ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

ALL_APPLY_PROGRESS

ALL_APPLY_PROGRESSは、現行のユーザーがアクセスできるキューからイベントをデキューする適用プロセスの進捗に関する情報を示します。このビューには、取得されたイベントに関する情報のみが含まれます。ユーザーによりエンキューされたイベントに関する情報は含まれません。

関連ビュー

DBA_APPLY_PROGRESSは、データベース内のすべての適用プロセスによる進捗情報を示します。

データ型 NULL 説明
APPLY_NAME VARCHAR2(128) NOT NULL 適用プロセスの名前。
SOURCE_DATABASE VARCHAR2(128) NOT NULL 適用プロセスによって適用された変更のソース・データベースのグローバル名
APPLIED_MESSAGE_NUMBER NUMBER NOT NULL すべてのトランザクションが限定的に適用された最後のメッセージ番号。この値は、適用プロセスの最低水位標である。つまり、このメッセージ番号以下のコミット・メッセージ番号を持つメッセージは限定的に適用されているが、これより大きいコミット・メッセージ番号を持つ一部のメッセージも適用されている場合がある。
OLDEST_MESSAGE_NUMBER NUMBER NOT NULL 現在デキューされ適用されているトランザクションの最も早いメッセージ番号
APPLY_TIME DATE APPLIED_MESSAGE_NUMBER列に表示されたメッセージ番号を持つメッセージが適用された時刻
APPLIED_MESSAGE_CREATE_TIME DATE APPLIED_MESSAGE_NUMBER列に表示されたメッセージ番号を持つメッセージのソース・データベース内での作成時刻
OLDEST_TRANSACTION_ID VARCHAR2(128) 最も古い対象トランザクションID。(長時間実行または大きなトランザクションの検出に有効)
SPILL_MESSAGE_NUMBER NUMBER 最低水位標の収容。低SCNのすべてのメッセージは適用されるか、またはディスクに収容される(メッセージはStreamsキューからデキューされ、取得によって低SCNのすべての論理変更レコード(LCR)が再送信される必要はない)。収容されたメッセージは適用されていない可能性がある。
SOURCE_ROOT_NAME VARCHAR2(128)
ソース・ルート・データベースのグローバル名


関連項目:

「DBA_APPLY_PROGRESS」