ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

THREADED_EXECUTION

特性 説明
パラメータ・タイプ ブール
デフォルト値 false
変更可能 いいえ
値の範囲 true | false
基本 いいえ
Oracle RAC 指定する場合は、すべてのインスタンスが同じ値を使用する必要がある。

THREADED_EXECUTIONには、マルチスレッドのOracleモデルを使用可能にするかどうかを指定します。Oracle Database 12cからは、マルチスレッドのOracleモデルによってUNIXおよびLinux上のOracleプロセスが独立したアドレス領域上でオペレーティング・システム・スレッドとして実行可能となります。

デフォルトでは、UNIXおよびLinux上の一部のバックグラウンド・プロセスでは常にスレッド化された実行が使用され、残りのOracleプロセスはオペレーティング・プロセスとして実行されます。したがって、Oracleプロセスは、必ずしもオペレーティング・システム・プロセスと同等ではありません。


注意:

この初期化パラメータがTRUEに設定された場合、マルチスレッドのOracleモデルが使用可能となり、オペレーティング・システム認証はサポートされません。この初期化パラメータがTRUEに設定されている場合にオペレーティング・システム認証を使用してデータベースに接続しようとすると(たとえば、CONNECT / AS SYSDBAまたはCONNECT / )、「ORA-01031 権限が不足しています」エラーが返されます。

このエラーの解決策は、データベースへの接続時は常にパスワードを使用することです。

また、この初期化パラメータがTRUEに設定されている場合は、DEDICATED_THROUGH_BROKER_listener-name=ONパラメータをlistener.oraファイルに追加する必要があります(ここでlistener-nameはデータベース・リスナーの名前)。これにより、リスナーからデータベースへの接続が要求された場合に、サーバーはスレッドを起動できるようになります。



関連項目:

  • マルチスレッドOracleの詳細は、『Oracle Database概要』を参照してください。

  • マルチスレッドOracleが使用可能な場合にオペレーティング・システム・プロセスではなくスレッドとして実行されるバックグラウンド・プロセスの詳細は、表F-1「バックグラウンド・プロセス」を参照してください。

  • listener.oraファイル内のDEDICATED_THROUGH_BROKER_listener-nameパラメータの詳細は、『Oracle Database Net Servicesリファレンス』を参照してください。