Oracle® VM

Paravirtual Driversインストレーション・ガイドfor Microsoft Windows リリース3.2.3

オラクル社の法律上の注意点

B71929-06(原本部品番号:E35335-09)

2015年8月

概要

ドキュメント作成日: 2015-08-17 (改訂: 4879)


目次

はじめに
1 対象読者
2 関連ドキュメント
3 コマンド構文
4 表記規則
1 Oracle VM Paravirtual Drivers for Microsoft Windowsの概要
1.1 Oracle VM Paravirtual Drivers for Microsoft Windowsの概要
1.2 Oracle VM Paravirtual Drivers for Microsoft Windowsがサポートされているリリース
1.3 サポートされているゲスト・オペレーティング・システム
1.4 Microsoft Windows互換性の署名
1.5 構成における制限事項
2 新機能
2.1 Oracle VM Paravirtual Drivers for Microsoft Windowsリリース3.2.3の新機能
2.2 Oracle VM Paravirtual Drivers for Microsoft Windowsリリース3.2.2の新機能
2.3 Oracle VM Paravirtual Drivers for Microsoft Windowsリリース3.0.1の新機能
3 Oracle VM Paravirtual Drivers for Microsoft Windowsのインストール
3.1 デバイスのインストールに関するポリシーの構成
3.2 Oracle VM Paravirtual Drivers for Microsoft Windowsのインストール
3.3 サイレント・インストールの実行
3.4 Oracle VM Paravirtual Drivers for Microsoft Windowsのインストールの検証
3.5 仮想マシンのMTUサイズの設定
4 既知の制限とその回避策
4.1 署名されていないドライバに対するセキュリティ・アラート
4.2 Microsoft Windows 32ビットでのアップグレード
4.3 Windowsゲストでのカーネル・パニック
4.4 新しいハードウェアの検出ウィザードが表示される
4.5 クラッシュ・ダンプまたはハイバネーションが失敗する
用語集