ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

ALL_MVIEW_LOGS

ALL_MVIEW_LOGSは、現行のユーザーがアクセスできるマテリアライズド・ビュー・ログをすべて示します。

関連ビュー

データ型 NULL 説明
LOG_OWNER VARCHAR2(128) マテリアライズド・ビュー・ログの所有者
MASTER VARCHAR2(128) 変更がロギングされるマスター表またはマスター・マテリアライズド・ビューの名前
LOG_TABLE VARCHAR2(128) マスター表またはマスター・マテリアライズド・ビューへの変更が記録される表の名前
LOG_TRIGGER VARCHAR2(128) Oracle8i以上では廃止。NULLが設定される。以前は、このパラメータをログに行を挿入したマスターのAFTER行トリガーとして使用。
ROWIDS VARCHAR2(3) ROWID情報を記録するかどうか(YES | NO)
PRIMARY_KEY VARCHAR2(3) 主キー情報を記録するかどうか(YES | NO)
OBJECT_ID VARCHAR2(3) オブジェクト表にオブジェクト識別子情報を記録するかどうか(YES | NO)
FILTER_COLUMNS VARCHAR2(3) フィルタ列情報を記録するかどうか(YES | NO)
SEQUENCE VARCHAR2(3) 追加の順序付け情報を提供する順序値を記録するかどうか(YES | NO)
INCLUDE_NEW_VALUES VARCHAR2(3) 新旧両方の値を記録する(YES)か、古い値を記録して新しい値は記録しない(NO)か
PURGE_ASYNCHRONOUS VARCHAR2(3) マテリアライズド・ビュー・ログが非同期的に消去されるかどうか(YES | NO)
PURGE_DEFERRED VARCHAR2(3) マテリアライズド・ビュー・ログが遅延方式で消去されるかどうか(YES | NO)
PURGE_START DATE 遅延消去の場合、消去が開始された日付
PURGE_INTERVAL VARCHAR2(200) 遅延消去の場合、消去の間隔
LAST_PURGE_DATE DATE 前回の消去が実行された日付
LAST_PURGE_STATUS NUMBER 前回の消去の状態(エラー・コード、または正常終了を示す0)
NUM_ROWS_PURGED NUMBER 前回の消去で消去された行数
COMMIT_SCN_BASED VARCHAR2(3) マテリアライズド・ビュー・ログがコミットSCNベースかどうか(YES | NO)
STAGING_LOG VARCHAR2(3)
マテリアライズド・ビュー・ログが、同期リフレッシュのステージング・ログであるかどうか(YES | NO)