ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

DB_BLOCK_SIZE

特性 説明
パラメータ・タイプ 整数
デフォルト値 8192
変更可能 いいえ
値の範囲 2048から32768。ただし、オペレーティング・システムによっては、さらに範囲が狭い場合がある。
基本 はい
Oracle RAC すべてのインスタンスに、このパラメータを設定する必要がある。また、複数インスタンスには、同じ値を指定する必要がある。


注意:

このパラメータはデータベース作成時に設定します。データベース作成後は変更しないでください。

DB_BLOCK_SIZEには、Oracle Databaseのブロック・サイズ(バイト)を指定します。通常、値は4096または8192です。このパラメータの値は、デバイス・レベルでの物理ブロック・サイズの倍数である必要があります。

データベースを作成した時点で有効なDB_BLOCK_SIZEの値によって、ブロック・サイズが判断されます。値は、初期値に設定しておく必要があります。

Oracle Real Application Clustersを使用している場合、このパラメータは、表および索引のFREELISTS記憶域パラメータの最大値に影響します。Oracleでは、空きリスト・グループごとに1つのデータベース・ブロックを使用します。意思決定支援システム(DSS)およびデータ・ウェアハウスのデータベース環境では、ブロック・サイズ値が大きいほど、より高いパフォーマンスを得られます。


注意:

64ビットのオペレーティング・システムがサポートするDB_BLOCK_SIZEの最大値は32768です。


関連項目:

  • このパラメータの設定の詳細は、『Oracle Database管理者ガイド』を参照してください。

  • 空きリスト・グループの詳細は、『Oracle Database SQL言語リファレンス』を参照してください。