ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

ALL_LIBRARIES

ALL_LIBRARIESは、現行のユーザーがアクセスできるライブラリを示します。

関連ビュー

データ型 NULL 説明
OWNER VARCHAR2(128) NOT NULL ライブラリの所有者
LIBRARY_NAME VARCHAR2(128) NOT NULL ライブラリ名
FILE_SPEC VARCHAR2(2000) オペレーティング・システム・ファイル上のライブラリ名
DYNAMIC VARCHAR2(1) ライブラリが動的にロード可能かどうか(Y | N)
STATUS VARCHAR2(7) ライブラリのステータス:
  • N/A

  • VALID

  • INVALID

AGENT VARCHAR2(128)
ライブラリのエージェント
LEAF_FILENAME VARCHAR2(2000)
ライブラリのリーフ・ファイル名
ORIGIN_CON_ID VARCHAR2(256)
データの発生元のコンテナのID。可能な値は次のとおり。
  • 0: この値は、非CDB内の行に使用される。この値はCDBには使用されない。

  • n: この値は、コンテナID n (行の発生元がルートの場合はn = 1)のコンテナを発生元とするデータを含む行に対して使用される。