Oracle® Virtual Desktop Infrastructure

Release 3.5 の管理者ガイド

Oracle の法律上の注意点について
コンポーネントの使用許諾

E36511-01

2013 年 3 月


目次

はじめに
1. Oracle Virtual Desktop Infrastructure システムの概要
1.1. Oracle Virtual Desktop Infrastructure の概要
1.2. 仮想化について
1.3. ストレージについて
1.4. 管理について
1.5. デスクトップアクセスについて
2. Oracle VDI のインストールと Oracle VDI Center の構成
2.1. Oracle VDI Center およびホストについて
2.1.1. 単体の Oracle VDI ホスト構成
2.1.2. 組み込みの MySQL サーバーデータベースを使用した高可用性構成
2.1.3. リモート MySQL データベースを使用した高可用性構成
2.2. Oracle VDI のシステム要件
2.2.1. Oracle VDI のハードウェア要件
2.2.2. Oracle VDI でサポートされているインストールプラットフォーム
2.2.3. Oracle Linux プラットフォームの要件
2.2.4. Oracle Solaris 11 プラットフォームの要件
2.2.5. Oracle Solaris 10 プラットフォームの要件
2.2.6. ユーザー要件
2.2.7. ネットワークの要件
2.2.8. 時間の同期
2.2.9. リモート MySQL データベースを使用するための要件
2.2.10. 仮想化環境での Oracle VDI Center
2.2.11. Sun Ray Software
2.2.12. Sun Ray オペレーティングソフトウェア
2.2.13. Oracle Virtual Desktop Client
2.3. Oracle VDI のインストールと構成
2.3.1. Oracle VDI のインストール
2.3.2. 新しい Oracle VDI Center の構成
2.3.3. Oracle VDI Center へのホストの追加
2.3.4. Oracle VDI Center からのホストの削除
2.3.5. Oracle VDI の再インストール
2.3.6. Oracle VDI のアンインストール
2.4. Oracle VDI のリリース 3.5 への更新
2.4.1. Oracle VDI の更新要件
2.4.2. Oracle VDI Center の更新
2.5. ファイアウォールのポートとプロトコル
2.5.1. クライアントと Oracle VDI 間のファイアウォール
2.5.2. Oracle VDI とユーザーディレクトリ間のファイアウォール
2.5.3. デスクトッププロバイダと Oracle VDI Center 間のファイアウォール
2.5.4. Oracle VDI Center 内のホスト間のファイアウォール
3. 会社およびユーザーディレクトリの構成
3.1. ユーザーディレクトリの統合について
3.1.1. Active Directory タイプ
3.1.2. LDAP タイプ
3.1.3. ユーザーディレクトリのカスタマイズ
3.2. サポートされているユーザーディレクトリ
3.3. 会社について
3.3.1. 複数の会社とデスクトップログイン画面
3.4. 会社の作成
3.5. Kerberos 認証の設定
3.5.1. ホワイトリストとブラックリストのサポート
3.6. 公開鍵認証の設定
3.7. 匿名認証の設定
3.8. 単純認証の設定
3.9. セキュア認証の設定
3.10. 複雑なフォレスト構成について
3.11. ユーザーディレクトリ設定の再構成
3.11.1. ユーザーディレクトリの定義
3.11.2. セキュリティーレベルの変更
3.11.3. 資格の変更
3.11.4. サーバー SSL 証明書の更新
3.11.5. 代替ホストの追加
3.12. グローバル Oracle VDI Center について
3.12.1. ホームおよび外部 Oracle VDI Center
3.12.2. ゲストプール
3.12.3. グローバル Oracle VDI Center とデスクトップログイン
3.12.4. グローバル Oracle VDI Center 向けのユーザーディレクトリの準備
3.13. LDAP フィルタと属性について
3.13.1. ユーザーおよびグループの検索
3.13.2. ユーザーのデスクトップの要求
3.13.3. グループメンバーシップの解決
3.13.4. LDAP キャッシュ
3.14. 会社の削除
4. デスクトッププロバイダおよび仮想化プラットフォームの構成
4.1. Oracle VM VirtualBox
4.1.1. Oracle VM VirtualBox について
4.1.2. Oracle VM VirtualBox のシステム要件
4.1.3. Oracle VM VirtualBox のインストール
4.1.4. Oracle VM VirtualBox のアップデート
4.1.5. VRDP ポート範囲の構成
4.1.6. VirtualBox のホストメモリーオーバーヘッドの構成
4.2. Microsoft Hyper-V およびリモートデスクトップサービス
4.2.1. Microsoft Hyper-V
4.2.2. Microsoft Hyper-V のシステム要件
4.2.3. Microsoft リモートデスクトップサービス
4.2.4. Microsoft リモートデスクトップサービスのシステム要件
4.2.5. Microsoft RDS ファーム (NLB クラスタ) の管理
4.2.6. Microsoft リモートデスクトッププロバイダとプールの制限
4.2.7. Windows サーバーの準備
4.3. VMware vCenter
4.3.1. VMware vCenter のシステム要件
4.3.2. VMware ESX サーバーの設定
4.3.3. VMware vCenter サーバーの設定
4.3.4. プラットフォームの設定のテスト
4.4. Sun Ray キオスクデスクトッププロバイダ
4.5. 汎用デスクトッププロバイダ
4.6. ストレージ
4.6.1. ストレージの概要
4.6.2. ローカルストレージ
4.6.3. ネットワークファイルシステムストレージ
4.6.4. iSCSI ストレージ
4.6.5. Sun ZFS ストレージ
4.7. Sun ZFS および iSCSI ストレージの準備
4.7.1. Sun ZFS Storage Appliance の設定
4.7.2. Sun ZFS Storage Appliance のストレージクラスタ化
4.7.3. Sun ZFS Storage Appliance のレプリケートと置き換え
4.7.4. Oracle Solaris ZFS ストレージの設定
4.7.5. Oracle ZFS ストレージのレプリケートと置き換え
4.7.6. Sun ZFS システムでの iSCSI ターゲットの設定
4.8. デスクトッププロバイダの作成
4.8.1. Oracle VM VirtualBox デスクトッププロバイダの作成
4.8.2. Microsoft Hyper-V デスクトッププロバイダの作成
4.8.3. Microsoft リモートデスクトッププロバイダの作成
4.8.4. VMware vCenter デスクトッププロバイダの作成
4.8.5. Sun Ray キオスクデスクトッププロバイダの作成
4.8.6. 汎用デスクトッププロバイダの作成
5. プールおよびデスクトップの構成
5.1. プールについて
5.1.1. デスクトッププールの作成
5.1.2. VRDP と MS-RDP の間の選択
5.1.3. プールのネットワークの構成
5.1.4. プールの RDP オプションの構成
5.1.5. USB リダイレクションの有効化
5.1.6. スマートカードの取り外しの構成
5.1.7. キオスク設定の構成 (Sun Ray キオスクプロバイダ)
5.1.8. NetBIOS 名を使用した Windows デスクトップへのログイン
5.1.9. 位置の把握
5.2. デスクトップとテンプレートについて
5.2.1. サポートされるデスクトップオペレーティングシステム
5.2.2. テンプレートとリビジョンについて
5.2.3. デスクトップと仮想マシンの状態について
5.3. デスクトップイメージの作成
5.3.1. 仮想マシンの作成 (Oracle VM VirtualBox)
5.3.2. 仮想マシンの作成 (VMware vCenter)
5.3.3. 仮想マシンの作成 (Microsoft Hyper-V)
5.4. デスクトップのインポート
5.4.1. デスクトップのインポート (Oracle VM VirtualBox)
5.4.2. デスクトップのインポート (VMware vCenter)
5.4.3. デスクトップのインポート (Microsoft Hyper-V)
5.4.4. 個別の Windows PC のインポート
5.4.5. テンプレートの管理について
5.5. デスクトップのクローニング
5.5.1. デスクトップのクローニング (Oracle VM VirtualBox)
5.5.2. デスクトップのクローニング (VMware vCenter)
5.5.3. VMware リンククローニングの有効化
5.5.4. デスクトップのクローニング (Microsoft Hyper-V)
5.5.5. クローンのカスタマイズについて
5.5.6. 高速準備の問題のデバッグ
5.5.7. Windows テンプレートの Oracle VDI 高速準備の有効化 (Oracle VM VirtualBox および Microsoft Hyper-V)
5.5.8. Windows テンプレートのシステム準備の有効化 (Oracle VM VirtualBox および Microsoft Hyper-V)
5.5.9. 個人用ハードドライブと Windows ユーザープロファイルについて
5.5.10. クローニングジョブとリサイクルジョブの管理
5.6. Microsoft App-V によるアプリケーションの仮想化
5.6.1. App-V リポジトリのライフサイクル
5.6.2. App-V リポジトリの作成
5.7. デスクトップへのユーザーの割り当て
5.7.1. プールまたはデスクトップへのユーザーの割り当て
5.7.2. カスタムグループおよびカスタムグループフィルタの作成
5.7.3. ユーザーへのトークンの割り当て
5.7.4. デスクトップまたはプールへのトークンの割り当て
5.7.5. トークンの一括作成
5.7.6. デスクトップの検索
6. デスクトップアクセス
6.1. デスクトップアクセスについて
6.2. Sun Ray クライアントを使用したデスクトップアクセス
6.2.1. Oracle VDI Sun Ray キオスクセッションについて
6.2.2. Sun Ray クライアントのユーザーアクセスシナリオ
6.2.3. ユーザーパスワードの変更と期限切れ
6.2.4. Oracle VDI Sun Ray キオスクセッションの変更
6.2.5. デスクトップログインおよびデスクトップセレクタの構成オプション
6.2.6. Oracle VDI キオスクセッションのグローバル設定
6.2.7. Oracle VDI キオスクセッションのデバッグ
6.2.8. デスクトップログイン画面とデスクトップセレクタ画面の無効化
6.2.9. クライアント認証の無効化
6.2.10. Sun Ray クライアントのデスクトップ画面のロックの有効化
6.2.11. デスクトップログイン画面とデスクトップセレクタ画面で使用される言語の変更
6.2.12. デスクトップログイン画面へのヘルパー機能の追加
6.2.13. デスクトップ切断時の動作の変更
6.2.14. デスクトップログイン画面やデスクトップセレクタ画面の外観のカスタマイズ
6.2.15. マルチモニター機能
6.3. RDP クライアントを使用したデスクトップアクセス
6.3.1. RDP クライアントによるデスクトップへのアクセス
6.3.2. Oracle VDI RDP ブローカについて
6.4. Oracle Secure Global Desktop を使用したデスクトップアクセス
6.5. デスクトップセッションからのログアウト
7. パフォーマンスとチューニング
7.1. Oracle VDI のパフォーマンスとチューニングの概要
7.2. Oracle VDI ホスト
7.2.1. Oracle VDI サーバーのサイジングガイドライン
7.2.2. Oracle VDI ホストでのセッション数の制御
7.3. 仮想ホスト
7.3.1. Oracle VM VirtualBox サーバーのサイジングガイドライン
7.4. ストレージのパフォーマンスとチューニング
7.4.1. Sun ZFS ストレージサーバーのサイジングガイドライン
7.4.2. ZFS ストレージキャッシュについて
7.4.3. Oracle Solaris プラットフォームでの ZIL の管理
7.4.4. Oracle VDI のストレージ用のグローバル設定
7.4.5. ブロックの割り当てについて
7.5. ネットワーク
7.5.1. 専用 iSCSI ネットワークの構成
7.5.2. リンクアグリゲーションの構成
7.5.3. VLAN の構成
7.6. 仮想マシン
7.6.1. プールごとのデスクトップリソースの構成 (Oracle VDI プロバイダ)
7.6.2. Windows 8 デスクトップイメージの最適化
7.6.3. Windows 7 デスクトップイメージの最適化
7.6.4. Windows XP のデスクトップイメージの最適化
7.6.5. その他のオペレーティングシステムのデスクトップイメージの最適化
8. Oracle VDI の監視と維持
8.1. Oracle VDI マネージャー へのログイン
8.2. Sun Ray 管理ツールへのログイン
8.3. Oracle VDI の管理者
8.3.1. Oracle VDI のロールベースの管理について
8.3.2. 管理者の作成およびロールの割り当て
8.4. Oracle エンタープライズマネージャー での Oracle VDI の監視
8.5. Oracle VDI サービスとログの確認
8.5.1. Oracle VDI Center のステータスの確認
8.5.2. Oracle VDI サービスのステータスの確認
8.5.3. Oracle VDI データベースのステータスの確認
8.5.4. Oracle VDI ログファイルの確認
8.5.5. Oracle VDI のロギングの変更
8.5.6. Oracle VDI RDP ブローカのステータスの確認
8.5.7. Oracle VDI Center エージェントのステータスの確認
8.5.8. Oracle VDI マネージャー のステータスの確認
8.5.9. Cacao と Oracle VDI モジュールのステータスの確認
8.6. Oracle VDI サービスの制御
8.7. Oracle VDI データベースのバックアップと復元
8.7.1. Oracle VDI データベースのバックアップ
8.7.2. Oracle VDI データベースの復元
8.8. デスクトッププロバイダアラームについて
8.8.1. Oracle VM VirtualBox ホストの再構成
8.8.2. Oracle VM VirtualBox ホストでの iSCSI または Sun ZFS ストレージ構成の再ロード
8.9. 保守モード
8.9.1. Oracle VM VirtualBox および Microsoft Hyper-V ホストの保守
8.9.2. ストレージの保守
8.10. 孤立ディスクの削除
8.11. Oracle VDI Center とフェイルオーバー
8.11.1. Oracle VDI Center 内でロールを持つホストの識別
8.11.2. フェイルオーバーを発生させないマスターデータベースホストのリブート
8.11.3. マスターデータベースホストの変更
8.11.4. レプリケーションデータベースホストの変更
8.11.5. 自動フェイルオーバーの調整
8.11.6. 手動でのフェイルオーバーのトリガー
8.11.7. Oracle VDI Center からの応答しないホストの削除
8.11.8. Sun Ray プライマリサーバーの変更
8.11.9. Sun Ray グループ署名とデータストアパスワードの同期
9. デスクトップ、テンプレート、App-V リポジトリ、およびリビジョンの管理
9.1. デスクトップの管理
9.1.1. デスクトップの ID の取得
9.1.2. デスクトップのインポート
9.1.3. デスクトップの名前の変更
9.1.4. デスクトップの起動
9.1.5. デスクトップの再起動
9.1.6. ユーザーへのデスクトップの割り当て
9.1.7. デスクトップの複製
9.1.8. デスクトップのエクスポート
9.1.9. 個人用ハードドライブからのユーザープロファイルのエクスポート
9.1.10. デスクトップのテンプレートへの変換
9.1.11. 応答しないデスクトップの有効化
9.1.12. 選択したデスクトップの再クローニング
9.1.13. すべての未使用デスクトップの再クローニング
9.1.14. デスクトップの中断
9.1.15. デスクトップのシャットダウン
9.1.16. デスクトップの電源切断
9.1.17. デスクトップでの ISO イメージのマウント
9.1.18. ISO イメージのデスクトップからのアンマウント
9.1.19. デスクトップの VirtualBox Guest Additions の更新
9.1.20. デスクトップコンソールへの接続
9.1.21. リモートデスクトップサービスセッションからのユーザーの切断
9.1.22. リモートデスクトップサービスセッションからのユーザーのログアウト
9.1.23. デスクトップからのユーザー割り当ての削除
9.1.24. デスクトップの削除
9.2. テンプレートの管理
9.2.1. テンプレートの ID の取得
9.2.2. テンプレートのインポート
9.2.3. テンプレートの名前の変更
9.2.4. テンプレートの起動
9.2.5. テンプレートの再起動
9.2.6. テンプレートコンソールへの接続
9.2.7. プールへのクローニング用テンプレートの適用
9.2.8. デスクトップへのテンプレートのコピー
9.2.9. テンプレートのエクスポート
9.2.10. テンプレートの VirtualBox Guest Additions の更新
9.2.11. テンプレートでの ISO イメージのマウント
9.2.12. ISO イメージのテンプレートからのアンマウント
9.2.13. テンプレートを最新のリビジョンに戻す
9.2.14. テンプレートのシャットダウン
9.2.15. テンプレートの電源切断
9.2.16. テンプレートの削除
9.3. テンプレートリビジョンの管理
9.3.1. テンプレートリビジョンの ID の取得
9.3.2. リビジョンの作成
9.3.3. リビジョンをマスターリビジョンにする
9.3.4. リビジョンの名前の変更
9.3.5. 新しいテンプレートへのリビジョンのコピー
9.3.6. 新しいデスクトップへのリビジョンのコピー
9.3.7. 新しいデスクトップへのリビジョンのクローニング
9.3.8. リビジョンのエクスポート
9.3.9. リビジョンへのシステム準備の適用
9.3.10. クローニング用のリビジョンの適用
9.3.11. リビジョンの削除
9.4. App-V リポジトリの管理
9.4.1. App-V リポジトリの ID の取得
9.4.2. App-V リポジトリのリビジョンの ID の取得
9.4.3. App-V リポジトリの名前の変更
9.4.4. プールへの App-V リポジトリの適用
9.4.5. App-V リポジトリのリビジョンの作成
9.4.6. App-V リビジョンをマスターリビジョンにする
9.4.7. App-V リポジトリのリビジョンの名前の変更
9.4.8. App-V リポジトリのリビジョンの削除
9.4.9. App-V リポジトリの削除
10. トラブルシューティングと FAQ
10.1. Oracle VDI のインストールと構成
10.1.1. パッケージの不足が原因で Oracle Linux プラットフォームへのインストールが失敗します
10.1.2. SELinux が有効になっていると Oracle Linux プラットフォームでの構成が失敗します
10.1.3. Oracle VDI の構成で svc_vdadb.xml のインポートが失敗します
10.1.4. MySQL を試したり、評価版の Oracle VDI リモートデータベースを設定したりすることができますか
10.1.5. Oracle VDI Center にホストを追加しようとすると失敗し、Sun Ray Server ソフトウェアレプリケーションエラーが発生します
10.1.6. Oracle VDI の再構成が「データベースの構成中にエラーが発生しました」で失敗します
10.1.7. Oracle VDI の構成で、UTF-8 を使用するリモート Windows データベースにデータベーステーブルを作成できません
10.1.8. 以前のリリースの Oracle VDI に戻す
10.2. フェイルオーバー
10.2.1. フェイルオーバーのトラブルシューティング
10.2.2. フェイルオーバー後にプライマリホストが構成されません
10.3. ユーザーディレクトリ
10.3.1. ユーザーディレクトリの問題をトラブルシューティングするためのロギングの増加
10.3.2. Active Directory に対する Kerberos 認証が少し動作したあとで停止します
10.3.3. Active Directory の認証用に Kerberos の代わりに PKI を使用できますか
10.3.4. ユーザーディレクトリに対しては、どのようなタイプの特権アクセスが必要ですか
10.3.5. Active Directory でコンピュータオブジェクトの自動クリーンアップを無効にできますか
10.4. Oracle VM VirtualBox デスクトッププロバイダ
10.4.1. すべての Oracle VM VirtualBox リリースが Oracle VDI 互換ですか
10.4.2. Oracle VM VirtualBox のインストールが「インストール後スクリプトが正常に完了しませんでした」というエラーで失敗します
10.4.3. デスクトッププロバイダに Oracle VM VirtualBox ホストを追加しようとすると、エラーが発生します
10.4.4. Oracle VM VirtualBox の高可用性要件は何ですか
10.4.5. VirtualBox ユーザーのパスワードの変更
10.4.6. VirtualBox ユーザーが root でない場合、Sun ZFS または iSCSI ストレージの追加に失敗します
10.4.7. ストレージを追加しようとすると「クラスタを停止できません」というエラーで失敗します
10.4.8. Sun ZFS または iSCSI ストレージの容量が減少したように表示されます
10.4.9. デスクトッププロバイダからストレージを削除できません
10.4.10. ストレージがシャットダウンされると仮想化ホストがクラッシュします
10.4.11. デスクトッププロバイダにストレージを追加するときに、クリティカルアラームが表示されます
10.4.12. Oracle VM VirtualBox の更新後にプロバイダホストが応答しません
10.4.13. Oracle VM VirtualBox の更新後にストレージが応答しません
10.4.14. Internet Explorer でテキストがぼやけます
10.4.15. My Oracle VM VirtualBox デスクトップの時間が大幅に遅れます
10.4.16. Oracle VM VirtualBox でホストされるデスクトップが表示されるのに起動しません
10.4.17. Windows 7 のオーディオドライバが自動的にインストールされないのはなぜですか
10.5. VMware vCenter デスクトッププロバイダ
10.5.1. VMware 仮想マシンにログインできません
10.5.2. VMware が提供する Windows デスクトップにログインできません
10.5.3. VMware 仮想マシンの IP アドレスが無効になったり、ping に応答しないのはなぜですか
10.5.4. VMware 仮想マシンで MS RDC 接続を取得できません
10.5.5. vCenter デスクトッププロバイダの作成が「VMware VirtualCenter にアクセスできません - ホストがポート 443 にアクセスできません」というエラーで失敗します
10.5.6. VMware デスクトッププールで、新しい仮想マシンが自動的に作成されますが、それらを使用できません
10.5.7. VMware 仮想マシンのクローニングプロセスが想定どおりに動作しません
10.5.8. VMware で Windows 8 のクローニングが失敗します
10.5.9. VMware でホストされる仮想デスクトップが表示されるウィンドウがフリーズします
10.5.10. VMware デスクトッププロバイダで新しいプールを作成しましたが、仮想マシンが自動的に作成されません
10.5.11. 複数のネットワークアダプタを備えた VMware 仮想マシンはどのように使用しますか
10.5.12. 未使用の VMware 仮想マシンがリサイクルされません
10.6. Microsoft Hyper-V および RDS デスクトッププロバイダ
10.6.1. Microsoft リモートデスクトッププロバイダに参加していない RDS ホストで Oracle VDI によってセッションが開始されます。これが起こるのはなぜですか
10.6.2. Hyper-V デスクトップのクローニングが「MSiSCSI ターゲットリストを再読み込みできません」というエラーで失敗します
10.6.3. Microsoft リモートデスクトッププロバイダのファーム情報を入力して、ファームに参加している個々の RDS ホストが Oracle VDI で検出されるようにすることはできますか
10.6.4. Oracle VDI が Windows サーバーと通信できません
10.6.5. Oracle VDI と Hyper-V 間の接続の問題
10.7. デスクトップとプール
10.7.1. ユーザーが常にデスクトップを使用できるようにするには、どのようにしますか
10.7.2. デスクトップの起動が「デスクトッププロバイダ <Name> 用のデスクトップを起動する適切なホストがありません」というエラーで失敗します
10.7.3. 個人用デスクトップ割り当てと柔軟デスクトップ割り当ての違いは何ですか
10.7.4. Oracle VDI の高速準備が失敗します
10.7.5. シンクライアントのグループをプールに割り当てるために、トークン名でワイルドカードを使用してそれらのシンクライアントを表すことができますか
10.7.6. Ubuntu デスクトップでのオーディオ再生が遅すぎます。どうすればよいですか
10.7.7. Oracle VM VirtualBox でホストされるデスクトップのオーディオ構成を Oracle VDI マネージャー で変更したあと、オーディオが再生されません
10.7.8. USB デバイスが検出されません
10.7.9. VRDP を使用している場合にスマートカードが検出されません
10.7.10. MS-RDP と VRDP の違いは何ですか
10.7.11. Sysprep のタイムゾーン設定がホストのタイムゾーンと一致しない場合にクローニングが失敗します
10.7.12. VirtualBox Guest Additions のバージョンの確認
10.7.13. デスクトップの起動が「状態を取得中にエラーが発生しました」というメッセージで失敗します
10.7.14. App-V のリポジトリまたはリビジョンの作成に長い時間がかります
10.7.15. App-V リポジトリの作成または更新が「App-V キャッシュのリフレッシュに失敗しました」というメッセージで失敗します
10.7.16. App-V リポジトリの作成または更新が「ユーザーのログインに失敗しました」というメッセージで失敗します
10.7.17. ディスク容量の不足のため App-V リポジトリの作成が失敗します
10.7.18. App-V リポジトリのリビジョンの作成が「内部エラーが発生しました」というメッセージで失敗します
10.8. デスクトップへのログインとアクセス
10.8.1. ユーザーが各自のデスクトップにアクセスできません
10.8.2. ユーザーはログインできますが、デスクトップが応答しません
10.8.3. エラー - 「現在利用可能または割り当てられているデスクトップはありません」
10.8.4. Sun Ray クライアントの電源を一度切って入れ直すと、仮想マシンに接続できなくなります
10.8.5. ネットワークが有効でないことが原因でユーザーが Ubuntu 8.04 デスクトップにログインできません
10.8.6. Windows XP Professional と Microsoft RDP でホットデスクリダイレクトが動作しません
10.8.7. Windows デスクトップとドメインコントローラの間の信頼関係に失敗します
10.9. 管理ツール
10.9.1. Oracle VDI マネージャー にログインできません
10.9.2. Oracle Solaris 11 で実行されている Oracle VDI マネージャー に Firefox を使用してログインできません
10.9.3. Oracle VDI Manager に正常にログインしたあと、画面が空白になります
10.9.4. エラー - 「整合性のある応答が保証できなくなったため、ログアウトされました」
10.9.5. Oracle VDI ホストのパスワードを変更するには、どのようにしますか
10.9.6. リモート MySQL データベースのパスワードを変更するには、どのようにしますか
10.9.7. MySQL データベースにすべての Sun Ray Software 構成が格納されますか
10.9.8. vda コマンドでは Oracle VDI が実行されていないと報告されるのに、ほかのコマンドでは実行されていると報告されます
10.9.9. Oracle VDI マネージャー の「ユーザーおよびグループ」にユーザーが表示されません
10.9.10. 長い履歴を保持できるように Cacao ログ動作を変更することはできますか
10.9.11. Oracle VDI Manager を使用してジョブを取り消しても、そのジョブが終了しません
10.9.12. Oracle VDI ログのロギングレベルを調整できますか
10.9.13. 組み込み MySQL サーバーデータベースにログインするには、どのようにしますか
10.10. Oracle VDI
10.10.1. Oracle VDI を x2270 ハードウェアで実行すると、断続的にハングアップします
10.10.2. システムが想定どおりに応答しません
10.10.3. どのサービスが Oracle VDI デーモンジョブを所有しますか
10.10.4. Oracle VDI で DHCP を構成するには、どのようにしますか
A. 自動管理スクリプト
A.1. ジョブになる vda コマンドの解析
A.2. vda コマンドの出力の解析
A.3. vda-center コマンドの出力の解析
B. Oracle VDI にバンドルされているソフトウェアのデフォルト
C. ユーザーディレクトリの LDAP フィルタと属性
C.1. LDAP フィルタおよび属性の編集
C.2. ユーザー、グループ、およびコンテナに関する LDAP フィルタおよび属性
C.2.1. ユーザー、グループ、およびコンテナに関するデフォルトの LDAP フィルタおよび属性
C.2.2. ユーザー、グループ、およびコンテナに関する Active Directory の設定
C.2.3. ユーザー、グループ、およびコンテナに関する Oracle Directory Server Enterprise Edition の設定
C.2.4. ユーザー、グループ、およびコンテナに関する OpenDS の設定
C.2.5. ユーザー、グループ、およびコンテナに関する OpenLDAP の設定
C.2.6. ユーザー、グループ、およびコンテナに関する Novell eDirectory の設定
C.3. グローバル Oracle VDI Center の LDAP フィルタおよび属性
C.3.1. グローバル Oracle VDI Center のデフォルトの LDAP フィルタおよび属性
C.3.2. グローバル Oracle VDI Center の Active Directory 設定
C.3.3. グローバル Oracle VDI Center に関する Oracle Directory Server Enterprise Edition の設定
D. リモートデータベースの構成
D.1. リモート MySQL データベース (InnoDB) のインストールと構成
D.2. 特権データベース管理者の作成
E. サードパーティーコンポーネントのライセンス
E.1. Apache Software Foundation のライセンス
E.2. Bouncy Castle のライセンス
E.3. EclipseLink のライセンス
E.4. Java Secure Channel (JSCH) for SSH2 のライセンス
E.5. Xerces のライセンス
用語集