ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

ALL_APPLY_INSTANTIATED_OBJECTS

ALL_APPLY_INSTANTIATED_OBJECTSは、インスタンス化SCNが設定されている、現行のユーザーがアクセス可能なオブジェクトに関する情報を示します。

関連ビュー

DBA_APPLY_INSTANTIATED_OBJECTSは、インスタンス化SCNが設定されているオブジェクトに関する情報を示します。

データ型 NULL 説明
SOURCE_DATABASE VARCHAR2(128) NOT NULL オブジェクトが出されたデータベースの名前
SOURCE_OBJECT_OWNER VARCHAR2(128) NOT NULL ソース・データベースでのオブジェクトの所有者
SOURCE_OBJECT_NAME VARCHAR2(128) NOT NULL ソース・データベースでのオブジェクトの名前
SOURCE_OBJECT_TYPE VARCHAR2(11) ソース・データベースでのオブジェクトの型
INSTANTIATION_SCN NUMBER オブジェクトのインスタンス化SCN。このSCNより後にコミットされた変更のみが、適用プロセスにより適用される。
IGNORE_SCN NUMBER インスタンス化SCNを設定できる下限SCN。この値は、オブジェクトがインスタンス化のために準備された時点でのソース・データベースのSCN値に相当します。
APPLY_DATABASE_LINK VARCHAR2(128) 変更が適用されるデータベース・リンク。NULLの場合、変更はローカル・データベースに適用される。
SOURCE_ROOT_NAME VARCHAR2(128)
ソース・ルート・データベースのグローバル名