ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

ALL_CREDENTIALS

ALL_CREDENTIALSは、ユーザーが参照できるすべての資格証明を示します。

関連ビュー

データ型 NULL 説明
OWNER VARCHAR2(128) NOT NULL 資格証明の所有者
CREDENTIAL_NAME VARCHAR2(128) NOT NULL 資格証明の名前
USERNAME VARCHAR2(128) リモート・データベース、リモートまたはローカルのオペレーティング・システムにログインするときに使用するユーザー名
WINDOWS_DOMAIN VARCHAR2(30) Windowsターゲットに対してログイン時に使用するWindowsドメイン
COMMENTS VARCHAR2(240) 資格証明についてのコメント
ENABLED VARCHAR2(5) この資格証明が有効かどうか(TRUE | FALSE)


注意:

DBMS_CREDENTIALは、外部プロシージャの実行、リモート・ジョブまたは外部ジョブのDBMS_SCHEDULER、オペレーティング・システムでのファイルの格納または取得に使用できる資格証明を示します。

資格証明が無効の場合、資格証明を使用しようとする前述のアクションはすべて失敗します。



関連項目:

  • 「DBA_CREDENTIALS」

  • 「USER_CREDENTIALS」

  • DBMS_CREDENTIALパッケージの詳細は、『Oracle Database PL/SQLパッケージおよびタイプ・リファレンス』を参照してください。

  • DBMS_SCHEDULERパッケージの詳細は、『Oracle Database PL/SQLパッケージおよびタイプ・リファレンス』を参照してください。