ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

ALL_GG_INBOUND_PROGRESS

ALL_GG_INBOUND_PROGRESSは、現行のユーザーがアクセスできるGoldenGateインバウンド・サーバーによる進捗情報を示します。

関連ビュー

DBA_GG_INBOUND_PROGRESSは、データベース内のすべてのGoldenGateインバウンド・サーバーによる進捗情報を示します。

データ型 NULL 説明
SERVER_NAME VARCHAR2(128) NOT NULL インバウンド・サーバー名
PROCESSED_LOW_POSITION VARCHAR2(4000) 処理された下位トランザクションの位置
APPLIED_LOW_POSITION VARCHAR2(4000) この値より下位のコミット位置のすべてのメッセージが適用されている。
APPLIED_HIGH_POSITION VARCHAR2(4000) 適用されたトランザクションの最上位のコミット位置
SPILL_POSITION VARCHAR2(4000) 現在適用されているトランザクションの最低水位標の収容の位置
OLDEST_POSITION VARCHAR2(4000) 現在適用されているトランザクションの最も古い位置
APPLIED_LOW_SCN NUMBER NOT NULL この番号以下のすべてのSCNが正常に適用されている。
APPLIED_TIME DATE APPLIED_MESSAGE_NUMBERメッセージが適用された時刻
APPLIED_MESSAGE_CREATE_TIME DATE APPLIED_MESSAGE_NUMBERメッセージが作成された時刻
SOURCE_DATABASE VARCHAR2(128) トランザクションが開始されたデータベース
SOURCE_ROOT_NAME VARCHAR2(128) すべてのトランザクションの生成元であるソース・ルート・データベースのグローバル名