ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

ALL_DEF_AUDIT_OPTS

ALL_DEF_AUDIT_OPTSは、オブジェクトが作成されるときに適用されるデフォルトのオブジェクト監査オプションを含みます。各列の出力形式は、次のいずれかです。


注意:

このビューは、統合監査が使用可能でないOracle Databaseでのみ移入されます。Oracle Databaseで統合監査が使用可能な場合、監査レコードは新しい監査証跡に移入され、UNIFIED_AUDIT_TRAILから表示できます。
  • 統合監査の詳細は、『Oracle Databaseセキュリティ・ガイド』を参照してください。

  • 統合監査への移行の詳細は、『Oracle Databaseアップグレード・ガイド』を参照してください。


データ型 NULL 説明
ALT VARCHAR2(3)
ALTER WHENEVER SUCCESSFUL / UNSUCCESSFULの監査
AUD VARCHAR2(3)
AUDIT WHENEVER SUCCESSFUL / UNSUCCESSFULの監査
COM VARCHAR2(3)
COMMENT WHENEVER SUCCESSFUL / UNSUCCESSFULの監査
DEL VARCHAR2(3)
DELETE WHENEVER SUCCESSFUL / UNSUCCESSFULの監査
GRA VARCHAR2(3)
GRANT WHENEVER SUCCESSFUL / UNSUCCESSFULの監査
IND VARCHAR2(3)
INDEX WHENEVER SUCCESSFUL / UNSUCCESSFULの監査
INS VARCHAR2(3)
INSERT WHENEVER SUCCESSFUL / UNSUCCESSFULの監査
LOC VARCHAR2(3)
LOCK WHENEVER SUCCESSFUL / UNSUCCESSFULの監査
REN VARCHAR2(3)
RENAME WHENEVER SUCCESSFUL / UNSUCCESSFULの監査
SEL VARCHAR2(3)
SELECT WHENEVER SUCCESSFUL / UNSUCCESSFULの監査
UPD VARCHAR2(3)
UPDATE WHENEVER SUCCESSFUL / UNSUCCESSFULの監査
REF CHAR(3)
この列は廃止されたが、旧バージョンとの互換性を保つために残されている。この列の値は常に-/-
EXE VARCHAR2(3)
EXECUTE WHENEVER SUCCESSFUL / UNSUCCESSFULの監査
FBK VARCHAR2(3)
FLASHBACK WHENEVER SUCCESSFUL / UNSUCCESSFULの監査
REA VARCHAR2(3)
READ WHENEVER SUCCESSFUL / UNSUCCESSFULの監査