ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

DBA_AUDIT_SESSION

DBA_AUDIT_SESSIONは、CONNECTおよびDISCONNECTについての監査証跡レコードをすべて示します。


注意:

このビューは、統合監査が使用可能でないOracle Databaseでのみ移入されます。Oracle Databaseで統合監査が使用可能な場合、監査レコードは新しい監査証跡に移入され、UNIFIED_AUDIT_TRAILから表示できます。
  • 統合監査の詳細は、『Oracle Databaseセキュリティ・ガイド』を参照してください。

  • 統合監査への移行の詳細は、『Oracle Databaseアップグレード・ガイド』を参照してください。


関連ビュー

USER_AUDIT_SESSIONは、現行のユーザーについての接続および接続の切離しの監査証跡レコードを示します。

データ型 NULL 説明
OS_USERNAME VARCHAR2(255) 操作が監査対象となったユーザーのオペレーティング・システムでのログイン・ユーザー名
USERNAME VARCHAR2(128) 操作が監査対象となったユーザーの名前(ID番号ではない)
USERHOST VARCHAR2(128) クライアントのホスト・マシンの名前
TERMINAL VARCHAR2(255) ユーザーの端末の識別子
TIMESTAMP DATE ローカル・データベースのセッション・タイム・ゾーンでの監査証跡エントリの作成日時(AUDIT SESSIONで作成されたエントリに対するユーザー・ログインの日時)
ACTION_NAME VARCHAR2(28) DBA_AUDIT_TRAILACTION列の数値コードに対応する操作タイプの名前
LOGOFF_TIME DATE ユーザー・ログオフの日時
LOGOFF_LREAD NUMBER セッションの論理読取り
LOGOFF_PREAD NUMBER セッションの物理読取り
LOGOFF_LWRITE NUMBER セッションの論理書込み
LOGOFF_DLOCK VARCHAR2(40) セッション中に検出されたデッドロック
SESSIONID NUMBER NOT NULL 各Oracleセッションの数値ID
RETURNCODE NUMBER NOT NULL アクションによって生成されたOracleエラー・コード。有効な値の例は次のとおり。
  • 0 - 操作は成功

  • 2004 - セキュリティ違反

CLIENT_ID VARCHAR2(128) 各Oracleセッションでのクライアント識別子
SESSION_CPU NUMBER 各Oracleセッションで使用されたCPUタイム
EXTENDED_TIMESTAMP TIMESTAMP(6)WITH TIME ZONE UTC(協定世界時)タイム・ゾーンでの監査証跡エントリで作成されたタイムスタンプ(AUDIT SESSIONで作成されたエントリに対するユーザー・ログインのタイムスタンプ)
PROXY_SESSIONID NUMBER エンタープライズ・ユーザーがプロキシ機構を介してログインした場合の、プロキシ・セッションのシリアル番号
GLOBAL_UID VARCHAR2(32) ユーザーがエンタープライズ・ユーザーとしてログインした場合の、ユーザーのグローバル・ユーザー識別子。
INSTANCE_NUMBER NUMBER INSTANCE_NUMBER初期化パラメータによって指定されるインスタンス番号
OS_PROCESS VARCHAR2(16) Oracleプロセスのオペレーティング・システムのプロセス識別子


関連項目:

「USER_AUDIT_SESSION」