第5章 仮想化プラットフォームへの接続

この章では、ユーザーのデスクトップを実行する仮想化プラットフォーム (この場合は Oracle VM VirtualBox) に Oracle VDI を接続します。これを行うには、Oracle VDI マネージャー でデスクトッププロバイダを作成してから、使用する仮想化リソース (ホストおよびストレージ) を指定します。

Oracle VDI マネージャー にログインし、左側のナビゲーションツリーで「デスクトッププロバイダ」を選択します。図 5.1 に示すように、「すべてのデスクトッププロバイダ」ページが表示されます。

図5.1 「すべてのデスクトッププロバイダ」ページ

このイメージは「すべてのデスクトッププロバイダ」ページを示しています。そのテーブルにはデスクトッププロバイダが 1 つも表示されていません。

デスクトッププロバイダ」テーブルで、「新規」ボタンをクリックします。新規デスクトッププロバイダウィザードが新しいウィンドウに表示されます。「次へ」ボタンをクリックして、ウィザードの各種手順に進みます。図 5.2 に示すように、「デスクトッププロバイダの種類を選択」手順で、「Oracle VM VirtualBox」を選択します。

図5.2 「デスクトッププロバイダの種類を選択」手順

このイメージは「デスクトッププロバイダの種類を選択」手順を示しています。「Oracle VM VirtualBox」オプションが選択されています。

「ホストの指定」手順で、「新規ホストの指定」オプションが選択されていることを確認して、「次へ」をクリックします。

新規ホストの指定」手順で、VirtualBox をインストールした Oracle VDI ホストの詳細を入力します。

図 5.3 に、入力済みの例を示します。

図5.3 「新規ホストの指定」手順

このイメージは「新規ホストの指定」手順を示しています。必要なホストの詳細がすべて入力されています。

次へ」をクリックします。「証明書の検証」手順で、SSH および SSL の証明書の詳細が正しいことを確認して、「次へ」をクリックします。必要に応じて VirtualBox ホストを追加できるように、「ホストの指定」手順に戻ります。VirtualBox ホストを追加したことを確認するためのメッセージが表示されます。デスクトッププロバイダに複数のホストを追加した場合は、Oracle VDI によってそれらの負荷分散が行われます。単一ホストを追加する必要があるだけなので、図 5.4 に示すように、「既存のホストの選択」を選択して、「次へ」をクリックします。

図5.4 「ホストの指定」手順で追加されたホスト

このイメージは「ホストの指定」手順を示しています。作成したばかりの VirtualBox ホストが選択されています。

「ストレージの指定」手順で、「新規ストレージの指定」オプションが選択されていることを確認して、「次へ」をクリックします。

新規ストレージの指定」手順で、デスクトップの仮想ディスクを格納するために使用されるストレージの詳細を入力します。Oracle VDI ではいくつかの異なる種類のストレージをサポートしているため、入力する詳細は選択したストレージの種類によって異なります。ストレージにローカルファイルシステムを使用することになるので、「ストレージの種類」ドロップダウンリストから「ローカルストレージ」を選択します。仮想ディスクの格納先のパスを「パス」フィールドに入力します。図 5.5 に、入力済みの例を示します。

図5.5 「新規ストレージの指定」手順

このイメージは「新規ストレージの指定」手順を示しています。ローカルストレージのオプションが選択され、ローカルストレージへのパスが入力されています。

ヒント

Oracle Solaris プラットフォームでは、代わりにローカル ZFS プールを使用できます。「Sun ZFS」オプションを選択して、ホストとプールの詳細を入力します。

次へ」をクリックします。デスクトッププロバイダにはローカルストレージを 1 つだけ指定でき、ローカルストレージとサポートされているほかのストレージタイプを混在させることはできません。この理由から、デスクトッププロバイダにストレージをこれ以上追加することはできません。その他のストレージタイプは混在させたり、複数のストレージホストを指定したりできます。複数のストレージホストを追加した場合は、Oracle VDI によってそれらのストレージホストの負荷分散が行われます。「デスクトッププロバイダの定義」手順が表示されます。 に示すように、デスクトッププロバイダの名前を「名前図 5.6」フィールドに入力します。この名前は、VirtualBox ホストの場所など、任意の名前にできます。

図5.6 「デスクトッププロバイダの定義」手順

このイメージは「デスクトッププロバイダの定義」手順を示しています。デスクトッププロバイダの名前が入力されています。

次へ」をクリックします。「レビュー」手順で、構成を確認してから、「完了」をクリックしてデスクトッププロバイダを作成します。ウィザードが閉じて、図 5.7 に示すように、デスクトッププロバイダが作成されたことを確認するためのメッセージが「すべてのデスクトッププロバイダ」ページに表示され、「デスクトッププロバイダ」テーブルに新しいデスクトッププロバイダが表示されるようになりました。

図5.7 追加されたデスクトッププロバイダ

このイメージは「すべてのデスクトッププロバイダ」ページを示しています。新しいデスクトッププロバイダがそのテーブルに表示されています。

「すべてのデスクトッププロバイダ」ページには、デスクトッププロバイダの管理の概要、その全体的なステータス、デスクトップの数、CPU とメモリーの負荷、およびストレージの使用率が表示されます。デスクトッププロバイダの構成はいつでも変更できます。「デスクトッププロバイダ」テーブルで、「名前」列にあるデスクトッププロバイダ名をクリックします。図 5.8 に示すように、「サマリー」タブが表示されます。

図5.8 デスクトッププロバイダの「サマリー」タブ

このイメージはデスクトッププロバイダの「サマリー」タブを示しています。それには、デスクトッププロバイダのステータス、およびその他の重要な情報 (全体的なメモリー使用率など) が表示されます。

ここから、デスクトッププロバイダを監視したり構成したりできます。たとえば、「ホスト」タブを使用すると、VirtualBox ホストの追加と削除、およびそれらの監視と保守を行うことができます。このページのいちばん上で、「デスクトッププロバイダ」をクリックすると、「すべてのデスクトッププロバイダ」ページに戻ります。

仮想化プラットフォームへの Oracle VDI の接続が完了したので、次の手順ではデスクトップを作成するためのテンプレートとして使用される仮想マシンを作成します。「6章デスクトップテンプレートの作成」では、この方法について説明します。