ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

HEAT_MAP

特性 説明
パラメータ・タイプ 文字列
構文 HEAT_MAP = { ON | OFF }
デフォルト値 OFF
変更可能 ALTER SESSIONALTER SYSTEM
基本 いいえ
Oracle RAC 指定する場合は、すべてのインスタンスで同じ値を使用する。

HEAT_MAP初期化パラメータをONに設定すると、DMLおよびDDLによる、データベース・ブロックの変更だけでなく、すべてのセグメントの読取りおよび書込みアクセスをデータベースが追跡するようになります。アクティビティは、SYSTEMおよびSYSAUX表領域のオブジェクトについては追跡されません。

この初期化パラメータを使用して、ヒート・マップおよび自動データ最適化(ADO)機能の両方を有効たは無効にします。


関連項目:

  • ヒート・マップ機能の有効化または無効化の詳細は、『Oracle Database VLDBおよびパーティショニング・ガイド』を参照してください。

  • ヒート・マップ追跡機能の詳細は、『Oracle Database VLDBおよびパーティショニング・ガイド』を参照してください。