ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

ALL_CUBE_DIMENSIONS

ALL_CUBE_DIMENSIONSは、現行のユーザーがアクセスできるOLAPキューブ・ディメンションを示します。

関連ビュー

データ型 NULL 説明
OWNER VARCHAR2(128) NOT NULL キューブ・ディメンションの所有者
DIMENSION_NAME VARCHAR2(128) NOT NULL キューブ・ディメンションの名前(TIMEなど)
DIMENSION_ID NUMBER NOT NULL キューブ・ディメンションのID
DIMENSION_TYPE VARCHAR2(17) OLAPキューブ・ディメンションのタイプ:
  • STANDARD

  • TIME

AW_NAME VARCHAR2(128) キューブ・ディメンションを格納する分析作業領域の名前(GLOBALなど)
DEFAULT_HIERARCHY_NAME VARCHAR2(128) キューブ・ディメンションのデフォルト階層の名前(FISCALなど)
DESCRIPTION NVARCHAR2(300) セッション言語でのキューブ・ディメンションの説明
HIERARCHY_CONSISTENCY_RULE VARCHAR2(200)
OLAPキューブ・ディメンションの階層一貫性ルール。可能な値は次のとおり。
  • CONSISTENT

  • STAR_CONSISTENT

  • SOLVE_CONSISTENT

ADD_UNIQUE_KEY_PREFIX VARCHAR2(3)
OLAPキューブ・ディメンションのAdd_Unique_Key_Prefixフラグ。可能な値は次のとおり。
  • YES: メタデータにAddUniqueKeyPrefix="True"が設定された場合には、この値を使用する。

    これにより、システムでレベル名接頭辞がディメンション・メンバーに追加される。このためには、New York (州)とNew York (都市)など、異なるレベル間で同じ値をディメンション・メンバーに設定できる必要がある。

  • NO: メタデータにAddUniqueKeyPrefix="True"が設定されなかった場合には、この値を使用する。

CUSTOM_ORDER CLOB
ディメンション・メンバーをAWにロードするために使用される、ソートのorderby句のテキスト表現