ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

DBA_HIST_SEG_STAT_OBJ

DBA_HIST_SEG_STAT_OBJは、ワークロード・リポジトリで取得されたセグメントのすべての名前を示します。このビューは、DBA_HIST_SEG_STATビューとともに使用されます。

データ型 NULL 説明
DBID NUMBER NOT NULL データベースID
TS# NUMBER NOT NULL 表領域番号
OBJ# NUMBER NOT NULL ディクショナリ・オブジェクト番号
DATAOBJ# NUMBER NOT NULL データ・オブジェクト番号
OWNER VARCHAR2(128) NOT NULL オブジェクトの所有者
OBJECT_NAME VARCHAR2(128) NOT NULL オブジェクト名。
SUBOBJECT_NAME VARCHAR2(128) サブオブジェクト(パーティションなど)の名前
OBJECT_TYPE VARCHAR2(18) オブジェクトの型(表、表領域など)
TABLESPACE_NAME VARCHAR2(30)
オブジェクトの表領域名
PARTITION_TYPE VARCHAR2(8) パーティションのタイプ(関連する場合)
CON_DBID NUMBER
サンプリングされたセッションのPDBのデータベースID
CON_ID NUMBER
CON_DBIDで識別されるコンテナのID。可能な値は次のとおり。
  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID



関連項目:

「DBA_HIST_SEG_STAT」