行エラー, 22.3
エンジンのデプロイメント・エラー, 22.7
エンジン・ステータス, 22.8.2
よくある質問, 22.8
ヒープ・ダンプ・エラー, 22.5
LoadHeapエラー, 22.4
ログ・マネージャ・レベル, 22.8.9
監視ステータス, 22.8.4
最適化レベル, 22.8.7
リポジトリの領域要件, 22.8.10
create_jvm_diagnostic_db_user.shスクリプトの実行, 22.8.5
トレース・エラー, 22.2
スレッドの変更の試行パラメータの使用, 22.8.6
ユーザー・インタフェース・エラー, 22.6
JVMプール, 20.1.6
グループへの追加, 21.4.6
構成, 21.2.2, 21.4.4
管理, 21.4
削除, 21.4.5
しきい値, 編集, 21.4.4.1
JVM
構成, 21.2.2, 21.5.10
管理, 登録の表示, 21.2.5
管理, 21.5
JVMのホームページ, 21.5.1
ライブ・ヒープ分析, 21.5.5
ライブ・スレッド分析, 21.5.4
オフライン診断, 21.9, 21.9.3
パフォーマンス診断, 21.5.2
パフォーマンス・サマリー, 21.5.3
スタンドアロンJVMの監視, 21.1.1
パフォーマンス・メトリック, 収集, 7.3
削除, 21.5.11

K

キー・コンポーネント, 18.1.1
キー・パフォーマンス・インディケータ 「KPI」を参照
keytoolユーティリティ
パスワードの変更, 7.2
KPI
計算範囲, 18.6.1.1
監視, 18.7
概要, 18.5
RUEI, 15.2.5

L

ライフサイクル管理
構成管理, 2.6.1
監視, 2.6
ライブ・スレッド分析, 22.1
クロス層, 22.1
ロック, ステートフルEJB, 38.2.7.7.3
ログ・ファイルの管理
acsera.propertiesファイル, A.2.1
ログ・ページ, アクセス, 32.1
ログ
検索, 2.3.3
表示, 32.2
JVM診断での低負荷, 20.1.1

M

管理対象サーバー
停止前にブラックアウトを作成, 2.5.1
起動後にブラックアウトを終了, 2.5.1
再起動メソッド, 2.5.1
再起動時間制限, 2.5.1
再起動, 2.5.1
停止エラー, 2.5.1, 2.5.1
停止方法, 2.5.1
停止時間制限, 2.5.1
停止, 2.5.1
起動, 2.5.1
起動エラー, 2.5.1, 2.5.1
起動方法, 2.5.1
起動時間制限, 2.5.1
停止エラー, 2.5.1, 2.5.1
管理
ブラックアウト, 2.2.7
構成, 2.6.1
JFRスナップショット, 21.5.9
JVMプール, 21.4
JVM, 21.5
スレッド・スナップショット, 21.6
マッピング
SLAからSLO, 39.1.1, 39.2
最大のレスポンス時間の測定値
メトリック・タイプ, 38.1.9
JVM診断を使用したメモリー・リーク検出, 20.1.5
メモリー・リーク・レポート, 21.5.8.3
メッセージドリブン
Bean, 38.2.7.9
EJBアクティビティ, 38.2.7.9.1
EJBトランザクション, 38.2.7.9.2
メタデータ・ビュー
Oracle BPELプロセス, 38.2.4.2
Methodology, ADP, 39
メトリック・チャート, 作成, 32.3
メトリックのしきい値, 2.2.5
メトリック
受信の集計, A.2.5
カスタム, 38.2.10
監視のためのカスタマイズ, 38.1.7
サービス・レベル目標値の設定, 39.1.3.4
SLOの設定, 39.5
タイプ, 38.1.9
表示, 32.2
WebLogic, 39.5
ミドルウェア診断アドバイザ, 23.2
パフォーマンス問題の診断, 23.2, 23.9
有効化, 23.6
機能, 23.3
範囲の制限, 23.4
概要, 23
前提条件, 23.5
データのパージ, 23.7
問題のトラブルシューティング, 23.10
ミドルウェアの管理, 1, 2
Enterprise Managerの使用, 1.1
ミドルウェア・ターゲット
管理, 2.5
停止前にブラックアウトを作成, 2.5.1
起動後にブラックアウトを終了, 2.5.1
ヒート・マップ, 2.2.1.1
監視, 2.2
再起動メソッド, 2.5.1
再起動時間制限, 2.5.1
再起動, 2.5.1
検索, 2.2.1.2
停止エラー, 2.5.1, 2.5.1
停止方法, 2.5.1
停止時間制限, 2.5.1
停止, 2.5.1
起動, 2.5.1
起動エラー, 2.5.1, 2.5.1
起動方法, 2.5.1
起動時間制限, 2.5.1
ステータスおよびCPU使用率, 2.2.1.1
停止エラー, 2.5.1, 2.5.1
最小のレスポンス時間の測定値
メトリック・タイプ, 38.1.9
モデル化されたエンティティ・ビュー
Oracle BPELプロセス, 38.2.4.6
監視
ミドルウェア・ターゲットの管理, 2.5
カスタム・メトリックの構成, 38.1.7
Exalyticsターゲット, 5
拡張可能, Application Server, 2.2.8
ジョブ・システム, 2.8
ライフサイクル管理, 2.6
コンプライアンス管理, 2.6.2
構成管理, 2.6.1
パッチの管理, 2.6.3
プロビジョニング, 2.6.4
サービス・レベル管理, 2.7
ミドルウェア・ターゲット, 2.1, 2.2
マルチドメインの構成, A.2.2
Oracle以外のミドルウェア・コンポーネント, 2.1.3
ODIエージェント, 36.2.2
ODIリポジトリ, 36.2.3
Oracle Application Serverコンポーネント, 2.1.2
Oracle Identity Managementのコンポーネント, 29.3
即時利用可能な監視
ブラックアウト, 2.2.7
拡張, 2.2.8
履歴パフォーマンス, 2.2.4
メトリックのしきい値, 2.2.5
監視テンプレート, 2.2.6
即時利用可能なメトリック, 2.2.3
パフォーマンスの問題, 2.3
診断スナップショット, 2.3.2
ホームページ, 2.3.1
トポロジ・ビューアのルーティング, 2.9
スタンドアロンJVM, 21.1.1
JVM診断でのステータス, 22.8.4
サポート・ワークベンチ, 2.4
Oracle Essbaseターゲットの監視, 13.4

N

名前付き資格証明
サポート・ワークベンチ, 2.4.1.2
新機能
Exalytics, 5
Oracle Coherence, 24.2
SOA Suite, 12.1
ノード
ADP, 38.2.11
依存性, 38.2.7.2
デプロイメント, 38.2.7.3
Oracle BPELプロセス内の階層, 38.2.4.8
サービス, 38.2.7.1

O

ODI (Oracle Data Integrator), 36
「Oracle Data Integrator」も参照
操作ルーティング・ルール・ビュー
Oracle ESB, 38.2.5.5
Oracle Access Manager
インストール, 30.3
Oracle Application Server
コンポーネント, 2.1.2
Web Cache, 2.2.3
Oracle BPELプロセス, 38.2.4
Oracle Business Analytics, 13
Oracle Business Intelligence, 2.1.1, 13
Oracle Business Intelligenceインスタンス, 13.1.1
コンポーネントのフェイルオーバー, 13.5.2.1
ダッシュボード・レポート, 13.4.2.1
検出, 13.3
監視, 13.4
監視資格証明, 13.5.2.2
スケジューラ・レポート, 13.4.2.2
Oracle Business Intelligenceインスタンス・コンポーネント, 13.1.1
BIクラスタ・コントローラ, 13.1.1
BI Javaホスト, 13.1.1
BIプレゼンテーション・サーバー, 13.1.1
BIスケジューラ, 13.1.1
BIサーバー, 13.1.1
Oracle Business Intelligenceターゲット, 13.4
アラート, 13.4.1.8
可用性, 13.4.1.2
ブラックアウト, 13.5.1.3
コンプライアンス, 13.4.1.13
構成, 13.4.1.11
状態, 13.4.1.7
インシデント, 13.4.1.9
ジョブ・アクティビティ, 13.4.1.12
ログ, 13.4.1.10
メトリック, 13.4.1.4
監視構成, 13.5.1.4
パフォーマンス, 13.4.1.3
リソース使用率, 13.4.1.3
Oracle Coherence, 2.1.1, 24.1
管理
キャッシュ・データの管理, 26.3, 26.5
キャッシュ構成の変更, 26.1.2, 26.3
ノード構成の変更, 26.1.1
サービス構成の変更, 26.1.3, 26.4
クラスタ管理者, 26.1
ノード管理, 26.2
ログ・アラートの設定, 26.2
ベスト・プラクティス
監視テンプレート, 27.2.1
クラスタ管理
新規ノードの起動, 25.2.1.1
ノードの停止, 25.2.1.1
Coherenceクラスタ, 24.1
Coherence*Web, 24.1
クラスタの検出, 24.4
Management Packの有効化, 24.5
JVM診断の統合, 28
JVM診断へのアクセス, 28.3.1, 28.3.2, 28.3.3
コヒーレンス・ノードの構成, 28.2
正しく構成されていないノードの管理, 24.4.2
モニター
アプリケーションのホームページ, 25.2.4
アプリケーション・ページ, 25.3.4
キャッシュ・データ管理, 25.2.3.2
キャッシュのホームページ, 25.2.3
キャッシュ・ページ, 25.3.2
クラスタのホームページ, 25.2.1
クラスタ管理, 25.2.1.1
Connection Managerのホームページ, 25.2.6
Connection Managerパフォーマンス・ページ, 25.4.3
高可用性ステータス, 25.2.1, 25.2.5, 25.3.3
ニア・キャッシュ, 25.2.3.1
ノードのホームページ, 25.2.2
ノード・ページ, 25.3.1
「パフォーマンス・サマリー」ページ, 25.4.1
プロキシ・ページ, 25.3.5
統計のリセット, 25.3.1
サービスのホームページ, 25.2.5
サービス・ページ, 25.3.3
ノードの起動, 25.3.1
ノードの停止, 25.3.1
ナビゲーション・ツリー, 25.1.1
新機能, 24.2
パーソナライズ, 25.1.2
クラスタのリフレッシュ, 24.4.1
スタンドアロン・クラスタ, 24.3.1
JMX管理ノード, 24.3.1
管理ノードを開始するサンプル・スクリプト, 24.3.1.1.4
サンプルの開始スクリプト(他のノード), 24.3.1.2.2
JMX管理ノードの開始, 24.3.1.1
トラブルシューティング
メトリック・データの収集, 27.1
動的なクライアント・ノード, 27.1
ノードのターゲット・プロリファレーション, 27.1
WebLogic Coherence 12.1.2クラスタ, 24.3.2
管理対象サーバーの構成, 24.3.2.2
管理ノードの構成, 24.3.2.1
カスタムMBeanの構成, 24.3.2.1.3
Oracle Data Integrator
管理, 36.3
コンソールの構成, 36.6
ドメインの構成, 36.7
ロード計画の実行, 36.3.3
エージェント・アクティビティの管理, 36.3.2
エージェント・ステータスの管理, 36.3.2
監視, 36.2.1
ロード・プランの実行およびセッション, 36.2.4
監視エージェント, 36.2.2
前提条件の監視, 36.1
リポジトリの監視, 36.2.3
ランタイム・エージェントの監視, 36.5
再起動, 36.3.1
セッションの検索, 36.3.3
停止, 36.3.1
ログ・メッセージの表示, 36.3.4
Oracle Data Integratorエージェント
停止前にブラックアウトを作成, 2.5.1
起動後にブラックアウトを終了, 2.5.1
再起動メソッド, 2.5.1
再起動時間制限, 2.5.1
再起動, 2.5.1
停止エラー, 2.5.1, 2.5.1
停止方法, 2.5.1
停止時間制限, 2.5.1
停止, 2.5.1
起動, 2.5.1, 36.3.1
起動エラー, 2.5.1, 2.5.1
起動方法, 2.5.1
起動時間制限, 2.5.1
停止エラー, 2.5.1, 2.5.1
Oracle ESB, 38.2.5
Oracle Essbase, 13.1.2
アプリケーション, 13.4.2.4
検出, 13.3
監視, 13.4
Oracle Forms Services, 2.1.1
Oracle Fusion Middlewareコンポーネント, 2.1.1
Oracle Business Intelligence, 2.1.1, 13, 13.2
Oracle Coherence, 2.1.1
Oracle Forms Services, 2.1.1
Oracle Identity Management, 2.1.1
Oracle Portal, 2.1.1
Oracle SOA Suite, 2.1.1
Oracle Universal Content Management System, 2.1.1
Oracle Web層, 2.1.1
Oracle WebCenter, 2.1.1
Oracle WebLogic Serverドメイン、クラスタおよび管理サーバー, 2.1.1
「ミドルウェア・ターゲット」も参照, 2.1.1
Oracle Fusion Middleware Management
機能, 1.2
Oracle GlassFish Server
開始する前に, 8.1
クラスタのホームページ, 8.4
構成比較テンプレートの作成, 8.6
ドメイン, 8.2
追加, 8.2.1
結果の表示, 8.2.3
ターゲットの検索と割当て, 8.2.2
ドメインのホームページ, 8.2
ホームページ, 8.3
アクセス方法, 8.3.1
クラスタのアクセス方法, 8.4.1
ドメインのアクセス方法, 8.2.4
概要, 8
ドメインのリフレッシュ, 8.2.5
ロールおよび権限, 8.1.1
プロシージャの開始と停止, 8.1.2
構成データの表示, 8.5
Oracle HTTP Server, 2.1.1
停止前にブラックアウトを作成, 2.5.1
起動後にブラックアウトを終了, 2.5.1
再起動メソッド, 2.5.1
再起動時間制限, 2.5.1
再起動, 2.5.1
停止エラー, 2.5.1, 2.5.1
停止方法, 2.5.1
停止時間制限, 2.5.1
停止, 2.5.1
起動, 2.5.1
起動エラー, 2.5.1, 2.5.1
起動方法, 2.5.1
起動時間制限, 2.5.1
停止エラー, 2.5.1, 2.5.1
Oracle HTTPサーバー・セッションのボリューム, 2.2.3
Oracle Identity Federation
Oracle Identity Managementにおける, 30.3
Oracle Identity Management
要素の作成, 31.3
ターゲットの検出および構成, 31
ターゲットの検出, 30
機能, 29.2
開始, 29
Oracle Access Managerのインストール, 30.3
Oracle Enterprise Managerのインストール, 30.2
ライセンス済ターゲット, 29.3, 29.3, 29.3
監視コンポーネント, 29.3
Oracle Identity Federation, 30.3
システム要件, 30.1
Oracle Internet Directory
統計の収集, 31.2
Oracle Portal, 2.1.1
Oracle Real Application Cluster
JVM診断, 21.5.4.2
Oracleリソース, 38.2.9
Oracle Service Bus
検出, 11.2, 11.3, 11.5
Management Packの有効化, 11.6
サポートされているバージョン, 11.1
トラブルシューティング, 11.9
Oracle Traffic Director
Exalogicターゲットの追加, 6.2
構成, 6.3, 6.3, 6.3.1
SNMP監視のための構成, 6.1
ターゲットの検出, 6.3.2.2
インスタンス, 6.4, 6.4
概要, 6
リフレッシュのフロー, 6.5
Oracle Universal Content Management System, 2.1.1
Oracle Web Cache, 2.1.1
Oracle WebCenter, 38.2.3
Oracle WebLogic Serverドメイン
停止前にブラックアウトを作成, 2.5.1
起動後にブラックアウトを終了, 2.5.1
再起動メソッド, 2.5.1
再起動時間制限, 2.5.1
再起動, 2.5.1
停止エラー, 2.5.1, 2.5.1
停止方法, 2.5.1
停止時間制限, 2.5.1
停止, 2.5.1
起動, 2.5.1
起動エラー, 2.5.1, 2.5.1
起動方法, 2.5.1
起動時間制限, 2.5.1
停止エラー, 2.5.1, 2.5.1
Oracle WebLogic Server, 23.1
停止前にブラックアウトを作成, 2.5.1
起動後にブラックアウトを終了, 2.5.1
再起動メソッド, 2.5.1
再起動時間制限, 2.5.1
再起動, 2.5.1
停止エラー, 2.5.1, 2.5.1
停止方法, 2.5.1
停止時間制限, 2.5.1
停止, 2.5.1
起動, 2.5.1
起動エラー, 2.5.1, 2.5.1
起動方法, 2.5.1
起動時間制限, 2.5.1
停止エラー, 2.5.1, 2.5.1
Oracle WebLogic, リソース, 38.2.8

P

パッケージ
サポート・ワークベンチの作成, 2.4.2.6
Oracleサポートへのアップロード, 2.4.2.7, 2.4.2.8
ページ
Oracle WebCenter内のJSF, 38.2.3.2
パラメータ
サービス・レベル目標値の定義, 38.3.3.2
パートナ・リンク
Oracle BPELプロセス内のバインディング・ビュー, 38.2.4.5
Oracle BPELプロセス内のタイプ・ロール・ビュー, 38.2.4.4
Oracle BPELプロセス内のビュー, 38.2.4.3
パッチの管理, 2.6.3
パフォーマンス
ベースライン, 39.1.3.1, 39.3
ターゲットの特性, 39.1.2
診断
JVMプールにおける, 21.4.2
JVM診断, 22.1
グラフとデータ・アイテム, 38.1.6
ボトルネックの識別, 39.1.3.2, 39.4
向上プロセス, 39.1.3
問題, 診断, 2.3
ボトルネックの削除, 39.1.3.3
システム・レベル, 39.4.1
パフォーマンス監視
BTM、RUEIおよびJVMD, 14.1
データ収集, 14.3
ディメンション, 14.1
エンドツーエンド, 14.1
エンドツーエンドの例, 19
概要, 14
処理エンジン, 14.3
設定, 14.3
トラブルシューティング, 19.2
ユーザー・ロール, 14.4
ビューとディメンション, 14.1
プラットフォームMBean
アクティブ化, 7.3.2
PlatformMBeanServerUsed
属性の設定, 7.3.1
JVM診断でサポートされているプラットフォーム, 20.3
ポート割当て
RMI, A.2.3
優先資格証明
サポート・ワークベンチ, 2.4.1.2
前提条件
Oracle Identity Managementターゲットの検出, 30.3
権限とロール
Oracle GlassFish Server, 8.1.1
問題分析, アクセス, 32.1
問題
注釈の追加, 2.4.2.4
サポート・ワークベンチにおけるクローズ, 2.4.2.10
検索, 2.4.2.3
昇格
JVM診断イベント, 21.4.1.1
プロパティ・ファイル
acsera.properties, A.2
UrlMap.properties, A.3
プロビジョニング
ライフサイクル管理, 2.6.4

R

Real User Experience Insight
BTMへのアクセス, 15.5
Enterprise Managerコンソールからのアクセス, 15.4
JVMDへのアクセス, 15.5
アプリケーション, 15.1
コレクタ, 14.3
ダッシュボード, 15.2.1
データ分析, 15.2
データ収集, 15.1
ECID, 使用, 14.2
セッションのエクスポート, 18.6.2.3
機能, 15.3
KPIターゲット・タイプ, 18.6.1.1
KPI, 15.2.5
メトリック値, 18.6.1.1
データの監視, 18.6.1
メトリックの監視, 18.6.3
概要, 15
Enterprise Managerへの登録, 18.3
レポート, 15.2.2
Enterprise Managerで使用するための要件, 18.2.1
サービス・レベル合意, 15.2, 15.2.5
セッション診断, 15.2.3, 18.6.2
セッション・リプレイ, 18.6.2.1
設定, 14.3.3
上位ユーザー, 18.6.1.2
トラブルシューティング, 19.1
ユーザー・フロー, 15.2, 15.2.4, 18.6.1.4
違反, 18.6.1.3
JVM診断を使用したリアルタイム診断, 20.1.7
リフレッシュのフロー
Oracle Traffic Director, 6.5
登録
JVM診断におけるデータベース, 21.2.3
削除
JVMプール, 21.4.5
JVM, 21.5.11
レポート
JVM診断におけるアンチパターン, 21.5.8.4
JVM診断におけるメモリー・リーク, 21.5.8.3
SOA Suite, 12.11
レポート(RUEI), 15.2.2
リポジトリ
JVM診断における領域要件, 22.8.10
インスタンス診断リクエスト, 14.1
JVM診断, 21.11
リソース
Oracle, 38.2.9
Oracle WebLogic, 38.2.8
RMIポート割当て, A.2.3
RMIポート
ファイアウォールの緩和, A.2.7
ロールと権限
Oracle GlassFish Server, 8.1.1
トポロジ・ビューアのルーティング, 2.9

S

保存
JVM診断クラス・ヒストグラム, 21.5.6.1
スケジュール
JVM診断ヒストグラム・ジョブ, 21.5.6.3
スクリプト
create_jvm_diagnostic_db_user.sh, 22.8.5
startManagedWeblogic, 2.5.1
stopManagedWeblogic, 2.5.1
検索
ログ, 2.3.3
ミドルウェア・ターゲット, 2.2.1.2
Secure Socket Layer, 7
サービス・コンポーネント・アーキテクチャ(SCA), 38.2.12
サービス定義ビュー
Oracle ESB, 38.2.5.3
サービスの詳細ビュー
Oracle ESB, 38.2.5.1
サービス・レベル合意
BTM, 16.2
RUEI, 15.2.5
サービス・レベル目標値
ブラックアウトのサマリー・リスト, 38.3.3.4
ブラックアウトの構成, 38.3.3.4
作成, 38.3.3.1
ブラックアウトの作成, 38.3.3.4
パラメータの定義, 38.3.3.2
ブラックアウトの削除, 38.3.3.4
重要なメトリックでの設定, 39.1.3.4
サービス・レベル
管理, 2.7
サービス・モード
ADPトポロジ, 37.2
サービス操作ビュー
Oracle ESB, 38.2.5.4
サービスの親の詳細ビュー
Oracle ESB, 38.2.5.2
サービス・リクエスト, 作成, 2.4.2.9
サービス指向ビュー, 37.1.2
サービス, 38.2.6
サービス・ノード
アプリケーション, 38.2.7.1
セッション診断, 19.1
セッション診断(RUEI), 15.2.3, 18.6.2
設定
重要なメトリックでのサービス・レベル目標値, 39.1.3.4
重要なメトリックでのSLO, 39.5
設定
JVM診断, 21.2
SLOの減衰機能, A.2.8
スナップショット数
メトリック・タイプ, 38.1.9
SNMP監視
Oracle Traffic Director, 6.1
SOAアプリケーション
監視, 37.1.1
SOAフォルト
一括リカバリ, 12.16
エラー・ホスピタルからの一括リカバリ, 12.16.3
フォルトと拒否メッセージからの一括リカバリ, 12.16.2
ジョブ・ページからの一括リカバリ, 12.16.1
一括リカバリ・ワークフロー, 12.16.5
概要, 12.15.1
リカバリ 12.15.2
検索と表示, 12.15.4
簡易リカバリ, 12.15.5
フォルトの合計, 12.15.4.2
SOAインスタンスのトレース
SOAインフラストラクチャへのアクセス, 12.7.4
SOAインフラストラクチャ内, 12.7.3
SOA Management Pack Enterprise Edition, 9
BPEL Process Manager, 9
集中管理コンソール, 9
エラー・ホスピタル, 9
Service Bus, 9
SOAコンポジット, 9
SOAインフラストラクチャ, 9
SOAレポート
SOA診断レポート, 12.11.3
BI Publisherの使用, 12.11.1
IPの使用, 12.11.2
SOA Suite
ADPメトリック, 12.6.1
一括リカバリ, 12.16
構成, 12.5.2
デハイドレーション・ストア, 12.8
検出, 12.4, 12.5
エラー・ホスピタル, 12.17
フォルトとリカバリ, 12.15
11gのインスタンスのトレース, 12.7.2
12cターゲットのインスタンスのトレース, 12.7.2
メトリックと収集, 12.6
新機能, 12.1
サービス・トポロジ, 12.9
簡易リカバリ, 12.15.5
SOAアーティファクトおよびコンポジット, 12.12
SOAインスタンスのトレース, 12.7
SOAレポート, 12.11
サポートされているバージョン, 12.2
一括リカバリのトラッキング, 12.16.4
トラブルシューティング, 12.19
UDDI公開, 12.10
SOA SuiteおよびADFアプリケーション
管理, 37.1.1
起動, Oracle GlassFish Server, 8.1.2
startManagedWeblogicスクリプト, 2.5.1
ステートフル
Bean, 38.2.7.7
EJBキャッシュ, 38.2.7.7.1
EJBロック, 38.2.7.7.3
EJBトランザクション, 38.2.7.7.2
ステートレス, Bean, 38.2.7.6
状態
ミドルウェア・ターゲット, 2.2.1.1
情報の表示, 32.2
stopManagedWeblogicスクリプト, 2.5.1
停止
Oracle GlassFish Server, 8.1.2
ADP用のサポート・マトリクス, B
サポート・ワークベンチ
アクセスとロギング, 2.4.1
パッケージへのファイルの追加, 2.4.2.7
診断に使用できる情報の追加, 2.4.2.5
集計診断サマリーページ, 2.4.2.2
集計診断, 表示, 2.4.2.2
問題に関する注釈の追加, 2.4.2.4
問題のクローズ, 2.4.2.10
Oracle Fusion Middlewareコンポーネントとの互換性, 2.4
診断, 表示, 2.4.2.1
名前付き資格証明, 2.4.1.2
新規資格証明, 2.4.1.2
概要と目的, 2.4
優先資格証明, 2.4.1.2
問題の検索, 2.4.2.3
Oracleサポートへのパッケージのアップロード, 2.4.2.7, 2.4.2.8
ワークフロー, 2.4
システム・レベルのパフォーマンス, 39.4.1
システム要件
Oracle Identity Management, 30.1

T

ターゲット
パフォーマンス特性, 39.1.2
タスクフロー
Oracle WebCenter内のADF, 38.2.3.1
Oracle WebCenter内のユーザー定義, 38.2.3.1.1
スレッド・スナップショット
トレース診断イメージの分析, 21.7
管理, 21.6
しきい値違反
JVM診断, 21.10
時間枠
表示されるデータ, 38.1.4
表示間隔, 38.1.5.1
指定, 38.1.5.3
トポロジ
サービス・モード, 37.2
Oracle BPELプロセス内のビュー, 38.2.4.7
トレース・エラー
JVM診断, 22.2
トレース
JVM診断のアクティブ・スレッド, 21.6.1
トランザクション
条件, 18.9.9
定義, 16.2
グラフ, 16.2
インスタンス・インスペクタ, 18.9.4
インスタンス, アセンブル, 18.9.4
インスタンス, 表示, 18.9.4
ログが記録されたメッセージ, 表示, 18.9.5
監視, 16.3
Enterprise Managerによる監視, 18.8
適用されるポリシー, 18.9.7
プロファイル, 18.9.8
プロパティ, 18.9.10
ステートフルEJB, 38.2.7.7.2
JVM診断を使用したリアルタイムでのトレース, 20.1.3
トラブルシューティング
BPEL Process Manager, 10.7
JVM診断, 22.8
Oracle Service Bus, 11.9
SOA Suite, 12.19
タイプ
依存性, 38.2.7.2, 38.2.7.2
メトリック, 38.1.9

U

エージェントのアンデプロイ, 40.2
UrlMap.propertiesファイル, A.3
ユーザー
操作性, 15
フロー, 15.2.4, 18.6.1.4
ADPのインタフェース, 37.2.3
権限, 14.4
ロール, JVM診断の使用に必要な, 20.4
ユーザー・ロール, 14.4
ユーザー定義タスクフロー
Oracle WebCenter, 38.2.3.1.1

V

表示
クラス・ヒストグラム, 21.8
コンポジット・アプリケーション, 4.5
コンポジット・アプリケーションのダッシュボード, 4.1
ヒープ・スナップショット, 21.8
オブジェクト別のヒープ使用量, 21.5.8.2
ルート別のヒープ使用量, 21.5.8.1
JVM診断クラス・ヒストグラム, 21.5.6.2
JVM診断のヒープ分析ページ, 21.5.5
JVM診断のパフォーマンス・サマリー・ページ, 21.5.3
JVM診断スナップショット, 21.9.4
JVM診断しきい値違反, 21.10
JVMのホームページ, 21.5.1
JVMのライブ・スレッド分析ページ, 21.5.4
JVMパフォーマンス診断ページ, 21.5.2
JVMプールのライブ・スレッド分析ページ, 21.4.3
Oracle BPELプロセス内のモデル化されたエンティティ, 38.2.4.6
登録済JVMマネージャ, 21.2.5
登録済JVM, 21.2.5
JVM診断でのインスタンス診断リクエスト, 21.11
ビュー
Oracle BPELプロセス内の遅延分析, 38.2.4.1
アプリケーション・スキーマ・モデルの機能, 38.1.8
Oracle BPELプロセス内のメタデータ, 38.2.4.2
Oracle ESB内の操作ルーティング・ルール, 38.2.5.5
Oracle BPELプロセス内のパートナ・リンク・バインディング, 38.2.4.5
Oracle BPELプロセス内のパートナ・リンク・タイプ・ロール, 38.2.4.4
Oracle BPELプロセス内のパートナ・リンク, 38.2.4.3
Oracle ESB内のサービス定義ビュー, 38.2.5.3
Oracle ESB内のサービスの詳細, 38.2.5.1
Oracle ESB内のサービス操作, 38.2.5.4
Oracle ESB内のサービスの親の詳細, 38.2.5.2
Oracle BPELプロセスのトポロジ, 38.2.4.7

W

Web 2.0サービス
Oracle WebCenter, 38.2.3.1.2
Webアプリケーション, 38.2.7.5
WebLogic
重要なメトリック, 39.5
WebLogicドメイン, 13.1.1
監視, 7
Oracle Business Intelligenceインスタンス, 13.1.1
Oracle Essbase, 13.1.2
WebLogic Server
収集メトリック, 7.3
ワークショップ・プロジェクト, 38.2.7.4