ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

ALL_IDENTIFIERS

ALL_IDENTIFIERSは、現行のユーザーがアクセスできるストアド・オブジェクトの識別子に関する情報を示します。

関連ビュー

データ型 NULL 説明
OWNER VARCHAR2(128) NOT NULL 識別子の所有者
NAME VARCHAR2(128) 識別子の名前
SIGNATURE VARCHAR2(32) 識別子のシグネチャ
TYPE VARCHAR2(18) 識別子のタイプ
OBJECT_NAME VARCHAR2(128) NOT NULL 識別子アクションが発生したオブジェクトの名前
OBJECT_TYPE VARCHAR2(13) 識別子アクションが発生したオブジェクトの型
USAGE VARCHAR2(11) 識別子の使用のタイプ:
  • DECLARATION

  • DEFINITION

  • CALL

  • REFERENCE

  • ASSIGNMENT

USAGE_ID NUMBER オブジェクト内で使用される識別子に対する一意のキー
LINE NUMBER 識別子アクションの行番号
COL NUMBER 識別子アクションの列番号
USAGE_CONTEXT_ID NUMBER 識別子の使用のコンテキストUSAGE_ID
ORIGIN_CON_ID VARCHAR2(256)
データの発生元のコンテナのID。可能な値は次のとおり。
  • 0: この値は、非CDB内の行に使用される。この値はCDBには使用されない。

  • n: この値は、コンテナID n (行の発生元がルートの場合はn = 1)のコンテナを発生元とするデータを含む行に対して使用される。