ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

AUDIT_SYS_OPERATIONS

特性 説明
パラメータ・タイプ ブール
デフォルト値 false
変更可能 いいえ
値の範囲 true | false
基本 いいえ


注意:

統合監査に移行されたOracle Databaseでは、このパラメータの設定は無効です。
  • 統合監査の詳細は、『Oracle Databaseセキュリティ・ガイド』を参照してください。

  • 統合監査への移行の詳細は、『Oracle Databaseアップグレード・ガイド』を参照してください。


AUDIT_SYS_OPERATIONSは、トップレベルの操作(SYSASMSYSBACKUPSYSDBASYSDGSYSKMまたはSYSOPER権限で接続しているユーザーによって直接発行されたSQL文)の監査を有効または無効にします。(PL/SQLプロシージャ内またはファンクション内から実行されるSQL文は、トップレベルとはみなされません。)監査レコードは、オペレーティング・システムの監査証跡に書き込まれます。AUDIT_TRAIL初期化パラメータがxmlまたはxml, extendedに設定されている場合は監査レコードがXML形式で書き込まれます。

UNIXプラットフォームでは、AUDIT_SYSLOG_LEVELパラメータも設定されている場合、AUDIT_TRAILパラメータがオーバーライドされます。また、SYS監査レコードがSYSLOGユーティリティを使用してシステム監査ログに書き込まれます。

CDBでは、この初期化パラメータの設定の範囲はCDBです。CDBではPDBごとに監査証跡が提供されますが、この初期化パラメータは個別のPDBに対して構成できません。