ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

ALL_LOB_SUBPARTITIONS

ALL_LOB_SUBPARTITIONSは、現行のユーザーがアクセスできるLOBデータ・サブパーティションのパーティション・レベルの属性を示します。

関連ビュー

データ型 NULL 説明
TABLE_OWNER VARCHAR2(128) NOT NULL 表の所有者。
TABLE_NAME VARCHAR2(128) NOT NULL 表の名前。
COLUMN_NAME VARCHAR2(4000)
LOB列名
LOB_NAME VARCHAR2(128) NOT NULL パーティションLOB項目名
LOB_PARTITION_NAME VARCHAR2(128)
LOBデータ・サブパーティションが属するLOBデータ・パーティション名
SUBPARTITION_NAME VARCHAR2(128)
LOBサブパーティションが対応する表サブパーティション名
LOB_SUBPARTITION_NAME VARCHAR2(128)
LOBサブパーティション名
LOB_INDSUBPART_NAME VARCHAR2(128)
対応するLOB索引サブパーティション名
SUBPARTITION_POSITION NUMBER
LOB項目内のLOBデータ・パーティションの位置
CHUNK NUMBER
LOBデータ・パーティションのCHUNK属性の値
PCTVERSION NUMBER NOT NULL LOBデータ・パーティションのPCTVERSION属性の値
CACHE VARCHAR2(10)
LOBデータがバッファ・キャッシュにキャッシュされるかどうか、またその方法:
  • YES - LOBデータがバッファ・キャッシュに配置される

  • NO - LOBデータがバッファ・キャッシュに配置されないか、またはバッファ・キャッシュに入れられ、LRUリストの最後に最低使用頻度として追加される

  • CACHEREADS - LOBデータは、読取り操作時のみバッファ・キャッシュに配置されるが、書込み操作時には配置されない

IN_ROW VARCHAR2(3)
STORAGE IN ROW属性がLOBデータ・パーティションに設定されているかどうか(YES | NO)
TABLESPACE_NAME VARCHAR2(30) NOT NULL LOBデータ・パーティションが設定されている表領域の名前
INITIAL_EXTENT VARCHAR2(40)
LOBデータ・パーティションの初期エクステントのバイト単位のサイズ
NEXT_EXTENT VARCHAR2(40)
LOBデータ・パーティションのセカンダリ・エクステントのバイト単位のサイズ
MIN_EXTENTS VARCHAR2(40) NOT NULL LOBデータ・パーティションのセグメント内で使用できるエクステントの最小数
MAX_EXTENTS VARCHAR2(40) NOT NULL LOBデータ・パーティションのセグメント内で使用できるエクステントの最大数
MAX_SIZE VARCHAR2(40) LOBデータ・パーティションのセグメント内で使用できるブロックの最大数
RETENTION VARCHAR2(7) 保存オプション

SecureFilesセグメントの場合に可能な値:

  • NONE

  • AUTO

  • MIN

  • MAX

  • DEFAULT

  • INVALID

BasicFilesセグメントの場合に可能な値:

  • YES

  • NO

MINRETENTION VARCHAR2(40) SecureFilesセグメント用の最小保存期間
PCT_INCREASE VARCHAR2(40)
LOBデータ・パーティションのエクステント・サイズの増加の割合
FREELISTS VARCHAR2(40)
LOBデータ・パーティションのセグメントに割り当てられたプロセス空きリストの数
FREELIST_GROUPS VARCHAR2(40)
LOBデータ・パーティションのセグメントに割り当てられた空きリスト・グループの数
LOGGING VARCHAR2(3)
LOBへの変更がロギングされるかどうか
  • YES

  • NO

BUFFER_POOL VARCHAR2(7)
LOBデータ・パーティション・ブロックに使用されるバッファ・プール
  • DEFAULT

  • KEEP

  • RECYCLE

  • NULL

FLASH_CACHE VARCHAR2(7) サブパーティション・ブロックに対して使用されるデータベース・スマート・フラッシュ・キャッシュ・ヒント:
  • DEFAULT

  • KEEP

  • NONE

Solaris機能およびOracle Linux機能のみ。

CELL_FLASH_CACHE VARCHAR2(7) サブパーティション・ブロックに対して使用されるセル・フラッシュ・キャッシュ・ヒント:
  • DEFAULT

  • KEEP

  • NONE

関連項目: 詳細は、Oracle Exadata Storage Serverのソフトウェアのマニュアルを参照。

ENCRYPT VARCHAR2(4)
LOBが暗号化されているかどうか。

SecureFilesの場合に可能な値:

  • YES

  • NO

BasicFilesの場合に可能な値:

  • NONE - 適用できない

COMPRESSION VARCHAR2(6)
このLOBに対して使用されている圧縮のレベル。

SecureFilesの場合に可能な値:

  • LOW

  • MEDIUM

  • HIGH

  • NO - 圧縮がオフ

BasicFilesの場合に可能な値:

  • NONE - 適用できない

DEDUPLICATION VARCHAR2(15)
このLOBに対して使用されている複製解除の種類。

SecureFilesの場合に可能な値:

  • LOB - 非複製

  • NO - 複製を保持

BasicFilesの場合に可能な値:

  • NONE - 適用できない

SECUREFILE VARCHAR2(3) LOBがSecureFilesであるかどうか(YES | NO)
SEGMENT_CREATED VARCHAR2(3) LOBサブパーティション・セグメントが作成されているかどうか(YES | NO)。N/Aは、LOBがサブパーティション化されていないことを示す。