ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

ALL_CUBES

ALL_CUBESは、現行のユーザーがアクセスできるOLAPキューブを示します。

関連ビュー

データ型 NULL 説明
OWNER VARCHAR2(128) キューブの所有者
CUBE_NAME VARCHAR2(128) NOT NULL キューブの名前(UNITS_CUBEなど)
CUBE_ID NUMBER NOT NULL キューブのID
AW_NAME VARCHAR2(128) キューブを格納する分析作業領域の名前(GLOBALなど)
CONSISTENT_SOLVE_SPEC CLOB キューブのデフォルトの集計ルール
DESCRIPTION NVARCHAR2(300) セッション言語でのキューブの説明
SPARSE_TYPE VARCHAR2(200) OLAPキューブのスパーシティのタイプを示すテキスト値
PRECOMPUTE_CONDITION CLOB OLAPキューブの予備計算の条件を示す条件構文
PRECOMPUTE_PERCENT NUMBER データのメンテナンス中に算出され格納された集計データ値の割合。キューブがパーティション化されている場合、この割合は最下位パーティション用となります。
PRECOMPUTE_PERCENT_TOP NUMBER データのメンテナンス中に算出され格納された、最上位パーティション内の集計データ値の割合。
PARTITION_DIMENSION_NAME VARCHAR2(128) キューブのパーティション化に使用するディメンションの名前(TIMEなど)
PARTITION_HIERARCHY_NAME VARCHAR2(128) キューブのパーティション化に使用するディメンション階層の名前(CALENDARなど)
PARTITION_LEVEL_NAME VARCHAR2(128) キューブのパーティション化に使用するレベルの名前(QUARTERなど)
REFRESH_MVIEW_NAME VARCHAR2(200)
OLAPキューブのリフレッシュ・マテリアライズド・ビューの名前
REWRITE_MVIEW_NAME VARCHAR2(200)
OLAPキューブのリライト・マテリアライズド・ビューの名前
DEFAULT_BUILD_SPEC CLOB
OLAPキューブのデフォルトのビルド仕様
MEASURE_STORAGE VARCHAR2(200)
OLAPキューブのメジャー記憶域可能な値は次のとおり。
  • INDEPENDENT

  • SHARED

SQL_CUBE_STORAGE_TYPE CLOB
OLAPキューブのSQLキューブ記憶域タイプ。この値はSQLデータ型を表す。
CUBE_STORAGE_TYPE VARCHAR2(200)
OLAPキューブのキューブ記憶域タイプ。この値はDMLデータ型を表す。