ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

ALL_QUEUES

ALL_QUEUESは、現行のユーザーにエンキュー権限またはデキュー権限があるキューをすべて示します。ユーザーにMANAGE ANY QUEUEENQUEUE ANY QUEUEまたはDEQUEUE ANY QUEUEなどのアドバンスト・キューイング・システム権限がある場合、このビューには、データベース内のすべてのキューが表示されます。

関連ビュー

データ型 NULL 説明
OWNER VARCHAR2(128) NOT NULL キューの所有者
NAME VARCHAR2(128) NOT NULL キューの名前
QUEUE_TABLE VARCHAR2(128) NOT NULL キュー・データがある表の名前
QID NUMBER NOT NULL キューのオブジェクト番号
QUEUE_TYPE VARCHAR2(20)
キューのタイプ
  • EXCEPTION_QUEUE

  • NON_PERSISTENT_QUEUE

  • NORMAL_QUEUE

MAX_RETRIES NUMBER
キューからデキューする場合の再試行の最大数
RETRY_DELAY NUMBER
再試行間の時間間隔
ENQUEUE_ENABLED VARCHAR2(7)
キューがエンキューに使用可能かどうか(YES | NO)
DEQUEUE_ENABLED VARCHAR2(7)
キューがデキューに使用可能かどうか(YES | NO)
RETENTION VARCHAR2(40)
処理されたメッセージがキューに保持される時間間隔(秒)、またはFOREVER
USER_COMMENT VARCHAR2(50)
ユーザー指定のコメント
NETWORK_NAME VARCHAR2(512) ネットワーク名
SHARDED VARCHAR2(5)
キューがシャード化されている場合にはTRUE、それ以外の場合にはFALSE


関連項目:

  • 「DBA_QUEUES」

  • 「USER_QUEUES」

  • アドバンスト・キューイングの詳細は、『Oracle Databaseアドバンスト・キューイング・ユーザーズ・ガイド』を参照してください。