JavaScript is required to for searching.
ナビゲーションリンクをスキップ
印刷ビューの終了
Oracle Solaris Studio 12.3 コードアナライザユーザーズガイド     Oracle Solaris Studio 12.3 Information Library (日本語)
search filter icon
search icon

ドキュメントの情報

はじめに

1.  概要

コードアナライザで分析されるデータ

静的コード検査

動的メモリーアクセス検査

コードカバレージ検査

コードアナライザを使用するための要件

コードアナライザ GUI

クイックスタート

2.  データの収集とコードアナライザの起動

A.  コードアナライザで分析されるエラー

索引

コードアナライザを使用するための要件

コードアナライザは、Oracle Solaris Studio 12.3 C または C++ コンパイラでコンパイルされたバイナリから収集される、静的エラーデータ、動的メモリーアクセスエラーデータ、およびコードカバレージデータで機能します。

コードアナライザは、Solaris 10 10/08 オペレーティングシステムまたはそれ以降の Solaris 10 update、または Oracle Solaris 11 を実行している、SPARC ベースシステムまたは x86 ベースシステムで機能します。