ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

LICENSE_MAX_SESSIONS

特性 説明
パラメータ・タイプ 整数
デフォルト値 0
変更可能 ALTER SYSTEM
値の範囲 0からセッション・ライセンスの数
基本 いいえ
Oracle RAC 複数インスタンスには、異なる値を指定可能。ただし、データベースをマウントするすべてのインスタンスの合計は、そのデータベースにライセンス付与されたセッションの総数以下にする必要がある。


注意:

Oracleでは、同時セッションの数によるライセンス提供がなくなりました。したがって、LICENSE_MAX_SESSIONSおよびLICENSE_SESSIONS_WARNING初期化パラメータは非推奨になりました。

LICENSE_MAX_SESSIONSには、同時ユーザー・セッションの最大数を指定します。最大数に達すると、RESTRICTED SESSION権限を持つユーザーのみがデータベースに接続できます。接続できないユーザーは、システムが最大容量に達していることを示す警告メッセージを受け取ります。

0の値は、同時使用(セッション)ライセンス付与が規程されないことを示します。このパラメータに0以外の値を設定すると、LICENSE_SESSIONS_WARNINGを設定することもできます(「LICENSE_SESSIONS_WARNING」を参照)。

同時使用ライセンス付与およびユーザー・ライセンス付与の両方を使用可能にしないでください。LICENSE_MAX_SESSIONSまたはLICENSE_MAX_USERSを0に設定してください。


関連項目:

このパラメータの詳細は、『Oracle Database管理者ガイド』を参照してください。