ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

ALL_CUBE_DIMENSIONALITY

ALL_CUBE_DIMENSIONALITYは、現行のユーザーがアクセスできるOLAPキューブのディメンション順序を示します。

関連ビュー

データ型 NULL 説明
OWNER VARCHAR2(128) NOT NULL キューブの所有者
CUBE_NAME VARCHAR2(128) NOT NULL キューブの名前(UNITS_CUBEなど)
DIMENSION_NAME VARCHAR2(128) NOT NULL キューブのディメンションの名前(PRODUCTなど)
DIMENSIONALITY_NAME VARCHAR2(200)
キューブのディメンションの名前。たとえば、PRODUCTディメンションによってディメンション化されたキューブには、PRODUCT_DIMという名前の製品ディメンションを指定できる。
DIMENSIONALITY_ID NUMBER NOT NULL キューブ・ディメンションのID
ORDER_NUM NUMBER NOT NULL キューブのディメンションの順序番号
IS_SPARSE NUMBER ディメンションがキューブ内でスパースかどうか(1 | 0)
ET_ATTR_PREFIX VARCHAR2(200) 一意性を確保するためにマテリアライズド・ビューの列名に追加する接頭辞を指定します。キューブ内のいずれの次元にもET_ATTR_PREFIXを指定しなかった場合は、デフォルトでD1_D2_などのパターンになります。