ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

USER_DUMP_DEST

特性 説明
パラメータ・タイプ 文字列
構文 USER_DUMP_DEST = { pathname | directory }
デフォルト値 オペレーティング・システムによって異なる。
変更可能 ALTER SYSTEM
値の範囲 有効なローカル・パス、ディレクトリまたはディスク
基本 いいえ


注意:

USER_DUMP_DEST初期化パラメータは非推奨です。

USER_DUMP_DESTには、ユーザー・プロセスのかわりに、サーバーがデバッグ・トレース・ファイルを書き込むディレクトリのパス名を指定します。

たとえば、このディレクトリを次のように設定できます。


注意:

このパラメータは、Oracle Database 11gリリース1 (11.1)に導入された診断機能インフラストラクチャによって無視されます。この診断機能インフラストラクチャでは、DIAGNOSTIC_DEST初期化パラメータによって制御される場所にトレース・ファイルおよびコア・ファイルが配置されます。


関連項目:

  • トレース・ファイルの使用の詳細は、『Oracle Database SQLチューニング・ガイド』を参照してください。

  • 値の範囲については、オペレーティング・システム固有のOracleマニュアルを参照してください。