ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

NLS_CALENDAR

特性 説明
パラメータ・タイプ 文字列
構文 NLS_CALENDAR = "calendar_system"
デフォルト値 なし。暗黙的にGREGORIANを示す。
変更可能 ALTER SESSION
値の範囲 有効なカレンダ書式名
基本 いいえ

NLS_CALENDARには、Oracleが使用する暦法を指定します。次の値のうち1つを取ることができます。

たとえば、NLS_CALENDARが「Japanese Imperial」に設定され、日付書式が「E YY-MM-DD」であるとします。(「E」は、省略された元号名に対するの日付書式要素です。)日付が1997年5月15日の場合、SYSDATEは次のように表示されます。

SELECT SYSDATE FROM DUAL;
SYSDATE
--------
H 09-05-15

注意:

この初期化パラメータNLS_CALENDERの値は、このパラメータのセッション値の初期化に使用され、SQL問合せの処理で参照される実際の値です。初期化パラメータが指定されていない場合、初期セッション値はGREGORIANとなります。クライアントがOCIベースで、NLS_LANGのクライアント設定(環境変数)が定義されている場合、この初期値はクライアント側の値でオーバーライドされます。


関連項目:

使用可能な暦法のリストは、『Oracle Databaseグローバリゼーション・サポート・ガイド』を参照してください。