ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

CONNECTION_BROKERS

特性 説明
パラメータ・タイプ 文字列
構文 CONNECTION_BROKERS = broker_description[,...]

broker_description::=

((type_clause)(brokers_clause)[(broker_options)])


type_clause::=

TYPE={ DEDICATED | POOLED }

ブローカ・タイプを示す。これは必須パラメータです。


brokers_clause::=

BROKERS=integer

指定されたタイプのブローカの数を示す。これは必須パラメータです。指定する整数値は0以上である必要がある。0に設定した場合、ブローカは新しい接続を受け入れないが、既存の接続は通常どおり続行される。


broker_options::=

CONNECTIONS=integer

ブローカ当たりの最大接続数。これは、オプションのパラメータです。指定した整数値がプラットフォームで許容されている最大数を超えている場合、プラットフォームで許容されている最大数が使用される。

デフォルト値 この初期化パラメータのデフォルト値にはDEDICATEDブローカ・タイプが含まれる。特定のタイプのブローカは、特定の機能が使用可能である場合のみに起動されるため、その構成はブローカが必要とされる場合のみ適用される。
変更可能 ALTER SYSTEM
基本 いいえ
Oracle RAC すべてのインスタンスで同じ値を設定する必要がある。

CONNECTION_BROKERSは、接続ブローカ・タイプ、各タイプの接続ブローカ数およびブローカ当たりの最大接続数の指定に使用されます。

接続ブローカは、次の場合に使用されます。

リストの変更を容易にするために、個別のエントリにはTYPEを使用して索引が付けられ、リスト全体を再指定する必要がなくなります。たとえば、DEDICATEDブローカの数を調節するには、次のように指定します。

alter system set connection_brokers = '((TYPE=DEDICATED)(BROKERS=2))'