ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

DBA_HIST_FILEMETRIC_HISTORY

DBA_HIST_FILEMETRIC_HISTORYは、ワークロード・リポジトリ内に収集されたファイルのメトリックの履歴を示します。

データ型 NULL 説明
SNAP_ID NUMBER NOT NULL 一意のスナップショットID
DBID NUMBER NOT NULL スナップショットのデータベースID
INSTANCE_NUMBER NUMBER NOT NULL スナップショットのインスタンス番号
FILEID NUMBER NOT NULL ファイル番号
CREATIONTIME NUMBER NOT NULL ファイル作成時間
BEGIN_TIME DATE NOT NULL その間隔の開始時間
END_TIME DATE NOT NULL その間隔の終了時間
INTSIZE NUMBER NOT NULL 間隔の長さ(100分の1秒単位)
GROUP_ID NUMBER NOT NULL ファイルが属するグループのID
AVGREADTIME NUMBER NOT NULL ファイルの平均読取り時間
AVGWRITETIME NUMBER NOT NULL ファイルの平均書込み時間
PHYSICALREAD NUMBER NOT NULL 物理読取り数
PHYSICALWRITE NUMBER NOT NULL 物理書込み数
PHYBLKREAD NUMBER NOT NULL 物理ブロック読取り数
PHYBLKWRITE NUMBER NOT NULL 物理ブロック書込み数
CON_DBID NUMBER
サンプリングされたセッションのPDBのデータベースID
CON_ID NUMBER
CON_DBIDで識別されるコンテナのID。可能な値は次のとおり。
  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID