ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

DBA_OBJ_AUDIT_OPTS

DBA_OBJ_AUDIT_OPTSは、すべてのオブジェクトの監査オプションを示します。


注意:

このビューは、統合監査が使用可能でないOracle Databaseでのみ移入されます。Oracle Databaseで統合監査が使用可能な場合、監査レコードは新しい監査証跡に移入され、UNIFIED_AUDIT_TRAILから表示できます。
  • 統合監査の詳細は、『Oracle Databaseセキュリティ・ガイド』を参照してください。

  • 統合監査への移行の詳細は、『Oracle Databaseアップグレード・ガイド』を参照してください。


関連ビュー

USER_OBJ_AUDIT_OPTSは、現行のユーザーが所有するすべてのオブジェクトの監査オプションを示します。このビューは、OWNER列を表示しません。

データ型 NULL 説明
OWNER VARCHAR2(128)
オブジェクトの所有者
OBJECT_NAME VARCHAR2(128)
オブジェクト名。
OBJECT_TYPE VARCHAR2(23)
オブジェクトのタイプ
ALT VARCHAR2(3)
ALTER WHENEVER SUCCESSFUL / UNSUCCESSFULの監査
AUD VARCHAR2(3)
AUDIT WHENEVER SUCCESSFUL / UNSUCCESSFULの監査
COM VARCHAR2(3)
COMMENT WHENEVER SUCCESSFUL / UNSUCCESSFULの監査
DEL VARCHAR2(3)
DELETE WHENEVER SUCCESSFUL / UNSUCCESSFULの監査
GRA VARCHAR2(3)
GRANT WHENEVER SUCCESSFUL / UNSUCCESSFULの監査
IND VARCHAR2(3)
INDEX WHENEVER SUCCESSFUL / UNSUCCESSFULの監査
INS VARCHAR2(3)
INSERT WHENEVER SUCCESSFUL / UNSUCCESSFULの監査
LOC VARCHAR2(3)
LOCK WHENEVER SUCCESSFUL / UNSUCCESSFULの監査
REN VARCHAR2(3)
RENAME WHENEVER SUCCESSFUL / UNSUCCESSFULの監査
SEL VARCHAR2(3)
SELECT WHENEVER SUCCESSFUL / UNSUCCESSFULの監査
UPD VARCHAR2(3)
UPDATE WHENEVER SUCCESSFUL / UNSUCCESSFULの監査
REF CHAR(3)
この列は廃止されたが、旧バージョンとの互換性を保つために残されている。この列の値は常に-/-
EXE VARCHAR2(3)
EXECUTE WHENEVER SUCCESSFUL / UNSUCCESSFULの監査
CRE VARCHAR2(3)
CREATE WHENEVER SUCCESSFUL / UNSUCCESSFULの監査
REA VARCHAR2(3)
READ WHENEVER SUCCESSFUL / UNSUCCESSFULの監査
WRI VARCHAR2(3)
WRITE WHENEVER SUCCESSFUL / UNSUCCESSFULの監査
FBK VARCHAR2(3)
FLASHBACK WHENEVER SUCCESSFUL / UNSUCCESSFULの監査


関連項目:

  • 「USER_OBJ_AUDIT_OPTS」

  • 統合監査用のSQL AUDIT文の詳細は、『Oracle Database SQL言語リファレンス』を参照してください。

  • 従来の監査用のSQL AUDIT文の詳細は、『Oracle Database SQL言語リファレンス』を参照してください。

  • 監査したアクティビティに関する情報を検索する方法の詳細は、『Oracle Databaseセキュリティ・ガイド』を参照してください。