ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

DBA_HIST_PGASTAT

DBA_HIST_PGASTATは、自動PGAメモリー・マネージャが使用可能になっている場合のPGAメモリー使用量に関する履歴統計情報および自動PGAメモリー・マネージャに関する統計情報を示します。このビューには、V$PGASTATのスナップショットが含まれています。

データ型 NULL 説明
SNAP_ID NUMBER NOT NULL 一意のスナップショットID
DBID NUMBER NOT NULL スナップショットのデータベースID
INSTANCE_NUMBER NUMBER NOT NULL 一意のスナップショットID
NAME VARCHAR2(64) NOT NULL 統計名:
  • aggregate PGA auto target

  • aggregate PGA target parameter

  • bytes processed

  • cache hit percentage

  • extra bytes read/written

  • global memory bound

  • max processes count

  • maximum PGA allocated

  • maximum PGA used for auto workareas

  • maximum PGA used for manual workareas

  • over allocation count

  • PGA memory freed back to OS

  • process count

  • recompute count (total)

  • total freeable PGA memory

  • total PGA allocated

  • total PGA inuse

  • total PGA used for auto workareas

  • total PGA used for manual workareas

関連項目: 統計情報の詳細については、V$PGASTATを参照。

VALUE NUMBER
統計値
CON_DBID NUMBER
サンプリングされたセッションのPDBのデータベースID
CON_ID NUMBER
CON_DBIDで識別されるコンテナのID。可能な値は次のとおり。
  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID



関連項目:

「V$PGASTAT」