ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

AUDIT_SYSLOG_LEVEL

特性 説明
パラメータ・タイプ 文字列
構文 AUDIT_SYSLOG_LEVEL = 'facility_clause.priority_clause'
facility_clause::=

{ USER | LOCAL[0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7] | SYSLOG | DAEMON | KERN | MAIL | AUTH | LPR | NEWS | UUCP | CRON }

priority_clause::=

{ NOTICE | INFO | DEBUG | WARNING | ERR | CRIT | ALERT | EMERG }

デフォルト値 デフォルト値はありません。
変更可能 いいえ
基本 いいえ
AUDIT_SYSLOG_LEVEL = 'KERN.EMERG';
AUDIT_SYSLOG_LEVEL = 'LOCAL1.WARNING';


注意:

統合監査に移行されたOracle Databaseでは、このパラメータの設定は無効です。
  • 統合監査の詳細は、『Oracle Databaseセキュリティ・ガイド』を参照してください。

  • 統合監査への移行の詳細は、『Oracle Databaseアップグレード・ガイド』を参照してください。


AUDIT_SYSLOG_LEVELを使用すると、SYSLOGユーティリティを使用して、SYSおよび標準OS監査レコードをシステム監査ログに書き込むことができます。

このパラメータを使用する場合は、syslog.conf内の機能と優先順位のあらゆる組合せに対応するファイル(特にKERN.EMERG)を指定するようにお薦めします。デフォルトのsyslog.confファイルでは、コンソールに出力するように指定されている場合もあります。これはわずらわしくなる場合があり、監査ログとしては役に立ちません。また、このパラメータを使用する場合、システム内のsyslogメッセージの最大長を512バイトに設定することをお薦めします。


関連項目:

syslog監査の構成の詳細は、『Oracle Databaseセキュリティ・ガイド』を参照してください。

AUDIT_SYSLOG_LEVELが設定されており、SYS監査が可能な場合(AUDIT_SYS_OPERATIONS = TRUE)、SYS監査レコードがシステム監査ログに書き込まれます。AUDIT_SYSLOG_LEVELが設定され、標準の監査レコードがオペレーティング・システムに送付される場合(AUDIT_TRAIL = os)、標準の監査レコードがシステム監査ログに書き込まれます。

CDBでは、この初期化パラメータの設定の範囲はCDBです。CDBではPDBごとに監査証跡が提供されますが、この初期化パラメータは個別のPDBに対して構成できません。