ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

ALL_SQLSET_STATEMENTS

ALL_SQLSET_STATEMENTSは、現行のユーザーがアクセスできるすべてのSQLチューニング・セットを形成するSQL文に関する情報を、その統計情報とともに示します。

関連ビュー

データ型 NULL 説明
SQLSET_NAME VARCHAR2(128) NOT NULL 文のSQLチューニング・セットの名前
SQLSET_OWNER VARCHAR2(128) SQLチューニング・セットの所有者のユーザー名
SQLSET_ID NUMBER NOT NULL 文のSQLチューニング・セットのID
CON_DBID NUMBER NOT NULL PDBのデータベースID
SQL_ID VARCHAR2(13) NOT NULL ライブラリ・キャッシュ内の親カーソルのSQL識別子
FORCE_MATCHING_SIGNATURE NUMBER NOT NULL CURSOR_SHARINGパラメータがFORCEに設定されたときに使用されるシグネチャ
SQL_TEXT CLOB CLOB列として公開されたSQL文の全テキスト
PARSING_SCHEMA_NAME VARCHAR2(128) 文が解析されたスキーマを所有するユーザーの名前
PLAN_HASH_VALUE NUMBER NOT NULL このレコード内の統計情報に対応するプランのハッシュ値
BIND_DATA RAW(2000)
バインド・データ
BINDS_CAPTURED CHAR(1)
取得されたバインド
MODULE VARCHAR2(64) SQL文の初回解析時に実行中であった(DBMS_APPLICATION_INFO.SET_MODULEをコールして設定した)モジュールの名前を含む
ACTION VARCHAR2(64) SQL文の初回解析時に実行中であった(DBMS_APPLICATION_INFO.SET_ACTIONをコールして設定した)アクションの名前を含む
ELAPSED_TIME NUMBER このカーソルが解析、実行およびフェッチのために使用する経過時間(マイクロ秒)
CPU_TIME NUMBER このカーソルが解析、実行およびフェッチのために使用するCPU時間(マイクロ秒)
BUFFER_GETS NUMBER この子カーソルに対するバッファ取得数
DISK_READS NUMBER この子カーソルに対するディスク読取り数
DIRECT_WRITES NUMBER この子カーソルに対する直接書込み数
ROWS_PROCESSED NUMBER 解析されたSQL文が戻す行数の合計
FETCHES NUMBER SQL文に関連するフェッチ数
EXECUTIONS NUMBER このオブジェクトがライブラリ・キャッシュに入れられた後で行われた実行数
END_OF_FETCH_COUNT NUMBER カーソルがライブラリ・キャッシュに入れられた後で、このカーソルが完全に実行された回数。カーソルが正常に実行されなかったか、カーソルがクローズまたは再実行される前にこのカーソルによって生成された先頭の数列のみフェッチされたため、カーソルが部分的に実行された場合、この統計の値は増分されない。END_OF_FETCH_COUNT列の値は、EXECUTIONS列の値以下に定義される。
OPTIMIZER_COST NUMBER オプティマイザによるこの問合せのコスト
OPTIMIZER_ENV RAW(2000) オプティマイザ環境
PRIORITY NUMBER ユーザー定義の優先順位
COMMAND_TYPE NUMBER Oracleコマンド・タイプ定義
FIRST_LOAD_TIME VARCHAR2(19) 親の作成時刻のタイムスタンプ
STAT_PERIOD NUMBER SQL文の統計情報が収集された時間(秒)
ACTIVE_STAT_PERIOD NUMBER SQL文がアクティブだった有効時間(秒)。
OTHER CLOB この文に対してユーザーが指定したクライアント・データ
PLAN_TIMESTAMP DATE このレコード内の統計情報に対応するプランのタイムスタンプ
SQL_SEQ NUMBER NOT NULL SQL順序


関連項目:

  • 「DBA_SQLSET_STATEMENTS」

  • 「USER_SQLSET_STATEMENTS」

  • DBMS_APPLICATION_INFO.SET_MODULEプロシージャの詳細は、『Oracle Database PL/SQLパッケージおよびタイプ・リファレンス』を参照してください。

  • DBMS_APPLICATION_INFO.SET_ACTIONプロシージャの詳細は、『Oracle Database PL/SQLパッケージおよびタイプ・リファレンス』を参照してください。