ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

ALL_IND_STATISTICS

ALL_IND_STATISTICSは、DBMS_STATSパッケージを使用して収集された、現行のユーザーがアクセスできる表の索引についてのオプティマイザ統計を示します。

関連ビュー

データ型 NULL 説明
OWNER VARCHAR2(128) 索引の所有者
INDEX_NAME VARCHAR2(128) 索引の名前。
TABLE_OWNER VARCHAR2(128)
索引付きオブジェクトの所有者
TABLE_NAME VARCHAR2(128)
索引付きオブジェクトの名前
PARTITION_NAME VARCHAR2(128) パーティションの名前。
PARTITION_POSITION NUMBER 索引内のパーティションの位置
SUBPARTITION_NAME VARCHAR2(128) サブパーティション名
SUBPARTITION_POSITION NUMBER パーティション内のサブパーティション位置
OBJECT_TYPE VARCHAR2(12) オブジェクトのタイプ:
  • INDEX

  • PARTITION

  • SUBPARTITION

BLEVEL NUMBER Bツリー・レベル
LEAF_BLOCKS NUMBER 索引内のリーフ・ブロックの数
DISTINCT_KEYS NUMBER 索引内の固有のキーの数
AVG_LEAF_BLOCKS_PER_KEY NUMBER 各キーに対するリーフ・ブロックの平均数
AVG_DATA_BLOCKS_PER_KEY NUMBER 各キーに対するデータ・ブロックの平均数
CLUSTERING_FACTOR NUMBER 表内の行数を索引の値に基づいて示します。
  • 値がブロック数に近い場合、表は高い秩序度を持つ。この場合、1つのリーフ・ブロック内の索引エントリは、同じデータ・ブロック内の行を指す。

  • 値が行数に近い場合、表はランダム。この場合、同じリーフ・ブロック内の索引エントリが同じデータ・ブロック内の行を指す可能性はほとんどない。

NUM_ROWS NUMBER 索引内の行数
AVG_CACHED_BLOCKS NUMBER バッファ・キャッシュ内のブロックの平均数
AVG_CACHE_HIT_RATIO NUMBER オブジェクトの平均キャッシュ・ヒット率
SAMPLE_SIZE NUMBER 索引の分析で使用されたサンプル・サイズ
LAST_ANALYZED DATE 索引が分析された最近の日付
GLOBAL_STATS VARCHAR2(3)
統計情報が、索引について収集されたものなのかどうか(YES | NO)。パーティション索引では、NOに設定されている場合、グローバル統計およびパーティション統計が、基礎となるパーティション統計とサブパーティション統計からそれぞれ見積もられることに注意。
USER_STATS VARCHAR2(3)
統計情報が、ユーザーによって直接入力されたか(YES)されていないか(NO)
STATTYPE_LOCKED VARCHAR2(5)
統計ロックのタイプ
STALE_STATS VARCHAR2(3)
オブジェクトの統計が失効しているかどうか
SCOPE VARCHAR2(7)
グローバル一時表以外の任意の表について収集された統計情報の場合、値はSHAREDとなる。

グローバル一時表の場合に可能な値:

  • SESSION - 統計情報がセッション固有であることを示す。

  • SHARED - 統計情報がすべてのセッションで共有されていることを示す。

DBMS_STATSパッケージのGLOBAL_TEMP_TABLE_STATSプリファレンスを使用して、グローバル一時表のセッション統計情報と共有統計情報のどちらを収集するかを制御する場合の詳細は、『Oracle Database PL/SQLパッケージおよびタイプ・リファレンス』を参照。



関連項目: